ピクシブ百科事典

エンジェル・ロイミュード

えんじぇるろいみゅーど

エンジェル・ロイミュードとは「ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー」に登場するロイミュードの一体である。
目次[非表示]

「私が・・・その名の通り、ロイミュード全てを救う、天使になってみせる。」
演・CV:山崎真実

概要

Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』に登場するロイミュード
スパイダー型ロイミュード099の進化態であり、人間態が確認できるスパイダー型の中では唯一の女性型ロイミュードであり、初の幹部クラスではない超進化態ロイミュードである。登場時には既に超進化態となっており、上級ロイミュードとしては登場しない。
その名の通り天使を思わせる姿をしており、同じ女性ロイミュードのメディック・ロイミュードと類似した面もある。
戦闘では銀色の羽根を投擲武器として使用する他、念動力やエネルギーを集中させた強力なエネルギー矢の生成なども可能。他にも頭部から光輪を発生させてエネルギー弾として利用することやロイミュードのコアを破壊せずにボディから抜き出すこともできる。
人間態は「エンジェル」を名乗る妖艶な女性で、精神科医であった「羽佐間翔子」をコピーしている。翔子自身は既に死亡しているが、099であった彼女が殺めたのか別の要因で死亡したのかは劇中では明かされていない。

活躍(Vシネマのネタバレ注意)













作中ではバット型ロイミュード051と戦う仮面ライダーチェイサーことチェイスに助太刀する形で登場。自身を「迷えるロイミュードたちの味方」と称しその場を去った。
その後、ハートに対し、彼の考えを否定しつつ彼女に賛同した6体のロイミュード(073、075015、097066、107)を率いて彼に対してロイミュードのリーダーの座を譲るように迫った。
その後、チェイスに対し自身が発明した人間と同じ心を持てるようになる羽根「フェザーサーキット」を与え、さらに彼にライノスーパーバイラルコアを与えた後、ハートとベルトさんの前に現れ「究極の平和」を目指すという自身の目的を語ると共に「ロイミュードの新時代」を宣言するが、ハートやベルトさんからはその考えを否定される。その後、自身に賛同したロイミュードのコアを抜き取り既に超進化しているハートとブレン超魔進チェイサーをも凌駕する戦闘力を見せるがブレンの機転でその場から逃げられる。しかし、隙をついてハートのコアを抜き取ることに成功した。
そして、戦う決意を決めたチェイスに徐々に追い詰められるがフェザーサーキットがチェイスのコアと融合を始めたことで「平和に逆らう行為=戦い」ができなくなってしまう。だが、チェイスが無理やりフェザーサーキットを引き剥がし仮面ライダーチェイサーに変身。
予想外の行動に激昂したエンジェルはチェイサーと戦うが、心を乱していたことでチェイサーに圧倒され、ロイミュードのコアを捕らえていた胸の中枢部にアクロスブレイカーを喰らったことでコアを解放されてしまう。さらにライノスーパーバイラルコアをブレイクガンナーで撃ち出された後、続けざまにチェイサーエンドでとどめを刺され爆散した。

関連タグ

ドライブサーガ ロイミュード ロイミュード(スパイダー型) チェイス

余談

スーツはメディック・ロイミュードのものを改造。
そのため、本編ではメディックはロイミュードにはなっていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「エンジェル・ロイミュード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3075

コメント