ピクシブ百科事典

インデュラ(七つの大罪)

ぼうそうのまじん

鈴木央の漫画「七つの大罪」に出てくる上位魔神の変身形態

概要

原作の第206話にて登場した、魔神族の切り札。

7つの心臓を有し、闘級5万以上の上位魔神が6つの心臓を破壊する事で変身する『伝説の獣』。
劇中では3000年前の聖戦時に、デリエリモンスピートがリュドシエル戦で変身している。

術者は闇と契約し、本性を曝け出す事で理性を失い、時間が経つ毎に禍々しい姿へ変化していく。
中でも、魔神王から戒禁を授かった【十戒】が転化したものは、『“主恩”のインデュラ』と呼ばれている。

インデュラとなった者は残りの心臓を燃やし尽くし、死ぬまで破壊行動を続ける(但し、デリエリとモンスピートの場合は、女神族のエリザベスの術で元の姿に戻った)。

ガラン曰く「もう1度同胞が変身するのを見ようとは」と発言していたり、26巻で他の個体が居る事も明言されているため、聖戦後も魔界でまだ闊歩している可能性もある。

種類

主恩のインデュラ
デリエリモンスピートが変化したインデュラ。
四大天使相手に互角以上に戦える力を与える。

「灰燼」

「星霜」

「怨嗟」

「遠雷」

「業報」

関連記事

親記事

七つの大罪(漫画) ななつのたいざい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「インデュラ(七つの大罪)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1924

コメント