ピクシブ百科事典

ミゲル・アイマン

みげるあいまん

ミゲル・アイマン(Miguel Ayman)**とは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEED」及び派生作品の「機動戦士ガンダムSEED MSV」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:西川貴教
「生意気なんだよォ!ナチュラルがモビルスーツなど!」

概要

プラント生まれのコーディネイターで、ザフト軍クルーゼ隊所属エースパイロット。
アスラン・ザラとは2期上にあたる。

母と年の離れた病弱の弟の3人暮らしであった。
ザフトに入隊したのも、病弱な弟の治療費や養育費を稼ぐためであったとされる。

所謂「赤服」ではないもののその実力は高く、隊長であるラウ・ル・クルーゼからの信頼も厚い。
パーソナルカラーであるオレンジ色に染められ、ジョリー・ロジャー(海賊旗)を思わせる骸骨のパーソナルマークを掲げた「ZGMF-1017 ジン」オリジナルカスタム機を専用機とし、『黄昏の魔弾』の二つ名を持つ。 
続編である機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場するハイネ・ヴェステンフルスの後輩にあたり、尊敬するハイネに肖って愛機をオレンジ色にカラーリングしたという設定が存在する。
余談だが、ハイネの声優も同じく西川氏である。

東アジア共和国の資源衛星であった「新星」を奪取する戦果を挙げており、ザフト軍宇宙要塞の「ボアズ」として名を変える。
しかし、ボアズは彼の死後に地球連合軍の核ミサイル攻撃によって、壊滅する事になる。

なお彼は一度ムウ・ラ・フラガメビウス・ゼロと交戦した経歴もある。

活躍

SEED本編では序盤のヘリオポリスのG奪取作戦に参加。
この時は数日前に叢雲劾と交戦して相打ちとなってオレンジカラーの愛用ジンが中破してしまったため、ノーマルジンでの出撃を余儀なくされた。

クルーゼ隊がGを奪取するまでの陽動隊としてコロニー内部に突入した後、アスランからストライク強奪の失敗を告げられると捕獲を試みるが、OSが書き換えたキラが操縦を代わったストライクの動きと実体攻撃を無効化するPS装甲についてゆけず敗北。
一矢報いるべく自爆装置を作動させた後、この間の戦闘データを持って脱出する(この時点で死亡する漫画もある)

帰艦し報告を終えた後、M69バルルス改・特火重粒子砲を装備したジンに乗り、他の隊員と共に再出撃。
その際、半ば強引についてきたアスランのイージスと連携してソードストライクに雪辱戦を挑むが、初期型のビーム兵器では中々有効打を与えられず、一度は避けたが旋回してきたビームブーメランで背後からジンの脚部を切断され、体勢を崩した隙を突かれて対艦刀シュベルトゲベールで真っ二つとなった機体の爆散と共に戦死した。

石口十の漫画版ではクルーゼの命令でジンアサルトに換装された3号機に搭乗し、アークエンジェルを狙って出撃、ジンの武器では歯が立たないPS装甲だと分かっていながらソードストライクに挑み、母艦から引き離そうとする。
ストライクのビームブーメランの攻撃でアサルトシュラウド部が破壊されてもなお投資は衰えず、「いくらフェイズシフトでも!」と叫び特攻を仕掛けたものの、性能差には抗えず、対艦刀で串刺しにされ戦死した。

愛機のカスタムジンであったならばもっと活躍できたであろうというファンの声も大きい。

関連イラスト

エアスケブ
久々に


リマスター版(^v^)
ミゲル・アイマン



関連タグ

機動戦士ガンダムSEED アスラン・ザラ ハイネ・ヴェステンフルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミゲル・アイマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39981

コメント