ピクシブ百科事典

コルレル

こるれる

アニメ「機動新世紀ガンダムX」に登場するMS。
目次[非表示]

機体データ

形式番号:NRX-007
頭頂高 :17.9m
機体重量:4.5t
武装  :ビームナイフ×1

機体概要

第26話「何も喋るな」に登場した新連邦軍の試作MS。
元々は赤とグレーを基調としたカラーリングだったが、パイロットのデマー・グライフ少尉の要請で純白にリペイントされた。
極端なまでに軽量化が施された機体であり、陸戦MSの常識を覆すほどのスピードと機動力を発揮するが、その代償として装甲が薄く、武装もビームナイフ一本のみとなっている。このビームナイフはビーム兵器に対して異常に強いDXの装甲部分を劇中で唯一切り裂いており極めて高い攻撃力を発揮する。

腹部に当たる部分は装甲どころか上半身と下半身を接続する三本のアクチュエータのみで形成されており、その心許無さは宇宙世紀に登場するメタスに匹敵する。
頭部メインカメラはデュアル・アイ。

その軽さは単純比較でもRX-78と同じ位の頭頂高で重量は約10分の1と言う極端なものとなっている。もっとも機動新世紀ガンダムXに登場する機体は基本的に軽量型が多いというのも理由の一つなのかもしれないが、それを踏まえても異常と言える軽量化をなされているのは明白である。

劇中での残像が発生する程のスピードで跳ね回る動きを見る限りでもその挙動はもはやMSではなくMFレベルである。

劇中での活躍

シャギアによって市外廃墟におびき出されたガンダムDXの背後から現れ、DXの左脇腹にダメージを与えた後、DXの左腕を切り落とす(防御の要であるディフェンスプレートを封じるためでもある)。
そしてDXのバックパックを1刺ししコックピット前面を3連続で切り刻む等、非常に一方的な戦闘を行った。
装甲を極限まで減らした紙装甲にも関わらず、DXを足蹴にしても壊れない頑丈さを持ち、ライフルの上に立つ事が出来る軽快さを見せ付ける。
最終的には、DXが防御に使ったライフルの爆風で吹き飛んで動きを止められた所をDXの搭載する全固定機関砲(ヘッドバルカン・マシンキャノン・ブレストランチャー)の一斉射で撃ち抜かれて破壊された。一部では「バルカン砲で壊された脆いMS」と揶揄する者もいるがDXのマシンキャノンとブレストランチャーは単独でMSを破壊出来る威力がある為、それら全ての一斉射はそもそもこの機体でなくとも到底耐えられる代物ではなかったりする。また、動きを封じていない状態では至近距離から撃ったヘッドバルカンすら難なく全て回避する運動性がある。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX
ガブル ブリトヴァ
デマー・グライフ シャギア・フロスト
白がいいんだよ

アムロ・レイ
スーパーロボット大戦Rではかつて「連邦の白い悪魔と呼ばれたことから目の敵にされる。(アムロ自身はその二つ名にこだわりは全くなく「欲しければあげるよ」と言っている)

ユニオンフラッグ AEUイナクト
コルレル同様、身体が痩せ細っているMSである。

ウルフ・エニアクル
彼も白にこだわるパイロットである。

エヴァンゲリオン(『新世紀エヴァンゲリオン』より)
コルレルの細身の人型というデザインが似ていたため、放映当時はエヴァのパクリ疑惑があったが、実際にコルレルのデザイン上のモチーフになったのは『あしたのジョー』の力石徹である。

pixivに投稿された作品 pixivで「コルレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37988

コメント