ピクシブ百科事典

バイオケントロ

ばいおけんとろ

バイオケントロとは、バイオゾイドの一種。
目次[非表示]

スペック

番号BZ-003
分類ケントロサウルス型
全長17.3m
全高9.5m
重量60t
最高速度170km/h
武装
  • バイオゾイドコア
  • ヘルアーマー
  • ビーストスレイヤー×2
  • バックランス
  • ポイズンバイト
  • ヘルスパイク×4
  • テイルナイフ
  • ソードダンス

概要

ケントロサウルス型のバイオゾイド。バイオゾイドの例に漏れず、草食恐竜ながら肉食動物のような顔立ちをしている。
全身を鋭い刃で武装しており、自在に稼働する2本の槍「ビーストスレイヤー」による斬撃や刺突、ヘルアーマーをより硬質化させたバックランス等接近戦に特化している。

劇中での活躍

ゾイドジェネシス』ではディガルド四天王の最年少ソウタの愛機として登場。こちらでは、四天王で唯一ヘルファイアを装備していないものの、背中のトゲを強力なミサイルにして発射する。大爆発を起こすので、火薬または別の起爆剤かエネルギーを内包していると思われる。その際、おそらくはヘルアーマーの破片を爆散させるだろうこと、大きさやビーストスレイヤーの様相などから、敵対したバンブリアンとは比較的似たような機体特性を持っている。

初登場の24話ではシャドーフォックスを撃墜し、その後もソードウルフハヤテライガーを圧倒したが、ムラサメライガーに前足を切られて撤退する。

その後は大群を率いて討伐軍本拠地であるズーリに攻め込んできたが、ムラサメライガーが新たにエヴォルトしたムゲンライガームラサメブレードとムゲンブレイカーで今度は自分が徹底的に切り刻まれて大破した。

その後破壊を免れていた一本のビーストスレイヤーは討伐軍側に寝返ったソウタの新たな機体となったランスタッグに引き継がれている。

最終回では量産型が登場。数に任せてケーニッヒウルフを集団で串刺しにし、寝返ったバイオメガラプトルと刺し違え、バイオトリケラたちと共にレインボージャークを守るデッドリーコングの全身にバックランスを浴びせた。

関連タグ

バイオゾイド

コメント