ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

かつて惑星Ziを襲った地殻変動「神々の怒り」以降、惑星Ziの北の地を支配している大規模な軍事国家。元々はディガルド公国と呼ばれており、工業都市ディグを首都とし、他の地域と比べて西洋のような修飾の建造物が多い。了解を意味する復唱として「ディガー」という言葉を用いる。「ブラウ」や「ガーシュ」等の複数の軍事基地も保有。


天空に浮かぶソラシティに住まう古代惑星Zi人達「ソラノヒト」とはギブ&テイクの関係にあり、彼らから技術を授かる代わりにエネルギー源であるレッゲルを提供する交渉を長きに渡り続けてきた。その技術を使ってリーオ(Metal-Zi)製の武器以外の攻撃を無効化するバイオゾイドを生み出し、ソラノヒト出身である軍の総司令官であるジーンのもと、キダ潘を始めとした各地の町や村の生命線とも言えるジェネレーター目当てに制圧している。


なお、ディグのジェネレーターは既に機能を停止しており、その跡地はソラノヒトとの取引場所に利用されている(後にジーンによって破壊された)。ソラノヒトとは「天空通商条約」と呼ばれる特例として認められたバイオプテラ以外の飛行ゾイドの製造を禁止する条約を結んでいたが、ディガルド国王ララダ3世の急逝と共に野心をあらわにしたジーンはこれを反故にし、秘密裏にバイオラプターグイを開発してソラノヒトへも侵略の魔の手を伸ばそうとしていた。


占領した町や村の人々にゾイド乗りとしての適性があるかどうかを専用の石板を使って検査し、適性がある者は兵士となるための教育を受け、そのままディガルドの兵士として戦う事となる。逆に適性がない場合は奴隷としてバイオゾイドを製造する工場建設や工場での労働を強いられ、その過酷さ故に強制労働中に命を落とす者もいる(ルージらがその現場に侵入してそれが分かる描写もある)。


これだけならリアルロボットにおける敵側の軍事国家によくありがちだが、それだけではなく、奴隷にもならない人間達に対しては一般ゾイドよりも適性が低いバイオゾイドのパイロットを補うための特殊なロボット兵士として徴用する恐ろしい開発をしていた。この事実は階級の高い軍人達にさえ最重要機密として隠されていたが、事実を知りジーンと決別したザイリンによってディガルド討伐軍にもたらされ、ボラーがガーシュからナンバーの真相を伝えようと衛星放送を通じて世界中に告発。結果として軍部から大量の離反者を出した(人間でも操縦可能なバイオゾイドであればザイリン等の離反者だった討伐軍が使用していた)。


しかし、それによって開き直ったジーンは全軍(この時のディガルド軍はラプターグイすら使わなかったことから既にまともな兵士はいないのではと言われており、もはや前線に出したほぼ全ての兵士をナンバーに置き換えてしまった可能性がある)を上げて討伐軍の殲滅に動くも、その討伐軍との決戦でジーンは敗死。最終的な権力者のいなくなったディガルド武国は事実上滅亡した。

ただララダがジーンを警戒していた点から元から実力至上主義同然の軍事国家ではないようでトップに離反者がガーシュ等の一部の基地を保有、ディガルド討伐軍がジーン討伐軍へと改名、「ジーンはディガルドのトップでなく、寧ろディガルドの敵だ!」と叫んでいた離反者(そもそもディガルド自体が悪でなくジーンと彼の素性を知った上でそれでも離反しなかった軍人だけが極悪人だった)もいたらしく本来の平和な国へと復興する可能性もあるが、その後は不明。


人物

皇帝


ディガルド四天王(またはバイオゾイド四天王とも)


その他


保有ゾイド

バイオゾイド


その他

他にも一部のバラッツも保有していた。


余談

  • バイオゾイド以外にも通常のゾイドも少数ながら保有している。
  • アニメオリジナルゾイドディグは、バラッツを巨大化させた様な超大型ゾイド(ブロックスかは不明)だが、首都の名前もディグであり、紛らわしい。おそらくは、首都の名前にちなんで名づけられたと思われる。

関連タグ

ゾイドジェネシス バイオゾイド


ゼネバス帝国/ネオゼネバス帝国ガイロス帝国:過去のゾイドシリーズにおける軍事国家。


デスメタル帝国帝国軍に登場する、世界征服を目論む巨大な軍事国家。


ソ連:かつて北部にあった巨大な軍事国家で一党独裁国家のような側面があり、最終的に内部分裂して消滅した点が共通している。

関連記事

親記事

ゾイドジェネシス ぞいどじぇねしす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5031

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました