ピクシブ百科事典

デリエリ(七つの大罪)

でりえり

鈴木央の漫画「七つの大罪」の登場人物。
目次[非表示]

CV:高垣彩陽

概要

年齢377歳(封印前)
身長162cm
体重62㎏
血液型O型
誕生日10月30日
出身地魔界


闘級:50500(魔力:0/武力:48000/気力:2500)
  ⇒52000(魔力:1500/武力:48000/気力:2500)

魔神王直属精鋭部隊<十戒>の一人。
聖戦に敗れた後、長らく封印されていたが、フラウドリンの暗躍によって復活した。

容姿はオレンジ色の髪で、ネコ目が特徴的な女性。
黒い紋様を体に纏わせた露出度の高い格好をしている。
「ケツから言って~」と詳細を除いて結論だけを言う話し方をする。
彼女の言いたい事は、相方のモンスピートが専ら通訳している。

魔力

「連撃星(コンボスター)」

超攻撃特化型の魔力。
デリエリの繰り出す連続攻撃(コンビネーション)が途切れずに命中する限り、一撃毎に20万ポンドの重さ(ボーナス)が上乗せされていく。

なお、この攻撃を50発以上耐える事ができたのは、メリオダスと四大天使であるタルミエルのみ。

戒禁「純潔」

魔神王に与えられた能力。 現段階で効果は不明。

劇中の動向

三千年前の聖戦真っ只中、四大天使リュドシエルの策略で、数万以上の魔神族の同胞達が誘拐された。その中にはデリエリの実姉も含まれており、他の十戒達と多数の配下と共に救出しに行った。

救出作戦の最中に、女神族の少女エリザベスと遭遇。
エリザベスの必死の交渉の末、『同胞を救い出す』と約束され、一先ず協力し合う流れとなりつつあった。

しかし、その直後のリュドシエルの企みにより事態は一変。
エリザベスの行動を無下にする形で、リュドシエルは見せしめのようにデリエリ達の目の前で、捕えられていた同胞達を一瞬で殺してしまった(エリザベスは本心から魔神族の捕虜達を救うつもりだったが、リュドシエルの策略に巻き込まれ、虐殺の片棒を担がされる事になった)。

四大天使との戦いの最中、左腕と心臓を6つ消失。この戦い以降は左腕を闇で隠すようになり、「ケツから言って~」という現在の話し方にした模様。

以上の背景から、他の十戒以上に、デリエリは女神族への強い憤りと憎しみを抱いている。


三千年後、フラウドリンの手で他の十戒と共に復活する。
復活後はモンスピートと行動。魔力回復も兼ねて黒の歓楽街ベルフォードをはじめ大小九つの町と村の人間達の魂を喰らっていた。

それから、バイゼル大喧嘩祭で苦戦していたドロールとグロキシニアの援護のために他の九名と共に姿を現し、メリオダスに圧勝。メリオダスを討伐してから一カ月の間、ブリタニアを侵攻していく。

リオネス城攻防戦で、デンゼルに憑依した女神族のネロバスタと遭遇する。かつて、姉や同胞を無残に殺された事への憎しみからネロバスタを圧倒し、容赦なく殺した。

その後、現在軸のエリザベス達と邂逅して攻撃を仕掛けようとした際に、復活したメリオダスと遭遇。戦闘の際に、パワーアップした彼の「全反撃」を受けてしまい、モンスピート共に「全反撃」で生死不明になった。

エリザベスとの因縁


「お前がなんでここにいる?」

七つの大罪 188



三千年前の四大天使との戦いの際に、デリエリはモンスピートと共に覚悟を決めて禁忌の術を用いて、インデュラと化した。
魔物へと変貌していくデリエリは、必死に交渉をしようとした女神族のエリザベスの手により元の姿へ戻った経緯がある。

現在軸のエリザベスと邂逅した際に、デリエリが彼女に上記の台詞を発したのは、女神族の少女と瓜二つであったため。なお、デリエリのこの発言が後にエリザベス自身の秘められた過去を解き明かすきっかけの一つとなる。

関連イラスト

デリエリ
〈十戒〉純潔のデリエリ



関連タグ

七つの大罪(漫画) 十戒(七つの大罪) 
モンスピート モンデリ エリザベス(七つの大罪)

pixivに投稿された作品 pixivで「デリエリ(七つの大罪)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11233

コメント