ピクシブ百科事典

イフリート(ダンボール戦機)

いふりーと

イフリートとは、『ダンボール戦機』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつであり、同作におけるラスボス。
目次[非表示]

「こいつはモンスター………俺の中で沸き立つ、怒り、哀しみ、そして憎しみ。つまり、俺そのものだ」

概要

檜山蓮(レックス)がシーカーの設備を利用してフルスクラッチで生み出したLBXであり、アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム

LBXの常識を覆す性能と通常のブロウラーフレームよりも一回り大きい体躯を誇り、名前通りに紅蓮の炎を使いこなす。武器は装備しておらず、赤熱化した拳による肉弾戦を行うほか、特殊モードとして「インフェルノモード」を搭載。
ちなみに、アニメでのインフェルノモード発動時のCCMの音声は妙に気合の入ったものとなっている

希望と絶望の狭間で


理由は明かされていないが、レックスの中で静かに燃え盛っている様々な感情を理解した結果、CPUに自我が芽生えてしまい暴走。その様相はレックス本人をして「本物のモンスターと言わしめる程だった。

なお、上記の台詞はイフリートがレックスにとってどういう存在なのかを分かりやすく言い表しており、中の人の熱演もあって非常にかっこいい台詞なのだが、大の大人が手の平サイズのおもちゃに自分を投影してモンスターと呼ぶという絵面がシュールである為か、ネタにされる事も少なくない。

必殺ファンクションは、炎を纏い相手に激突する「ヴァルゾダース」と、全身から灼熱の熱線を放つ「プロミネンスレイド」
W以前のゲームでは、これらの必殺ファンクションを自機のイフリートが使用する事は不可能だった
また、当時発売されていたTCG版では、文字通り憎しみを力へと変える「ファイタースピリット」や、レックスがバンに伝授した「超プラズマバースト」も、イフリートが使用する必殺ファンクションとして登場していた。

漫画版では、最後までしぶとく生き残った海道義光を、その野望諸共意外な形で地獄へと叩き堕としている。 

派生機体

イフリート改

憎しみの炎は何度でも燃え上がる


ゲーム『BOOST』『爆BOOST』の裏ボスバトルにて、レックスが使用する漆黒のイフリート。
色や性能だけでなく、角や尻尾の形状等、細かい部分が変化している。
ゲーム版『ウォーズ』の裏ランキングバトルでは、カスタム機が海道ジンの僚機として登場している。
ストーリー上は関わらない機体である為、通常のイフリートとの関係は不明。

イフリート・アポロ

こちらもゲーム版にのみ登場した、マスターキング専用の黄金のイフリート改。
カラーモチーフは、マスターキングの愛機であるアポロカイザーである。
ゲーム版『ウォーズ』の裏ランキングバトルでは、大空ヒロの僚機として登場している。
こちらもやはり、通常のイフリートとの関係は不明。

余談

プラモデル版は価格を抑える都合上、本来のサイズ感を十分に再現できていなかったが、後に発売されたハイパーファンクション版にて本来のサイズ感が再現された。

また、アニメ版『W』では、ミゼルトラウザー内のヴァーチャルLBXの中にイフリートが居たり、ホビージャパンの外伝である『LBX烈伝』では、エンペラーM5の模擬戦の相手の中にイフリートが存在したりしていたが、いつ何処でイフリートの設計図が流出したのかは不明

関連タグ

ダンボール戦機 LBX 檜山蓮 モンスター

関連記事

親記事

ブロウラーフレーム ぶろうらーふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イフリート(ダンボール戦機)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4016

コメント