ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:藤原啓治多田野曜平(『憤怒の審判』より)

概要

人形のゴウセルを作りだした偉大な魔術師。
なんと、あのマーリンの師匠。
その力を恐れた魔神王により、強制的に十戒に加えられ、戒禁で縛られて牢獄に封印されてしまう。そのため、ゴウセルを創り出して自らの体として聖戦に参加していた。

戒禁の影響からか表情の変化が少なく、物騒な行動を行うことへの抵抗感のない厄介なところもある。しかし、あくまで聖戦を終わらせるために本人なりに奔走したり、自身の片割れであるゴウセルだけでなく、出会って間もないディアンヌやキングに裏表のない感謝の気持ちを伝えるなど情もあり、自分本位とはいいがたい性格をしている。

魔神族のグラリーザという恋人がいたが、マエルによって殺されており、それゆえ聖戦の終結に固執するのはその為でもある。

魔力

「不明」
恐らくゴウセルと同等。それ以上の力を持つ。

  • 同調切断(リンク・オフ)
ゴウセルとの繋がりを断ち切る魔法。

  • 自我起動(オート・アウェイク)
ゴウセルに自我を与え、独立行動をさせる魔法。

  • 禁呪(正式名称不明)
魔法の中心となる人物の記憶と、その人物を知る者たちの記憶を書き換える大禁呪。その効力は神である魔神王や最高神の記憶すら改変するほど。
この術の発動には、術者の全生命・全魔力を必要とする。正確には術者たる魔神ゴウセルの全生命・全魔力を持ってしても少し足りず、人形ゴウセルの魔力を借りてやっと発動できるほどの大魔法だった。人形ゴウセルも負担が大きかったらしく、そのまま約3000年の休眠期間を要した。
作中ではマエルに対して使用され、マエルはエスタロッサとして生まれ変わり、他の者たちは〈十戒〉エスタロッサが最初から存在する者だと思い込んだ。
基本的にこの禁呪によって改変された認識は戻ることは無いようだが、絶対解けない訳では無い。
この魔法の対象となった者たちの認識は共有される。その内の1人に何らかのアクシデントがあり綻びが生じれば、全員の認識が徐々にやがて一気に決壊するように元の記憶・認識は戻る。
気づきは疑問に。疑問は確信に。

戒禁

「無欲」
ありとあらゆる欲を抱く者に対して記憶と感情を封じる。このためにゴウセルは人形のゴウセルを、自分の恋人そっくり且つ欲を抱かないように男の体に作った。
戒禁の中でも断トツで不自由な代物であり、ゴウセルは一切の自由を奪われ牢獄に留まることを余儀なくされていた。現在、ゼルドリスが所持している。

劇中の動向

人形のゴウセルを作りだし、牢獄から聖戦を見ていた。
だが、メラスキュラを操り門を開かせて脱出する。その後、過去に行ったキングやディアンヌと出会う。
 
そして彼らにゴウセルの今後を頼み、聖戦を終わらせた反動により死亡する。

関連タグ

ゴウセル 十戒(七つの大罪) フラウドリン

関連記事

親記事

ゴウセル ごうせる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゴウセル(十戒)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゴウセル(十戒)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42059

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました