ピクシブ百科事典

モンスピート

もんすぴーと

鈴木央の漫画「七つの大罪」の登場人物。(メイン画像左)
目次[非表示]

CV:津田健次郎

概要

年齢415歳(封印前)
身長182cm
体重78㎏
血液型O型
誕生日8月8日
出身地魔界


闘級:19000(魔力:0/武力:16000/気力:3000)
  ⇒56000(魔力:34000/武力:16000/気力3000)

魔神王直属精鋭部隊<十戒>の一人。
聖戦に敗れた後、長らく封印されていたが、フラウドリンの暗躍によって復活した。

容姿は黒紫色の髪にストレートパートの髭を生やした、マントを纏う中年の男性。
ガラン曰く「世話焼き」な性格で、同じ十戒のデリエリの言いたい事を通訳している。

何百マイルも離れた場所にいたメリオダス達の気配を特定するなど探知能力に優れている。
また、過去には禁忌の術を行使し、インデュラに変身した事もある。

魔力

「遊撃星(トリックスター)」
現段階で詳細は不明。
炎属性に関わる魔力の可能性が高い。

 ・「獄炎鳥(ごくえんちょう)」
   鳥のような形をした炎を放つ。
   対象を追尾する事ができ、その反応を感知できる。

 ・「灰燼龍(かいじんりゅう)」
   全魔力を使用した巨大な炎を放つ。

戒禁「沈黙」

魔神王に与えられた能力。
現段階で詳細は不明。

劇中の動向

三千年前の聖戦時代、四大天使リュドシエルの策略で誘拐された数万以上の魔神族の同胞達を救出に向かい、その際に四大天使と死闘を繰り広げる。

タルミエル、サリエルと互角に戦う中、途中介入したリュドシエルの力に窮地に陥ってしまう。
デリエリと共に覚悟を決めたモンスピートは、禁忌の術を行使してインデュラへと変身。リュドシエル達を追い込み、次第に理性を失っていき、魔物と化していく中、女神族のエリザベスの術で元の姿へ戻された。

三千年後の現在軸で、フラウドリンの手で他の十戒と共に復活する。
デリエリとコンビを組み、魔力回復も兼ねて黒の歓楽街ベルフォードをはじめ大小九つの町と村の人間達の魂を摂取していき、混乱を招いていく。

それから、バイゼル大喧嘩祭で苦戦していたドロールグロキシニアの援護のために他の九名と共に姿を現し、メリオダスを圧倒。メリオダスを討伐してから一カ月の間、ブリタニアを着実に侵攻していく。

リオネス城攻防戦では、当初は圧倒的に有利な立場で戦局を進めていたものの、その最中に復活したメリオダスと遭遇。パワーアップした彼の「全反撃」を受けてしまい、デリエリと共に生死不明となってしまう。

後に、吹っ飛ばされた先にあった小屋でデリエリと二人暮らしを始めたようで、時折訪れる少女(言動から彼らを助けた人物と思われる)からの支給で生活していることが明らかになった。
と同時に、3000年前インデュラ化までした自分たちをメリオダスとエリザベスが助けたことについて思うところがあるのか、ゼルドリスからの招集命令も無視し、十戒として戦いに舞い戻る気はなさそうな節を見せている。

関連タグ

七つの大罪(漫画) 十戒(七つの大罪)  デリエリ
モンデリ

pixivに投稿された作品 pixivで「モンスピート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11177

コメント