ピクシブ百科事典

エリザベス(女神族)

えりざべす

「エリザベス」とは、七つの大罪に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

最高神の娘で、地位は四大天使より高いとされている。
リュドシエルを除いた四大天使からは敬意を払われており、四大天使最強と言われていたマエルから賞賛されていた。
メリオダスとは恋仲であり、彼とともに魔神族を含む全種族の融和を求めた。
しかし三千年前、メリオダスとともに最高神と魔神王に戦いを挑むも、圧倒的な力により命を落とすが、「女神族でありながら魔神族と結ばれ、十戒をも救った罪」により、魔神王から「永劫の輪廻」をかけられる。

現在のエリザベスの一番最初の前世。

呪い 「永劫の輪廻」

エリザベスが魔神王にかけられた呪い。
女神族でありながら魔神族と結ばれた罪」「敵であるを救った罪」により、罰を受けることとなる。
エリザベスは人間として短い人生を何度も繰り返し、その都度前世の記憶はすべて忘れる。万が一前世の記憶をすべて思い出してしまったら、何があろうと、何かに守られようと必ず3日で死ぬ。
また、転生するたびに必ずメリオダスと出会い恋に落ち、必ずメリオダスの目の前で命を落とす。
リズは彼女の106人目、現在のエリザベスは107人目のエリザベスで、107人中106人のエリザベスは呪いのもと、メリオダスの目の前で命を落としている(一番最初の生まれ変わりは前世の記憶を思い出した三日後に、106人目であるリズはフラウドリンに殺害された)。
女神族としての力が目覚め始めると右瞳が、完全に記憶が戻ると、両瞳が女神族特有の瞳に変わる。

関連タグ

七つの大罪 メリオダス エリザベス

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント