ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:梶裕貴

概要

年齢252歳(封印前)
身長152cm
体重50㎏
血液型A型
誕生日2月5日
出身地魔界


闘級:51000(魔力:0/武力:47200/気力:3800)
⇒61000(魔力10000/武力47200/気力3800)

魔神族の少年。魔神王直属精鋭部隊<十戒>の一人。
聖戦に敗れた後、長らく封印されていたが、フラウドリンの暗躍によって復活した。

外見はメリオダスと瓜二つで黒髪。声まで似ている。
同じ十戒のエスタロッサの弟であり、メリオダスの弟でもある。
つまりは三兄弟の末っ子。冷静沈着な性格。

<十戒>の中は年少の部類に入るが、癖のある仲間を指揮している。
エスタロッサの放蕩ぶりに呆れたり、感情的なガランを諫めたりと気苦労が多い模様。
四種族側に寝返り、魔神族を敗北に追いやったメリオダスに深い恨みを向けており、復讐を目論んでいる。その一方で、メリオダスは自らを『出来損ないの兄貴』だと独白するほど、ゼルドリスに対して負い目を感じている。

理由は不明であるが、女神族の紋章が掘られた剣を所持している。

魔力

「魔神王(ゴッド)/支配者(ザ・ルーラー)」
魔神王に貸し与えられし魔力で、能力は魔力攻撃の反転。攻撃を治癒に、弱体化を強化に変換する魔力。非常に強力でマーリンの魔法や四大天使の恩寵の魔力、更には魔神王が生み出した魔物から放たれる攻撃すらも無効化できるが、あくまで貸し与えられた魔力であり、無力化できるのは、魔力攻撃のみ。しかし、メリオダスの闇で押さえつけられたときに無力化でなかったため、強すぎる力には効果を発揮できない模様。
また、不意打ちに攻撃を食らうなどして一度解除してしまうと、後述の「凶星雲」同様再使用までにタイムラグが生じる。

「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」
ゼルドリス本来の魔力。ゼルドリスを中心に闇を高速回転させ、敵味方を問わない強烈な吸引力を発生させる。対象は生物のみ。
物理攻撃は届かず、剣の間合いに入った存在は生命体や物体を問わず、自分の間合い内に入ったものを感知し、半自動的に体を動かして迎撃する技術である「全反応(フルリアクト)」を使用しての超高速自動反応で切り刻む。魔界随一の剣速を持つゼルドリスの必殺技ともいえる合わせ技であり、一見、間合いに入り込んだものが自動的に消滅、また攻撃を反射されているように見えることから、見切られない限り戦いにおける絶対的優位を持てるという利点もある。
ただ、強力な攻撃をくらうと強制解除してしまい、また、剣がないと発動できない模様。

「怒りの日(ディエスイレ)」
空中から巨大なエネルギーを降らせて攻撃をする。



戒禁 「敬神」

魔神王により与えられた能力。
ゼルドリスに対して背を向ける者を、魔神王ひいては代理たるゼルドリスへの “背信” とみなし、強制的に服従させる。

劇中の動向

かつて魔神族に隷属し、謀反を企んだ吸血鬼一族ゲルダとは縁があり、処刑せずに封印した。
(後に『エジンバラの吸血鬼』の悲劇が起こるのだが、吸血鬼族は<七つの大罪>によって滅びた)

聖戦時には、ドロールと対戦。圧倒的力で倒し彼を〈十戒〉へ引きずり込む。

復活後は、キャメロットを制圧し自らの拠点とする。メリオダス死亡後は他の十戒と共に残った人間の駆除をしていたが、エスカノールによりエスタロッサと共に行方不明になる。

だが220話で生存が確認。マーリンの使いとして現れたオルロンディを攻撃し、彼を経由してマーリンに大ダメージを与えた。

その後、呪いにより蘇り、魔神王になるべく戒禁を吸収しに来たメリオダスの発言に激昴し攻撃を仕掛けるも彼への攻撃は一切通用せず、返り討ちに合い拘束されてしまう。
メリオダスに「ゲルダは生きている」と伝えられ、彼が魔神王になる事でゲルダが救われると理解し、戒禁を吸収させるべく協力する事になる。

287話ではメリオダスを止めるべくやってきたリュドシエル、マーリン、エスカノール、そしてヘンドリクセンとギルサンダーを相手にチャンドラー、キューザックと共に立ちはだかり恐るべき真の魔力を解放する。

七つの大罪学園

伝説の不良組織<十戒>の一人として登場。
エスタロッサは例外に、同窓会では揃って仲間の顔を忘れていた。
体育祭の出店では、兄と一緒に生徒を使ってタコヤキを作り、集団中毒事件を起こした(良い思い出とのこと)。兄弟揃って料理下手なのは同じらしいが、メリオダスとは異なり、本人達に自覚はない。

関連タグ

七つの大罪(漫画) 十戒(七つの大罪) 魔神族
メリオダス エスタロッサ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼルドリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 494802

コメント