ピクシブ百科事典

バニシュ→デス

きんじて

バニシュ→デスとはファイナルファンタジー6(SFC/PS版)の最凶の技である。

FF6には「バニシュ」という姿を透明にする魔法がある。
透明になると物理攻撃を無効にできるが、魔法が必中し、即死耐性も無視する(←ここ重要)ようになる。
この魔法を敵にかけ、透明にした敵に「デス」(即死魔法)をかけると即死が100%成功する。

通常、即死魔法にはボスなどの絶対に効かない相手が存在するが、この技によってそのような耐性を完全に無視してしまうことができるため、ゲームバランス崩壊モノのバグ、というか仕様の穴を突いた技である。

ただし、敵を倒すのに当てるのはあくまでもデスなので不死系の敵には無効。
(デスの効果によってHP全快になって復活する)
但し不死系に対してはバニシュ→デジョンという倒し方もある。
もっとも、不死系にはそんな手間を掛けずとも敵に対してフェニックスの尾聖水を使うか、レイズアレイズを使えば一撃で倒せるが。

またごく一部の敵に対してはこの技は通用しない。

バニシュ自体が効かない敵に対しては使えないように思われるが、ストラゴスが居れば青魔法波紋でバニシュを掛けることも出来る。
最もそこまでするくらいならアルテマ連発で凌げると思うが……。

しかしながらGBA版では元々即死が無効の敵に対してはバニシュ→デスを使ったとしてもミスするようになってしまった。
これによりこの最凶の技はGBA版では使えない(とはいえ魔法の必中効果は残っているので即死耐性の無い敵には相変わらず有効)。
逆に言えば味方が透明状態になっても即死耐性で即死をガードできるようになったということではあるが。

DDFFではマップスキル「バニシュ・デス」として登場。
自軍より低レベルの敵に無条件で勝利する。
元の凶悪さに比べるといささか地味だが、そんなことより登場したこと自体驚きである。
(前作時点で同じく6の裏技が元の「機械装備」があったりもしたが)

似たような存在

実はスクウェアと合併前のエニックスのゲームでも、バニシュ→デスと似たような最凶の呪文が存在した。
SFC版『ドラゴンクエストI・II』のDQ2におけるマヌーサザラキである。
実はSFC版DQ2では、マヌーサが掛かった敵には即死呪文であるザラキが100%成功するのである。
同作でのザラキの効果は「敵に254ダメージを与える」を内部処理で行うため、敵のHPが255以上あるなら「254のダメージ!」というメッセージが出る。
そのため、マヌーサが有効な全ての敵を即死させることはできないが、同作の戦闘バランスにしては壊滅的な被害を与えられることに変わりはない。
ハーゴンにはマヌーサが効かないが、3幹部のアトラスバズズベリアル、そしてラスボスのシドーには有効。

ザラキの使い手であるサマルトリアの王子自身はマヌーサは使えないが、道具として使うとマヌーサと同じ効果が得られる光の剣があれば、サマルトリアの王子1人で使うことが出来る。
SFC版DQ2でそれまで「弱い」イメージが定着していたサマルトリアの王子が、一気に最強キャラへと変貌してしまった恐ろしい技である。

この技の原理はプログラムミスによるもので、SFC版DQ2では通常、状態異常系呪文を使う際に対象が既にその状態異常にかかっていた場合、「100%命中する」という判定で処理するようにしている。
ところがラリホーマホトーン・マヌーサはそのまま問題が無いのに、設定ミスでザラキの判定にもマヌーサ状態の有無を見るようにしてしまっているので、既にマヌーサが効いている敵には必ずザラキが通じるようになってしまうのだ。

当然のことながらこの技は、GB版以降では修正されていて使えない。

バニシュ→デスとよく引き合いに出されるが、FF6におけるバニシュは「物理攻撃に対して無敵になる代わりに魔法攻撃に無防備になる」という意図して弱点として設定された仕様が結果的にバランスを崩してしまっただけであり、挙動そのものがバグであるマヌーサ→ザラキとは事情が異なる。
結果としては一緒だが・・・。

ポケモンではこころのめ+ぜったいれいどで同じことがフリーザーで使えるが、ポケモンは対戦ゲームなのでだいたい予測されて対策を取られる。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「バニシュ→デス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14539

コメント