ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:???植木慎英(少年時代)

概要

女神族であり、四大天使の一人。
同じ四大天使であるリュドシエルの実弟。
その力は四大天使最強、と言われており、正午を迎えると兄のリュドシエルすら歯が立たないほどだったらしい。
現在は三千年前に十戒エスタロッサに殺害されたことにより故人となっており、詳しくは不明。
エリザベスを賞賛し、好意を寄せていた。

恩寵 「太陽」

最高神に与えられた恩寵。
日の出とともに力が増し、正午を迎えると兄であるリュドシエルですら歯が立たないほどとされている。
彼の死から約三千年後、何故かエスカノールがこの力を持って生まれたが理由は不明。

四大天使マエルの技

女神族四大天使マエル本来の技・恩寵。

「健やかなれ」
女神族特有の癒やしの魔力。
病や怪我といった色々な症状を完治し、健康にする。
それを含めてこの術の力なのか、単にマエルが凄いのかは不明だが失った腕をも再生させた。

「救済の矢(きゅうさいのや)」
光の光線を放つ技。
魔神族には苦しみを一切与えず死に導く力があるが、魔神族以外の者が受ければ耐え難い苦痛を与える技。

「偉大なる太陽(グレイテスト・サン)」
巨大化する太陽を放つ技。

関連タグ

七つの大罪 エスタロッサ エスカノール 女神族 四大天使

ネタバレ




















実は彼は死んでおらず、ゴウセル(本体)が発動した禁術により、彼自身の記憶と彼の存在を知る全ての者達、更には神々すらも認識を変えられ、〈十戒エスタロッサとして生存していた。その為、実際には魔神エスタロッサなる人物など最初から存在しておらず、彼は魔神王の次男では無い(メリオダスとゼルドリスは最初から2人兄弟である)。
彼が兄だと思っていたメリオダスに抱いていた愛憎入り混じった感情も、リュドシエルに対して抱いていたものをメリオダスに置き換えられていたのである。
ゴウセルへの燃え盛る憎悪に身を任せて行動し、4つの戒禁を取り込み女神族とは思えない姿になり、戒禁にちなんだ武器を操り相対する者達を圧倒し、仲間のはずの女神族にまで見境なく破壊の限りを尽くす。

七つの大罪マエル描いてみた!


ゴウセルが侵入(インベンション)でマエルの精神世界に入っていき、マエルはこの時にゴウセル(人形)の容姿が自分がかつて殺した魔神族のグラリーザ(本体ゴウセル)に似ていること、魔術師ゴウセルの恋人であったことを知りゴウセルが何故自身を禁術の客体として選ばれた理由を知り、自らの愚かしさを自覚したのちに、四つの戒禁を手放し、生きる意志を取り戻し元へと戻った。
その後はオスローデリエリを転生の誘いで彼らを埋葬した。そして、彼らを殺してしまったことについて後悔していたが、エリザベスに諭されて、七つの大罪と共に聖戦を終わらせる目的で戦っていき、
エスカノールから太陽の恩寵(一度は固辞するもエスカノール曰く「貸してあげましょう」)を一時的に取り戻していきゼルドリスと原初の魔神を圧勝した。
聖戦後は天空に戻っていたが、自身を呼ぶエスカノールの呼び掛けに応じて彼の元に行き、エスカノールから恩寵の返還を要求されるが、既にエスカノールの身体が限界を迎えている事に気づいており、次に太陽の恩寵の力を使えば死ぬと言うも、それでも構わないと彼が仲間の為に命を賭けたいと言う思いを聞き
エスカノールに恩寵を受け渡した。

四つの戒禁を取り込んだマエルの技

この状態のマエルは戒禁を物として具現化する能力がある。後述の技は戒禁を具現化した技。

「慈愛の光玉」
光の玉を放つ技。
肉体への致命傷を伴うはずの苦痛を快楽に変換し、眠るように殺す。

「真実の鐘」
鐘を具現化する技。
不吉な音色は、幻術などを破る事ができる。

「沈黙の大鎌」
大鎌を具現化する技。
その大鎌で攻撃されると、沈黙の呪印を体に刻れ魔力を封じられる。

「純潔の香」
香炉を具現化する技。
香煙で、相手の身体に重力?の負荷をかけ幻を見せる。

関連記事

親記事

四大天使(七つの大罪) よんだいてんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マエル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マエル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました