ピクシブ百科事典

マエル

まえる

「マエル」とは七つの大罪に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

女神族であり、四大天使の一人。
同じ四大天使であるリュドシエルの弟。
その力は四大天使最強と言われており、正午を迎えると兄のリュドシエルすら歯が立たないほどだったらしい。
現在は三千年前に十戒エスタロッサに殺害されたことにより故人となっており、詳しくは不明。

恩寵 「太陽」

最高神に与えられた恩寵。
日の出とともに力が増し、正午を迎えると兄であるリュドシエルですら歯が立たないほどとされている。
彼の死から約三千年後、何故かエスカノールがこの力を持って生まれたが、理由は不明。

関連タグ

七つの大罪 エスタロッサ エスカノール

ネタバレ




















実は彼は死んでおらず、ゴウセル(本体)により、彼自身の記憶と彼の周りの者、神々の陣営たちすらも認識を変えられ、〈十戒〉エスタロッサとして生存していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「マエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595

コメント