ピクシブ百科事典

バイオヴォルケーノ

ばいおゔぉるけーの

バイオゾイドの一種で、バイオメガラプトルの強化発展型。
目次[非表示]

スペック

BZ-008 BIO VOLCANO
メガラプトル型

全長33.8m
全高14.8m
重量92t
最高速度380㎞/h
主な搭乗者ザイリン・ド・ザルツ
武装
  • バイオゾイドコア
  • クリムゾンヘルアーマー
  • バイオ粒子砲
  • ブレイズハッキングクロー
  • ブレイズスパイン
  • ティルアックス
  • バーニングジェット

概要

バイオメガラプトルの量産と共に開発された。メガラプトルの強化発展系。
同機体の性能を最大限まで引き出した形態である。
全身の流体金属装甲ヘルアーマーは真紅の「クリムゾンヘルアーマー」へと変化。
全身から無数に生成される紫色の「クリスタルスパイン」は、ヘルアーマーの弱点であるメタル―Ziにすら耐える硬度を持つ。
このクリスタルスパインは防御だけでなく攻撃にも優れており、通常のゾイドは触れただけで切り裂かれる、強力な近接戦闘用ブレードにもなっている。
また、腰部のバーニングジェットは6門に増え、推進力・走行速度もともに上昇。
なにより、胸部のクリスタルからせり出したバイオ粒子砲が最大の武器。
その威力はバイオゾイドの王・バイオティラノの粒子砲に匹敵し、対象を分子レベルまで崩壊させる

高い格闘能力とスピード、そして防御力をも持ち合わせる、最強のバイオゾイドである。

キットは、メガラプトルの素体をそのまま利用しているものの、メガラプトル時代の保持力のなさを克服し、バイオゾイド特有の高いアクション性を最大限発揮している。
その鋭角的なデザインもあってバイオゾイド屈指の人気を誇り、ジェノブレイカーバーサークフューラーなどの過去の恐竜型のライバル機に並ぶという。

アニメでの活躍

かつてのメガラプトルのパイロット、ザイリンの新たな乗機として登場。
他のバイオゾイドに習って、アニメでは設定では言及されていない「ヘルファイヤー」を装備。しかも、メガラプトル時の数倍にも威力と爆発力が上がっていて、これだけでも危険な装備である。
主役機のムラサメライガーランスタッグを圧倒し、モルガ部隊をオリジナル装備ヘルファイアで一瞬にして殲滅する。

実は「相手大型ゾイドに敵対意志があるとパイロットの意志に関係なくバイオ粒子砲を発射する」というプログラムがなされていたようだ。
それをザイリンが何とか止め、その隙を突いたムラサメライガーによって倒されるが、後にソラノヒトによって修復される。
その際自動プログラムのみならず生命エネルギー変換装置(パイロットの命を代償に爆発的に性能を引き上げる装置)を外されたようだ。
以後再びザイリンの乗機として活躍するが、変換装置を外されたことで若干性能は低下したようである。しかし、ザイリンはその天才的操縦技術によってカバーしている。
最終決戦においては、バイオティラノのバイオ粒子砲を自らの粒子砲によって破壊。その後、デッドリーコングと共にバイオティラノの動きを止め、弱点であるバイオゾイドコアをさらけ出させて、ムゲンライガーによるトドメにつないだ。

関連タグ

ゾイド
バイオゾイド 
ライバル

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオヴォルケーノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2946

コメント