ピクシブ百科事典

「我がディガルドの諸君、ディガルド武国は世界の中にある。では世界はどこにあるのか?
 世界は神の手の中にある……しかし今や、私が神だ。いや、言い直そう。私は神さえも超越した唯一絶対神ジーンである!
 準備が整い次第、全土へ大攻勢をかける。神にひれ伏さぬものは容赦なく殲滅せよ!」
CV:中村秀利

人物像

ディガルド武国軍総司令官であり、皇帝ララダ三世の義子。
いわゆる本作のラスボスのポジションで搭乗機はバイオティラノ

元々は古代惑星Zi人であるソラシティから派遣されたソラノヒトであり、ディガルドを操るために取引によって地上へと送り込まれた過去を持つ。
当初はソラシティの政策に忠実な人間として活動していたが、それは彼らを油断させるための表向きの顔であり、その本性は「神として人を支配する」という壮大な野望を抱く野心家であった。

支配欲と権威欲が極めて強い冷酷非情な人物で、自分以外の全ての存在を野望を実現するための道具としか考えておらず、適性の低いバイオゾイドのパイロットを補うため、敵対者はおろか既にディガルドに支配された国や町、村の中からもゾイド乗りの適性がない人間を女性子供老人や病人問わずその体からを引きずり出し、ナンバーと呼ばれる機械兵の動力装置にするという非人道的な所業を平然と行っていた。
またディガルドの状況に関しても退廃的かつ衰退を匂わせるせるような描写がされており、内政に関しても自分の国の人間の事はどうでもいいと考えていた。

ゾイドパイロットとしての腕前も一流であると同時に野望そのものは馬鹿げているように見えるが頭も良く人心掌握術や演技力にも優れており、ソラシティから監視役として送り込まれたフェルミを味方へと引き入れ、ザイリン・ド・ザルツとも偽りではあったが交友関係を結んでおり彼の本性を瞬時に気がついた者は少なかった。

物語の中盤から徐々に野望の片鱗を見せ始め、義理の父であるララダ三世の死後は王位を継ぐと同時に元帥の地位に就き、武帝ジーン1世と名乗るようになる。
そしてソラシティと結んでいた飛行ゾイドの開発を禁止する「天空通商条約」を反故にし、秘密裏に開発していたバイオラプターグイの大群を使ってソラシティを攻撃、遂にはソラシティを壊滅に追いやった。

その後、改めて自身を神と定義して各地にその布告を行うが、ディガルドを裏切り討伐軍側に合流したザイリンによって衛星放送を通じてナンバーの真実が世界中に公表されてしまい、大量の離反者を出す事となり、唯一自身に忠誠を誓っていたゲオルグ以外はナンバーしかいない状態になってしまう。
だが、本人はそれを意に介することなく討伐軍の拠点であるトラフに向けてバイオティラノに乗り量産型バイオトリケラバイオケントロを含めたバイオゾイドの大軍勢を率いて進撃を開始、進行ルートにある町や村を「神なる者の怒り」と称して神の雷と名付けたバイオティラノのバイオ粒子砲で破壊し尽くしていった。

自由の丘での最終決戦でもバイオティラノの圧倒的な力で討伐軍側の主力ゾイドを次々と血祭りにあげ、ムラサメライガーをも機能停止の状態に追いやり、討伐軍を全滅寸前まで追い詰めた。
しかしルージ・ファミロンの強い思いに応えて復活を果たしたムラサメライガーや生き残ったゾイド達の攻撃で全戦力を失い、ムゲンライガーのムゲンブレードとムゲンブレイカーの斬撃でバイオティラノを真っ二つに切り裂かれ、神の座に執着する断末魔を上げながら爆死、彼の野望は阻止された。

関連タグ

ゾイドジェネシス ディガルド武国

バイオティラノ

外道 吐き気を催す邪悪 サイコパス ラスボス

ギュンター・プロイツェンアルファ・リヒターギャラガー:これまでのゾイドアニメシリーズにおける野心家キャラ。

リボンズ・アルマークエンブリヲ:自身を神のような存在(あるいはそれに近い)と信じ、主人公に倒されるまで自身以外の人間を見下し続けていたロボットアニメのラスボス。後者に至っては搭乗機体のカラーリングがバイオティラノに酷似している

関連記事

親記事

ディガルド武国 でぃがるどぶこく

兄弟記事

コメント