ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1954年1月14日生まれ、東京都出身。本名は大柴 亨(おおしばとおる)。

長年浅井企画所属であったが、2008年にマネージャーと個人事務所Carinoを立ち上げ移籍した。

現在は神奈川県川崎市在住。


シベリア抑留から引き揚げてきた父が、日本で母と知り合い結婚して生まれた。母はいわゆるシングルマザーで、ルーの上に姉が二人いる。

父は旧満州ハルビン出身であり、ロシア語・中国語・英語を話すマルチリンガルであった。また、幼少期のルーにハグやキスをして可愛がるなど、当時としてはかなり国際的・開放的な人柄であったという。

なお、両親はのちに離婚している。


高校卒業後は家を出て独立し、ヨーロッパ各地を自作のアクセサリーを売りながら放浪する生活を送った。この時の経験で、英会話を特技とするようになった。

帰国後、一度は実家が営む印刷工場に就職したが、間も無く退社し俳優を志すようになる。

三橋達也の付き人を経て、1977年にテレビドラマの端役でデビュー。その後勝新太郎主宰の「勝アカデミー」の一期生として演技を学ぶ。勝アカデミーの同期に小堺一機がいる。

アカデミー卒業後も俳優としては鳴かず飛ばずの時期が続き、イベントなどの司会業やモデルとして細々と活動を続けた。このころ、舞台に出演した際に関根勤と知り合い、小堺を含めた3人で交流を深めていくことになる。


1980年代後半、「コサキン」のコンビによるラジオ『スーパーギャング・コサキン無理矢理100%』にて、モデルとしての紹介パンフレットに掲載されていた「カジュアルスタイルにウエストポーチを組み合わせた写真」が妙に二人のツボに入り、視聴者にも人気を博したことで、同ラジオにレギュラー出演するようになる。その後、関根が座長を務める「カンコンキンシアター」の旗揚げに参加し、徐々に人気を獲得していった。

アデランスのCMに出演した際の「トゥギャザーしようぜ!」というフレーズで一大ブレイクを果たす。


ブレイク以降、しばらく舞台を中心としていたためテレビでの仕事は少なくなったが、タレント・俳優として地道に活動を続けていた。

2007年ごろからブログの独特な文章が話題となり、再ブレイクした。


私生活では、1981年に結婚。2児の父である。


茶道の嗜みもあり、2006年頃に遠州流本家の門を叩いた。結果、十三代目家元・小堀宗実より2010年4月に準師範となることが許され、宗徹の宗号(茶人名)を賜る。その後も精進した甲斐もあり、2013年4月には本家より師範となることが許され、貫庵・大柴宗徹の庵号が与えられた。


ルー語

会話のあらゆる流れで脈絡なく日本語の単語を簡単な英単語に置き換えた独特の語り口が特徴で、「ルー語」と呼ばれている。

たとえば「鯉の滝登り」は「カープの滝登り」になり、「水臭いじゃないか」は「ウォーター臭いじゃないか」となる。

実際の英語の文法などはあまり関係がなく、また同じ意味の単語があったとしても完全に置き換えるというわけではない。たとえば「鳥肌」は英語だと「goosebumps」(「ガチョウみたいなぶつぶつ」)となるが、ルー語では「チキン・スキン」(「ニワトリの肌」)ともとの日本語の文字に則って変換されている。すべての言葉を変換せず「孤軍奮闘」を「アローン軍奮ファイト」と表現するようなこともある。


「ルー語」が生まれた経緯としては、幼少期にルーの父が「このストロベリーをイートしなさい」というように、まさにルー語のように英語を織り交ぜた話し方をしていたことや、小中学生当時放送されていた海外ドラマ・映画における日本との動作の違い、英語の授業で学んだ日本語と英語の感覚の違いが面白いと感じていたこと、高校生のころ帰国子女の女の子と付き合っており、彼女が「ミーはね…」と英語混じりに話していたことなどが影響しているという。また、若い頃にヨーロッパ各地を回り、現地の人や他の旅人たちと(カタコトの)英語で話していたことも大いに関係している。


芸能界デビュー後は「キャラ付け」としてなんとなく使っていたが、50代になってからマネージャーに「よりルー語を積極的に押し出していこう」と勧められ、それまで以上に意識して沢山の言葉をルー語に置き換えるようになっていった。また、同時に仕事を増やすためブログもやるようにと言われ、このブログがネット上で話題となったことが再ブレイクにもつながっているという。

ルー語でない普通の英会話も可能であり、海外ロケなどでも現地の住民と通訳なしにやり取りしている。


ルー語の項目も参照のこと。



人物

芸名の由来は、ルーが幼少期に家の中で暴れ回っている様子を見て、父が「ルー台風だ」と言っていたのが印象的であったことから。


福山雅治のことは無名の頃から面倒を見ており、福山はルーのことをブラザーだとシンク(think)しているらしい。

石田純一とは生年月日と血液型が全く同じでよくネタにしており、当人同士も仲が良い。


彫りの深い顔立ちが特徴。若い頃はイタリア人やアラブ人に似た、いわゆる地中海系の顔で、冗談半分に「アル・パチーノに似ている」と自称したこともある。一方、過去にブログに掲載された写真は二宮和也に似ていると評判であった。


水辺の生き物が大好き。とくに「ローチ」(ドジョウの仲間)の飼育を趣味としており、よく川に出かけて採集したり、専門店に赴いたりしている。きっかけは、仕事のない時期に子供の自然体験教室について行った際に「ドジョウってかわいいな」と実感したこととしている。


関連タグ

ルー語

関連記事

親記事

ピン芸人 ぴんげいにん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 431459

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました