ピクシブ百科事典

マーリン(七つの大罪)

まーりん

鈴木央の漫画「七つの大罪」キャラクター。
目次[非表示]

CV:坂本真綾

概要

年齢3000歳以上 (肉体年齢は30歳)(本来の姿は10歳前後の幼女)
身長177cm
体重57㎏
血液型AB型
誕生日12月3日
出身地ベリアルイン


闘級:4710(魔力:3540/武力:70/気力:1100)
通称:暴食の罪(ボア・シン)のマーリン。

印は雄豚で、右首にある。
黒髪のセミロングで、妖艶たる雰囲気を持つ美女。
全身黒で、露出度の高い衣装を纏っており、<色欲の罪>であると言われても遜色ない容姿をしている。実際、ゴウセルが登場するまで彼女が<色欲の罪>であると思った人もいるのではないだろうか。
胸は七つの大罪女性陣(エリザベスディアンヌ)の中では小さめ。

16話で彼女らしき人物が描かれており、ゴウセルが幾つか噂を耳にしていたが83話でようやく登場した。

ブリタニア大陸一の魔術師で、リオネス王国の魔術師ビビアンの師。

若い女性の姿をしているが口調は古風で、メリオダスには「団長殿」と呼ぶ。
ただし、初登場の第5話時点では猫撫で声の女性口調だった。
王族には礼儀を示すものの、治療とはいえ研究の実験体として扱うなどやや危うい部分もある。

また、ゴウセルの鎧はマーリンのお手製であり団員達の印をつけたのも彼女の魔力によるもの。
リオネス聖騎士が扱う「呪言の玉」や「女神の琥珀」等もマーリンによって作成された。

神器

「明星アルダン」
数千のルーンが刻まれた鉄球状の神器。マーリンの周囲を衛星のように回る。
能力のひとつとして自分の精神を内部に転写することが可能で、肉体が活動不能になった時も問題なく周囲と意思疎通できる。他に幻影の映写など、用途は多岐にわたる。

魔力

「無限(インフィニティ)」
マーリンが一度発動させた魔法は、彼女の意志で解除されない限り永遠に持続する。
また、それは明確に判明している能力というだけで、無限の能力はいまだ未知数
作中の中でも、特にチートクラスの魔力である。

 ・「瞬間移動(テレポート)」
  自身や周囲の人間を任意の場所へ瞬間的に移動させる魔術。この派生版で「連続瞬間移動(れんぞくテレポート)」、「超連続瞬間移動(ちょうれんぞくテレポート)」がある。

 ・「絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)」
  魔力による効果を強制的に解除する魔法。

 ・「魔力解除(マジック・キャンセル)」
  魔力を解除する魔法。
絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル)の下位魔法。明確に絶対強制解除の違いは説明されていない。

 ・「魔力増強(パワーアンプリファイ)」
  他者の魔力や魔術による攻撃を強化する補助魔法。

 ・「完全なる立方体(パーフェクト・キューブ)」
  術者が認めた者以外の侵入を拒み、力の大小関係なく、いかなる攻撃も跳ね返す立方体の結界を張る魔界由来の秘術。
武力特化のガランでも破壊は容易ではない模様。

 ・「物体転移(アポート)」
  物体を転移させる魔法。

 ・「魔力防御壁(まりょくぼうぎょへき)」
  魔力で壁を張る魔法。

 ・「探知(ロケーション)」
  魔力によって一定範囲内に存在する物や人を探しだすことができる。

 ・「殲滅の光(エクスターミネイトレイ)」
  放った光の線上にあるものを殲滅する魔法。

 ・「終わりなき渦(エンドレスワール)」
  巨大な渦を作り、その中心に範囲内にいる者を集める。

 ・「氷柱の城(アイシクルキャッスル)」
  氷の柱を複数生成し、対象を凍らせるかもしくは氷柱で貫く。

 ・「水の衣(アクアドレス)」
水を体に巻きつけて水着のようにする魔法。 光の屈折で透けることはなく、炎にも強い。

 ・「波竜(ウェーブドラゴン)」
大量の水を竜の形に変化させて操る。竜の頭頂部に乗ることも可能。

 ・「ファイアストーム」
番外編で巨大イカを丸焼きにするために使用した炎魔法。

 ・「衝撃の尾針(ショックスティンガー)」
  魔法の針、相手を衝撃で気絶させる事ができる。

 ・「魔力封じ(マジック・シール)」
  その名の通り、魔力を封じることができる魔法。最上位魔神のチャンドラーに使った魔法であるが、全反撃により跳ね返されてしまった。

