ピクシブ百科事典

アルフェルド・ガーダイン

あるふぇるどがーだいん

アルフェルド・ガーダインは、メディアミックス作品『ダンボール戦機W』登場人物。
目次[非表示]

概要

A国の副大統領であり、テロに対抗するための軍備拡張を大統領のクラウディア・レネトンにたびたび進言するタカ派である。

政治界に入る以前は軍人であった事から、軍関係の人脈が広い。

オメガダインによる事件の黒幕であり、アラン・ウォーゼン、Dr.マミー、ビショップと共に裏で暗躍していた(後にアランが失態を犯しビショップに始末される)。

「世界征服」を目的として掲げ、その為に人工衛星「パラダイス」やブレインジャックの完成形「マリオネットシステム」を用意していた。自身の人脈を利用し、A国の一部の国防基地の司令官並びに部下も彼の手先になっており、その組織力は前作のイノベーターにも匹敵する。

過去

なぜ彼がここまで武力に固執するのかは、彼の過去に起因している。

彼の父親も政治家で非常に正義感が強く、当時の大統領の汚職を告発しようとするも、逆にその大統領によって汚職の濡れ衣を着せられ必死に汚名を漱ごうとしたが、大統領たちの市民誘導によりそれも叶わず、失意のままに没する。

この事から、力無き者には意見を通すことも出来ないと考え、武力に固着するようになった。



関連イラスト

ガーダイン



関連タグ

ダンボール戦機 オメガダイン ゼウス パラダイス 副大統領 クラウディア・レネトン

pixivに投稿された作品 pixivで「アルフェルド・ガーダイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント