ピクシブ百科事典

女神族

めがみぞく

「女神族」とは、七つの大罪に登場する種族である。
目次[非表示]

概要

最高神が束ねる種族。
背には翼があり、四大天使エリザベスは二枚以上の翼を持っている。
なお四大天使は、魔神族によっての「戒禁」と同じような力である「恩寵」を最高神から与えられている。
魔神族の天敵で、三千年前に魔神族を封印したことにより力を使い果たし、封印されていたが、魔神族が復活したことにより、四大天使が人間に憑依するかたちで登場する。

人物

最高神
女神族の長であり、エリザベスの母。
背には16枚の翼がある。

エリザベス
最高神の娘で、地位は四大天使より高いと思われる。
最高神により、呪いをかけられ…

リュドシエル
青年の姿をした、四大天使の一人。
最高神に「閃光」の恩寵を与えられた。

サリエル
幼い少年の姿をした、四大天使の一人。
最高神に「竜巻」の恩寵を与えられた。

タルミエル
三つの顔を持った四大天使の一人。
最高神に「大海」の恩寵を与えられた。

マエル(CV:東地宏樹)
四大天使の一人で、リュドシエルの弟。
最高神に「太陽」の恩寵を与えられた。

ネロバスタ(CV:能登麻美子)
一番最初に登場した女神族の一人で、神兵長。
リュドシエルの側近でもあった。

ジェンナ
妹・ザネリとともに、ドルイドの聖地・イスタールを拠点としているドルイドの長。
現在は合意のもと、人間の少女に憑依している。

ザネリ
姉・ジェンナとともに、ドルイドの聖地・イスタールを拠点としているドルイドの長。
現在は合意のもと、人間の少女に憑依している。
メリオダスに好意を持っている。

女神族の術


聖櫃(アーク)
光の粒子によって対象を分解する。

刻還りの術(ときがえりのじゅつ)
「ドルキモト・ヘカトコベ・オムノレア・キエト」の呪文で発動する術で、魂だけ過去に飛ぶことができる。

転生への誘い(てんせいへのいざない)
「ドリマシト・イニマシタ・ラギヲスヤ・イドチマイノ・リヲンネ・マヲナクイ・ナザレワイン」
の呪文で発動する術。対象にただ1度だけ、前世の記憶を携えたまま魂を新たな生命へと転生させることが出来る。

関連タグ

七つの大罪 魔神族

pixivに投稿された作品 pixivで「女神族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2179

コメント