ピクシブ百科事典

リュドシエル

りゅどしえる

リュドシエルとは七つの大罪に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:石田彰

概要

女神族〈四大天使〉の1人であり、四大天使長を務めている。光の聖痕(スティグマ)の指導者。
同じ四大天使であるマエルの実兄。
敵を撃つためには手段を選ばない冷酷非情な性格。

闘級20万1000

人物

魔神族を心の底から嫌っており、3000年前の聖戦では魔神族の根絶を目論んでいた。魔神族には容赦がなく、非戦闘員の魔神族を大量に捕獲し、そのまま巨大な聖櫃(アーク)で根絶やしにした。また、魔神族に対しても敵意を向けないエリザベスや他種族のことを心の中では見下している。
3000年前の聖戦以降はドルイドの祭壇に宿っており、「ギルビビアンから取り戻せるのならば私はどんなことにも耐えてみせるわ」と願ったマーガレットの体を借りて復活。再び光の聖痕(スティグマ)を組織し、メリオダスゼルドリスらの討伐に出る。
闘級も現在明らかになっている中では最高の数値。
だが、噛ませ犬もいい所。
と思われていたが、マエル生存を感知して精神的に動揺していたところをマーガレットの肉体からヘンドリクセンの術で分離した際は本来の姿に戻りヘンドリクセンを見逃してマーリンに加勢。圧倒的な強さで原初の魔神を相手にその猛威を振るった。

力を使い果たして消滅した。

恩寵 「閃光」

最高神に与えられた恩寵。目にも止まらぬ速さで攻撃や移動を行うことが可能で、超高速の剣戟を得意とする。
ゼルドリスですらリュドシエルの攻撃に反応できないこともあった。

技・恩寵

「祝福の息吹(ブレス・オブ・ブレス)」
上位女神族の洗脳術。かけた対象の力をみなぎらせ、高揚感を極限まで引き出し、痛みと恐怖心を失わせ死ぬまで戦わせる。魔神族には「ペテンの光(チートホープ)」と呼ばれている。

「健やかなれ」
女神族特有の回復魔法。毒、麻痺、アルコールなどの酔いといった状態異常も癒やすことができる。

「聖域(サンクチュアリ)」
周辺にいかなる攻撃や状況から守ってくれるひし形のような形をした結界をはる。その強度は、闇の力に限るかもしれないが「完全なる立方体(パーフェクトキューブ)」を上回る。

「黄金の輝き(ゴールド・シャイニング)」
超高速の斬撃を繰り出す閃光の剣技。相手に攻撃が届くまで1秒とかからない。

「輝閃(ルビー・シャイン)」
自ら体を輝かせ辺り一面に協力な光を放ち、相手の視覚を奪う。

「乱閃光(ライトニング・スプリー)」
大量の女神族の紋様で相手を囲み、一斉に光線を放ち攻撃する。

「狂える電光(スパーキング・ドライブ)」
 女神族の紋様の形をした強大な盾を出現さる。
また、盾の中心から光線を撃つこともできる。

関連タグ

七つの大罪  女神族 四大天使 マエル

関連記事

親記事

四大天使(七つの大罪) よんだいてんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リュドシエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27646

コメント