ピクシブ百科事典

バイオトリケラ

ばいおとりけら

ゾイドシリーズに登場するバイオゾイドの一種
目次[非表示]

スペック

BZ-004 BIO TRICERA
トリケラトプス型

全長22m
全高7.5m
重量80t
最高速度130㎞/h

武装
  • バイオゾイドコア
  • ヘルアーマー
  • ヘルツインホーン
  • キラーバイト
  • ノーズブレイクホーン
  • デススパイク×4
  • テイルフォーク
  • フレアシールド

概要

ソラシティから提供された技術から生み出したディガルド武国のトリケラトプス型のバイオゾイド※1

機体設定の基本が攻撃重視のバイオゾイドでは
唯一フレアシールドというフリル型の防御パーツを武装して防御力を上げ
またフレアシールドの側面の角から電磁バリアを形成させ、自身や味方を守る事ができ
さらに巨大な二対の角型の武器ヘルツインホーンは内部にアンカーが仕組まれており
それを蛇腹剣のように飛ばしては遠くの敵を突き刺し、そのまま引き寄せる事ができる。

キットでバイオトリケラについて

他のバイオゾイドと同じように完成されたフレームに軟質素材の装甲パーツを付ける
発光ギミックと数パターンの鳴き声発声ギミックを搭載する簡易組み立てタイプのキットで
装甲パーツのシンナー臭さはないが装甲パーツの色がダークブラウンで
キットの大きさは高さならコマンドウルフくらいと小さく
コスト面と安全面からヘルツインホーンにはワイヤーは仕込まれておらず
射出を再現しているパーツは入っていない。


劇中について

ディガルド軍のディガルド四天王の一人、ゲオルグが搭乗するゾイドとして登場。
劇中でのバイオトリケラは先行機・二号機・量産型の三種類が登場し
大きさはソードウルフなどより大きく、
機体色は先行機・二号機は銀色、量産型はキットに近い色合いである。

キットの設定には無い拡散式のヘルファイアを搭載し、上空に向って放つ事で
それを火の雨を降らすように拡散させ、辺り一面を文字通り火の海にできる。
また、ツインホーンにエネルギーを通すことも可能な模様。

先行機はある街の強固な門をヘルツインホーンで破壊してはその街を占領し
街を奪還しようとする警備団が搭乗するモルガ数機を
たった1機で蹴散らし、さらに戦意喪失しては退避するモルガ1機を
見せしめのごとくヘルツインホーンで破壊する。
搭乗者のゲオルグがラ・カンの首を駆る事に執着している為
幾度も無くソードウルフを狙い、さらに撃破寸前まで追いつめるが
ムラサメライガーのエヴォルト形態であるハヤテライガーの
連続斬撃に機体が耐え切れず爆発炎上する。

二号機は戦死したと思われていたがサイボーグとして甦ったゲオルグが搭乗し
討伐軍によるナンバーの真実公表を阻止すべく
バイオラプター軍団を率いて中継地でありナンバー製作工場がある基地を襲撃する。

最終決戦では量産型が多数参戦し、レインボージャークを捕獲して攻撃するが、
封印を解除したデッドリーコングによって一蹴される。

また二号機は電磁バリアを使用できキットの設定にあった
「味方を守る」は実行していないがその性能は高く
通常兵器はもちろんの事、メタルzi製の武器※2
さらには劇中では最強クラスのバイオティラノの神の雷※3すら耐えるものであった。
しかし皮肉にもその性能の高さが討伐軍に勝利の要因を与える事になった。

※1ただしフリルの形状が同じ角竜類のカスモサウルスに近い

※2実際討伐軍のメタルziの弾丸による射撃を全て無効化し
ソウルタイガーのソウルバグナウによる回転突撃攻撃を防いだ上
逆にソウルバグナウを圧し曲げている。

※3例え直撃は免れてもその衝撃波だけでも唯では済まないものを
それに耐えてバリアを発生し続けた故にその性能の高さが伺える。

余談

実はゾイドのアニメシリーズでは初めて登場した純粋なトリケラトプスモチーフのゾイドである。
(デモンズヘッドはティラノサウルスとトリケラトプスを合わせたゾイドなので除外)

関連タグ

バイオゾイド
ゾイド
トリケラトプス
恐竜
角竜

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオトリケラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1435

コメント