ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アキレスD9

きぼうのつるぎ

アキレスD9とは、『ダンボール戦機W』及び『LBX烈伝』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次 [非表示]

「これが僕達の……人間の力です!!」


「負けはしない!!」


概要

人間の力の象徴とも言えるLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

本編での登場に先駆けて、劇場版『イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W』にて、オーディーンMk-2と共に先行登場を果たしている。


拡大するミゼルの脅威に対抗する為に、山野淳一郎博士を筆頭とする開発チームが、世界中のLBXメーカー・プレイヤーのデータを基に開発したLBX

エネルギー源には、オーレギオンと同じく永久機関の「エターナルサイクラー」が採用されており、無尽蔵のエネルギー供給によって、想像を絶するパワーと機動力を確立している。

また、機体性能を上昇させる特殊モードとして「WV(ダブルブイ)モード」を搭載。

アキレス(AX-00)の「アドバンスドV(ブイ)モード」を移植したものだと思われ、実際、ゲーム版での性能も全く同じとなっている。


デザインは先代アキレスをベースとしているが、青主体のカラーリングやマントが腰部に付いている点等、ペルセウスの要素も多く取り入れられており、後述の基本装備も踏まえた上で考えると、本質的にはペルセウスの後継機だと言える。


基本装備は、十字架のようなロングソード「オートクレール」と、ハンドガード付きのレイピア「デュランダル」の二刀流。

剣の名前はどちらもシャルルマーニュ伝説に由来しているのだが、原典におけるデュランダルの元々の持ち主は、トロイア戦争において、アキレスのモチーフである英雄「アキレウス」と敵対していたヘクトールだったりする。

オートクレールの強化版はランキングバトル第1位のピノン、デュランダルの強化版はLBXダンジョンのスペシャル2をクリアする事で手に入る。


必殺ファンクションは、背中の装置から8本の剣型のビット(子機)を射出し、相手を狙い撃つ「ソードビット」(アニメ版でのバンクは素手と二刀流の二種類ある)と、双剣に巨大なエネルギーを溜め、特大の斬撃を放つ「ビッグバンスラッシュ」

さらに、オーディーンMk-2との合体技として、巨大な火の鳥の如く相手に激突する「ダブルレイウィング」も使用するほか、劇場版では、連続で斬撃を放つ「大真空斬」も使用していた。


作中での活躍

ミゼルによって奪われたオーレギオンに対抗する為に、山野博士達の手によって開発された。

当初は山野バンの機体として開発されていたが、バン本人の判断によって大空ヒロに譲渡され、その後はヒロの機体として活躍する。

そして、後に改めてバンの専用機として開発されたオーディーンMk-2と共に、人類最後の希望としてミゼルオーレギオンに立ち向かった。

ゲーム版ではミゼルオーレギオン戦でバンたちが途中離脱する為、本機が単騎出撃することになる。

ミゼルオーレギオンを単騎で撃破してしまえたのは、機体性能が優れていたというよりも、ヒロに眠る不可思議な力と合わさる事で更なるポテンシャルを引き出せた事にある。


漫画版では、A国の軍事衛星「パラダイス」での最終決戦にて、ミゼルオーレギオンに破壊されたイカロス・ゼロイカロス・フォースの後継機として、オーディーンMk-2と共に登場した。

しかし、渾身のダブルレイウィングはミゼルオーレギオンに通用せず、そのままバンヒロを逃した事で、大した活躍も無いまま早々に御役御免となってしまった。


アニメ版『ウォーズ』の後日談にあたるホビージャパン企画『LBX烈伝』においても、引き続きヒロの愛機として登場したが、暴走したエンペラーM5の攻撃から瀬名アラタを庇って破壊されてしまう。

如何に旧世代の機体とはいえ、世界を救ったLBXとしてはあっけない最期を迎えたものである。

しかし、ソードビットを始めとする残存パーツは、ドットブラスライザーのコアスケルトンやドットフェニックスと共にアラタアキレス・ディードに組み込まれ、アラタの最終決戦用LBX「アキレス・ディードカスタム」として生まれ変わる事になる。


ゲーム版『イナズマイレブンGO2クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ』では大空ヒロの専用シュート技である「ビッグバンスラッシュ」の演出に登場する。


派生機体

アキレスD9M(ミリタス)

ゲーム版『ウォーズ』にのみ登場する、セカンドワールド対応型のアキレスD9。

全体的に白中心の無機質なカラーリングとなっており、腰部のマントには迷彩模様があしらわれている。

ラボのLBX基礎ランクを19まで上げた上で、さらにラボの合計ランクを190まで上げると開発可能となり、元機体同様オーディーンMk-2とのタッグでダブルレイウィングを使用する事が出来る。


装甲娘』において

適合者の本名は「アマノ ユリカ」(CV:小松未可子)。旧版、ミゼレムクライシス版共に登場している。

ミゼレムクライシス版では、メインシナリオシーズン2から登場する。

神威大門装甲学園のトップチーム「神威α」の一員で、所属仮想国はロンドニア

詳細は『アキレスD9/アマノ_ユリカ』を参照。


プラモデル版

2012年12月1日発売。『次世代ワールドホビーフェア'13 Summer』ではクリアパーツで構成された「リミテッドクリアver.」が限定販売された。

全体的な塗装量も劇中にかなり近く、オートクレールとデュランダルの刃はシール、腰のマントは説明書から切り離す事で対応している。ソードビットは背中のバックパックを展開し、専用パーツとソードビットの子機を取り付ける仕組み。

完成度はかなり高い部類に入るのだが、オートクレールの内側やデュランダルのハンドガード部分など塗装量が物足りない部分もあるので、各自で塗装する事をお勧めする(※パッケージ画像に使われているのは塗装済みのものである)。


余談

名前の「D9」の由来については不明。「D」は可能性があるとすれば「強化ダンボール」のD、或いは世界中のデータが集まって作られた事から「データ(data)」のDか、「ドリーム(dream)」のD、若しくはタイトルの「W(ダブル、double)」のDだろうか。

「9」については一桁の数字の中で究極を極めた数字である事や、LBXメーカー8社(タイニーオービットサイバーランスプロメテウスアーマー&クラウン竜源クリスターイングラム神谷重工オメガダイン)+世界中のLBXプレイヤーで9と言う数字から取られたと言う説が有る。


必殺ファンクションである「ビッグバンスラッシュ」の由来はセンシマンの必殺技である「ビッグバンパンチ」とペルセウスの必殺ファンクション「コスモスラッシュ」を合わせたものではないかという説がある。


関連タグ

ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム 山野バン 大空ヒロ アキレス

僚機:オーディーンMk-2 / ミネルバ改

歴代ヒロ機:ペルセウス / イカロス・フォース / アキレスD9 / ???(リンク先ネタバレ注意!!)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31136

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました