ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:高木裕平


概要

年齢3千と数百歳
身長175cm (鎧装着時は700cm)
体重61㎏
血液型なし
誕生日6月2日
出身地不明

闘級:3100(魔力:1300/武力:500/気力:1300 )

  ⇒魔力解放後:35400



通称:色欲の罪(ゴート・シン)のゴウセル。

   〈十戒〉無欲のゴウセル


本編では52話で登場。

<七つの大罪>の一人で、中性的な容姿の青年。

印は羊で、右胸にある。一人称は「俺」。


手配書では鎧巨人として描かれており、他の団員達も一部を除いて彼自身の素顔を知らなかった。


本来の中身はセミロングでマゼンタ色の髪と黄色の瞳。瞳はクリっとしていてまつ毛が長く、唇が常にグロス状態で官能的。少女のように中性的な美貌を持つ。

眼鏡をかけた知的な雰囲気を持ち、少女のような鎖骨の見えるワンピースの下に黒い細みのパンツを穿いている。第二部からは、貴族に近い独特なデザインの服装を着ている(周囲からは引かれている)。


十年前の事件後、オーダン村で容姿を変えて「アーマンド」と名乗り、村長の息子であるペリオの従者として暮らしていた。本来の姿とアーマンド時の姿が違う事からも分かるように、髪の長さと色、肌の色を自在に変えられる変身能力を持つ(ただし身長は変えられない)。


演技が上手く、『アーマンド』では弱気な人物を装っていたが、本来は無表情で淡白かつ冷静沈着。マイペースで表情さえ崩さないが、空気が読めない発言は常にストレートである。

読書が趣味で、のめり込むと役になりきってしまう一面を持つ(性格も変わる)。


普段の喋り方は感情が感じられないように思えるほど淡々としており、ふきだしは四角く、他のキャラとは台詞のフォントも異なり、さながらナレーションのようである。オーダン村で正体を明かして間もないころは、本人なりの気遣いや優しさも見られたが、物語が進むごとに、口調だけでなく言動も淡々としはじめ、しばらくの間倫理感に欠けているかのような挙動もとるようになった(倫理観に関しては終盤で紆余曲折あって改善された)。


痩躯な体格に似合わず強靭な身体能力を誇るが、相手を哀れに思うと攻撃はしないなど不必要な戦いはしない性分。また、身体はある程度の丈夫さがあり、首をへし折られるようにされても無事だった。「どんなに弄ばれてもある程度耐えられる身体に造られている」など人間ではないというようなセリフも見られる。


巨大な鎧には魔力を抑制する能力があり、騎士時代に何故装備していたのかは不明。

手配書には鎧姿を描かれているので、ゴウセルの素顔は聖騎士でも一部の者しか知らない。

エリザベスの要請を受け、<七つの大罪>と合流した。

視力が悪く、眼鏡をいじくる癖がある。


作中ではダントツの美少年で、「ゴウセルたん」と同性の聖騎士達(魔法で記憶操作されていたとはいえ)から求愛されていた事もある。


スピンオフ作品『七つの大罪学園』では日頃からエロ本を読んでおり、生徒会から目を付けられている。部活は演劇部に所属しており、スレイダーとは主役を巡って対立している。

中性的な容姿からここでも「ゴウセルたん」と一部の男子から萌えられている。


神器

「双弓ハーリット」

リオネス王国から賜った神器の一つ。

両腕から光の弓矢を形成し「瘡蓋の記憶」(リライトライト)の斉射が可能になる。光の弓矢は片腕だけでも形成可能。質量があるようで、弓矢自体でも攻撃や防御が可能。原作68話でもスレイダーのノコギリ攻撃を受け止めている。

特性は、「範囲拡大」

ゴウセルの場合は腕に神器を埋め込んでいるので本来の形は不明である。


魔力

「侵入(インベイション)」

相手の精神に侵食し、 幻を見せたり、記憶を読んだり、偽の記憶や認識を植えつけたりといった精神に作用する力がある。 肉体等の支配権を奪うことも可能。一応相手の心身にダメージを与えずにいなすことも可能だが、一歩間違えれば使用者自身も罪悪感などで精神的ダメージを負ってしまう。

また、物理的な障害物をすり抜ける効果もある模様。

目次録の四騎士にて、ゴウセルが神器を用いて放った攻撃を撃ち落とそうと槍を投げたが、光の矢は槍をすり抜け対象に当たった。


  • 「詮索の光(サーチライト)」

小型の光を刺した相手の記憶や思考を読み取る。

その人物が見たものなら、忘れている記憶もある程度は引き出すことが可能。しかし、相手の精神状態によっては読み取りが困難になる。


  • 「瘡蓋の記憶(リライト・ライト)」

打ち込んだ者の記憶を一時的に改竄する。

相手が本来の記憶との強い違和感を感じてしまうと解除され、術中の記憶は失われる。

神器「双弓ハーリット」で斉射が可能になる。


  • 「悪夢語り(ナイトメア・テラー)」

相手の心の闇を暴き、悪夢に誘うと同時に相手の心を悪夢に閉じ込め行動不能にする精神操作技。


  • 「光矢伝達(ブロードキャスト)」

指から放たれた光の矢が相手の頭部を貫通することで、光に含まれる情報を一瞬で相手の脳内に伝達できる。大勢の相手の頭部を貫通させれば瞬時に情報を共有することも可能。伝達できる情報に制限がないとすれば、使い方によっては恐ろしい技かもしれない。


  • 「大停電(ブラックアウト)」

自分を中心に半径3マイル(約4.8km)にいる、気力400未満の全生物の思考を10分間停止させる。


  • 「大停電の矢(ブラックアウト・アロー)」

自動追尾モードで「大停電」を矢として放ち特定の人物だけを停止させる。

神器解放状態のエスカノールでさえ停止するほどの大技。


  • 「傀儡縛り(ジャック)」

刺さった相手の身体の支配権を奪う。

脳以外の部位に刺さればその部位の支配権のみを奪える。自律的に活動するものであればゴーレム等でも支配できるが、第三者が直接操っているものは支配できない。

また、成長なのか匙加減なのかは不明だが目次録の四騎士にて、胸に刺さっただけにもかかわらず全身を操って見せた。この時、脳は影響範囲外で言葉による意思疎通も可能であった。


  • 「傀儡乱れ撃ち(ガトリングジャック)」

「傀儡縛り」を連射する。的を絞ることはできず撃ち続ける。


  • 「傀儡返し(ハイジャック)」

相手が操っている物体に光の矢を打ち込むことで支配権を奪う。


  • 「消えゆく彼岸(ロストワールド)」

相手の記憶を任意のところまで最近のものから徐々に消していく。

第二部でディアンヌにこの技を使用し彼女の記憶を消してしまった。

かつてゴウセルが己の記憶と心を消した技でもある可能性が高い。


  • 「秘技☆声帯模写(ひぎ ボイスミミクリィ)」

その名の通り声を変える能力。

作中ではマーリンの声を模写。

エスカノールも完全に騙されイラついていた。


  • 「神経切断(ブレイカーオフ)」

相手の神経を10秒切断する事ができる。

メラスキュラに対し使った技で、神経を切断する事により相手を動けなくする事が可能。その他痛みなど神経に関係する全ての感覚も切断されると予想される。

10秒というのは全てに当てはまるのか、魔神族といった再生力に秀でたものには10秒しか持たないのか不明。


  • 「感覚の目覚め(センスオープナー)」

強制的に感覚を呼び覚まし相手を目覚めさせる。


  • 「幻影庭園(カレイドスコープ)」

双弓ハーリットの特性「範囲拡大」を使用して、広範囲に幻影を見せる事ができる。


  • 「魔力切断(キル・スイッチ)」

相手の魔力を強制的に解除、無効化させることができる。


  • 「心象鏡(プレイバック)」

ゴウセル自身の記憶を、光で空中に作った四角い画面に映し出しTVのように周囲の人々に見せる。音声も同時再生することが可能。

ゴウセル以外の第三者の記憶も同じように映し出せるのかは現時点では不明。


  • 「自滅大炎上(シット・ストーム)」

対象の精神を錯乱させ自滅に追いやる技…らしい。『黙示録の四騎士』にて使用。


正体

「変化であって変身ではない」


その正体はマーリンを越える魔術師で、魔神族の十戒の一員だった「無欲」のゴウセルが作った人形


戒禁の関係で囚われの身となったゴウセルが、外の世界を見るために生み出した存在であり、八百年の間、彼の媒介となっていた。この外見は亡き恋人を模していて、情欲しないために男の体になっている(同性愛という概念は作中には存在しないと思われる)。


戒禁「無欲」

魔神王より与えられた呪詛。

ありとあらゆる欲が範囲に入る。戒禁を破った者は記憶と感情を奪われてしまう。

正確には、作成者の戒禁。


現在、戒禁はゼルドリスが所持している。


劇中の動向

聖戦の終盤、生みの親であるゴウセルにより自我と心を込められた【魔法の心臓】を与えられ、リオネス王国の地下で眠りにつく事となった。


物語の数十年前、当時はまだ王子であったバルトラとデンゼルの実姉、ナージャにより発見される。眠りから覚めたゴウセルはナージャと意気投合し、徐々に絆を深めていく。

しかし、ある事が原因でゴウセルは『色欲の罪』を背負う事となり、記憶と感情を自らの手で消した。


16年前に【七つの大罪】に加入。

その時は、マーリンの屋敷で世話になっていた模様。

ザラトラス殺害事件後は、負傷していた所をペリオに拾われ、彼の従者となってオーダン村に身を寄せていた。それから第一部で、メリオダス達と再会して再び団に加わる事となった。


リオネスの最終決戦で、ドレファスと戦った際に彼の中に潜んでいた者の存在に気付く。その存在との邂逅と魔力の暴走を抑制するマーリンお手製の鎧を失っていた事も影響してか、人の心を欲するようになっていく。それが災いして、第二部の前半にギーラを含めた一部の人物の記憶を改竄したり、仲間であるディアンヌの記憶を消すなど身勝手な行動を起こすようになる。


バイゼル大喧嘩祭以降、十戒の味方である容疑をかけられて牢獄に入られてしまい、リオネス攻防戦には参加していなかった。メリオダス達の手で十戒が退けられた後、釈放される事となった。


そして過去に行ったディアンヌとキングから心があったことを知らされ、バルトラ王の持ってきた魔法の心臓を見せられ、動揺し逃走。自身の記憶を消去しようとするがすんでのところでディアンヌが阻止。魔法の心臓はただのお守りであったことが判明し、今も尚自らの中に残っていることを知って心を取り戻す。

その後は七つの大罪の一員として聖戦を最後まで戦い抜いた。


続編『黙示録の四騎士』では七つの大罪メンバーの中で最速登場(正確に言えば顔を伏せられたメリオダスの次)。戦いから逃げてきた魔神達を保護し、村を作っていた。幼児化したパーシバル達を助けたり、遠方からアーサーに向けて敵対する魔力を送り撤退させたりと陰ながらパーシバル達の旅を手助けしている。

この際周囲から自身が老人の姿に見える幻覚を掛けていたが、その姿で「キュピーン」をやったためすごい絵面になった



罪状

「<色欲>から王女を誘惑・姦淫したあげく、残虐な手口で殺害した」


数十年前、リオネス王国の当時の王女であったナージャは、病に侵されていた。最後の願いを叶えるために、ゴウセルと愛し合って息を引き取る。

ナージャを蘇生させようと、ゴウセルは彼女の体を切り開いて自らの【魔法の心臓】を移植しようとした事が真相である。その後当然ながら移植に失敗、魔法の心臓を投げ捨てたことで全ての感情を失った。



他の人物との関係

ペリオ

アーマンドの主。ゴウセルが瀕死の状態で村の外れで倒れていたところを介抱し、以降は恩義のために従者として尽くしていた。


スレイダー

リオネス王国騎士団の一つ、<暁闇の咆哮>の団長。

鎧巨人の討伐の際に本物のゴウセルによって阻まれ、彼の提案を受け入れる。


ギーラ

リオネス王国聖騎士。新世代の一人。

王都奇襲編でピンチに陥った際にゴウセルが救出した。


フラウドリン

魔神族で、現在の十戒の一人。

3000年前のゴウセルの事を知っており、彼の事を敬っている。


ナージャ

リオネス王国の王女でバルトラ、デンゼル兄弟の姉。

数十年前に、眠りから目覚めたゴウセルが王城の地下の洞窟で初めて会った人間であり、後に彼が『色欲の罪』を背負うきっかけとなった人物。


関連イラスト

祝!アニメ登場色欲の罪

首かしげゴウセル


関連タグ

七つの大罪(漫画) 男の娘

カップやきそば現象ティエリア・アーデ

十戒(七つの大罪)

関連記事

親記事

七つの大罪(団体名) ななつのたいざい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3830895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました