ピクシブ百科事典

ラブリーライジングソード

らぶりーらいじんぐそーど

「ハピネスチャージプリキュア!」第7話でキュアラブリーが繰り出した剣。
目次[非表示]

概要

最凶!


ハピネスチャージプリキュア!」第7話でキュアラブリーラブリーパンチングパンチを披露した後にラブプリブレスによって発動し、剣が出現した。火の玉を斬ったり、キュアプリンセスへの炎の攻撃から防ぐために剣で受け止め、さらには剣からビームが出せる。
5話でのラブリービームの衝撃からわずか2週間でラブリーパンチングパンチとキュアプリンセスとの合体浄化技のツインミラクルパワーシュートと共に、さらなるラブリーの伝説が刻まれた。

一発ネタではなく、その後も何度も使用している。
サイアークや大勢のチョイアークを相手に滅多切りという芸当を見せたなら、セイバーを主武装とするS級ハンター顔負けの荒ぶりようであっただろうが、プリキュアシリーズはあくまで素手格闘がメインというお約束であるため、武器を使っての攻撃はそこまで強くは描かれない。
ライジングソードは相手の攻撃を切り払いながら同時に反撃する「カウンター」としての使われ方が多いようで、どちらかといえばサポ-ト技の色が強い。

第12話でのサイアークとの野球対決時には、剣ではなく、ラブリーライジングバットを繰り出した。その気になれば槍やラケット、ロッドなどを繰り出せるのかもしれない。
剣としての形状も変更可能なようで、普段はロングソードのような幅広の両刃剣を模した形状をしているが、劇場版ではサーベルに近い細見の形状になっている。技の発動バンクもTV版では天空から降りてくる剣をラブリーがつかむという演出だが、映画版ではハート型をした柄がまずラブリーの眼前に生み出され、それを握るとそこから刀身が生み出されるというものになっていた。
第39話ではイノセントフォームによる強化によって日本刀を模した形状となり、居合い斬りを披露した。

ラブリーソード…相手は死ぬ



光子力ビームロケットパンチマジンガーZネタが続き、マジンガーブレードとは・・・
さすが過去作品のオマージュを詰め込んだプリキュア10周年記念作である。

プリキュアと剣戟

目からビーム」や「生身でロケットパンチ」に比べれば、「光の剣で剣戟」はよくある演出とも言え、キュ荒ブリー伝説の中ではインパクトは小さなものかも知れない。
しかし、プリキュアシリーズを過去作から見続けてきていたコアな大きなお友達にとっては、ラブリーライジングソードの衝撃度はかなり大きかった。
なぜなら、
「女児番組ということもあり、剣を気軽に扱うようなプリキュアはタブーという暗黙のルールがあるのだろう」
と認識されていたからである。

プリキュアシリーズは徒手空拳の肉弾戦が豊富という女児番組としてはかなりユニークな作風であることは知られているが、その反面、剣のような武器を使った戦闘をめったに行わない。
それも、ほとんどの場合は「剣ではない細長いアイテムを、とっさに剣のように振り回す」ことで剣戟を表現している。
剣そのものをモチーフとするアイテムを持つプリキュアもいるのだが(プリキュア5の5人とキュアベリー)、その場合は逆にアイテムを剣戟に使われることは避けられており、いわゆる「魔法少女のバトン」のような決め技発動用の使い方しかしていない。
これらのアイテムは「玩具」として発売もされるので、その強度や本来の視聴者層への教育的配慮により、そのまま剣としてTV本編で使用する描写を意図的に避けているのである。
それまでのシリーズにおいて、「剣そのもの」の形状をした得物を手にして剣戟戦闘を行ったプリキュアはシャイニングドリームキュアビューティの二人しかない。
ただし、キュアアクアはバトンのようなアイテム(アクアリボン)からエネルギー状の刀身を発生させて剣戟を行っている。
また、シャイニングドリーム劇場版での使用ゆえ、TV本編よりアイテム使用の制約が緩くなっている。
剣以外の武器(斧や槍や銃)に至っては一例もない。
しかも、それまでのプリキュアシリーズでの剣戟戦闘は極めて慎重に取り扱われており、物語上の大きなイベントを解決するための戦闘で最後の手段として剣を使うということがほとんどであった。
ただしそれゆえに、たった一回や二回しかないような剣戟シーンがとても印象的なものとしてファンの心に残り続けることにもつながっていたのも事実である。
(※プリキュアシリーズにおける剣戟の扱いについてはベリーソードの項目にも似た視点からの考察があるので参考されたし)

このような過去シリーズでの扱いから考えると、メインの主役ポジションにあたる桃キュアが、ただの通常技としてこんな序盤で繰り出したことは異例。年季の入ったファンであるほど度肝を抜くことになったのである。
「剣」を使用しているとはいえ、なるほど玩具化されるアイテムそのものをそれとして使っているわけではない、と言うわけである。

ネタ

この発想しか無かった

ラブリーライジング(  )ソード!!!



関連イラスト

怒りの反撃
キュアラブリー


ラブリー!
Lovely sword



関連タグ

キュアラブリー ラブリーライジングバット
キュ荒ブリー ラブリービーム ラブリーパンチングパンチ
ツインミラクルパワーシュート

剣キュア

pixivに投稿された作品 pixivで「ラブリーライジングソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117876

コメント