 ・「時の棺(クロノ・コフィン)」
  対象の時を止める魔法。
「時間停止」とも呼ばれている禁呪で、本来なら世の理を歪めるのに莫大な魔力が必要になり、それをさらに持続するのは不可能だが「無限」というチートがあるため永続する。彼女自身にもこの魔法がかかっており3000年以上不老不死を保っている。

 ・「呪いの婚約(カース・エンゲージ)」
  対象を支配することが出来る呪いのエンゲージリングを取り付ける魔法。
「レマーダ」との一言で魔力が発動し、全身に刺されるような激痛を受ける。特定の行動をとった場合も同様。
指輪の使用を重ねる毎に痣が広がりっていき、全身が覆われると命を落とす。
普通の魔術師ならば解呪可能だろうが、彼女自身が
解除しなければ、永遠に消えないため強力な呪いになっている。

 ・「二重衝波(ダブルインパクト)」
チャンドラーとキューザックに放った魔法。
第一波(ファーストウェーブ)で四大元素 及び、それらを組み合わせた複数の属性魔法を放ち、対象の最も低い耐久度の属性を割り出す。
チャンドラーは「雷」キューザックは「風」
そして第二波(セカンドウェーブ)は、それらの耐久度を著しく下げる弱体化魔法。更に、マーリンの魔力「無限(インフィニティ)」で一撃を喰らう毎に、耐久度が下がり続ける。

 ・「混同魔法(名称無し)」
上述の二重衝波と併用して使われた攻撃魔法。チャンドラーとキューザックの呪文の詠唱(しゃべり)と、攻撃動作(うごき)に自律的に反応攻撃する感知不可能の見えざる雷と風の魔力が無数に踊り漂っているとのこと。
それらは「無限(インフィニティ)」によりキューザックとチャンドラーが息絶えるまで生み出され続ける。
この魔法は、「二種の属性攻撃魔法」「透明化」「感知不可」「自動追尾」と「無限」を即席で掛け合わせたもので、マーリン自身もよく分かっていない。

 ・「偽玉(フェイクボール)」
幻覚魔法で、攻撃魔法と併用する映画オリジナル魔法。
劇中では、炎魔法を氷魔法に、氷魔法を炎魔法等に錯覚させていた。

罪状

不明。

劇中の動向

リオネスで王国で魔法の研究をしていたらしく、王国には彼女の屋敷が保管されている。
甲冑はアニメでは紺色と銀色で配色されている。

実は十年前、<七つの大罪>の王国転覆事件の際にメリオダスを襲った張本人であるとゴウセルから明かされている。これはメリオダスの暴走を防ぐため力を抜き取っていたらしい。

キャメロット王国のアーサーの側近としてフードで身を隠していた。理由は長い間明かされていないが、彼をブリタニアを先導する王として導いている。

リオネス国王救出後、国王の病の治癒のため、アーサーと共に一度キャメロットへ帰還する。国王の病を治した後、リオネスに戻り、魔神族復活に必要な「常闇の棺」が無くなったことや新たなる聖戦の兆しがあることから、〈七つの大罪〉としてメリオダス達に同行する。

一度ガランの"真実"の戒禁を受け石化し、神器アルダンに精神を移していたが、「ベリアルインの娘」と呼ばれる存在であり、十戒の持つ"戒禁"に対する耐性さえ備えている。グレイロードの戒禁により寿命を奪われそうになるが、彼女の魔力「無限」により彼女自身の時を止めていたので全く効果がなく、逆にグレイロードを瓶に閉じ込めて実験材料にする。

他の人物との関係

アーサー・ペンドラゴン
キャメロット王国の少年王。
彼曰く「なくてはならない友人、そして師」である。
作者曰く両思い(但し、師弟愛)。

ホーク
豚の意味で共通点がある。

ビビアン
弟子。かなり嫌われていた模様。彼女がギルサンダーをストーキングしていたため近づくと呪いが広まる呪文を掛ける。


関連イラスト

お師匠さまと弟子
マーリン


七つの大罪 第59話 「読めない男」 感想絵
師弟



関連タグ

七つの大罪(漫画)
メリオダス ディアンヌ バン
キング ゴウセル エスカノール 
アーサー・ペンドラゴン

・白猫プロジェクトにおける内容はこちら
ブリタニア一の魔術師マーリン

pixivに投稿された作品 pixivで「マーリン(七つの大罪)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114419

コメント