ピクシブ百科事典

原初の魔神

げんしょのまじん

原初の魔神とは七つ大罪に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「我は罪人原初の魔神」

概要(※ネタバレ有り)

原初の魔神とは最上位魔神であり、チャンドラーキューザックの本来の姿。ライオンのような下半身をし、左腕が一本、右腕が二本、頭に獄炎(ヘルブレイズ)が点火されている奇怪な姿をしている。左手と右上手でキューザックが持っていた剣をもち、右下手でチャンドラーの杖を持つ。

経緯

魔神王が魔界を統治するために生み出した魔神。原初の魔神は、魔神王の腹心として力を与えられた。
その後、罪深い原初の魔神は己の力に自惚れ、魔神王の座を狙い謀反を起こしたが、返り討ちにあい重い罰を受ける。肉体と精神を二つに分断され重大な役目を与えられる。その役目は、二人の王子を次代の魔神王候補に育てるべく、それぞれの指南役として仕える事。
その二つに分離した魔神こそがキューザックとチャンドラー。その二つが一つに戻る時、原初の魔神となる。
が、罪に逆らい元の姿に戻ると罰として肉体はじきに崩壊する。つまり魔神王の許しなく元の姿に戻ると、その罰として短時間で命がつきる。

魔力

「終局(クライシス)」
己(おの)が命を削るほどに出力(パワー)は反比例し、増大し続ける。

「死衝(デス・ドライブ)」
杖から死に至らしめる程衝撃波を放ち、相手を吹き飛ばす魔法。エスカノールは遥か彼方の空まで飛ばされていた。

「獄炎極(ヘルブレイズ・オメガ)」
魔神族特有の技である獄炎(ヘルブレイズ)の極版。巨大な黒い塊を放つ。


関連タグ

七つの大罪(漫画) 魔神族
キューザック チャンドラー

関連記事

親記事

魔神族 まじんぞく

兄弟記事

コメント