ピクシブ百科事典

ファイナルファンタジー2

ふぁいなるふぁんたじーつー

ファイナルファンタジー2は、1988年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたゲームソフト。ファイナルファンタジーシリーズの第2作。
目次[非表示]

概要

これまでのRPGにあった「レベルアップによる成長」ではなく、戦闘時の行動や受けたダメージよりステータスが上昇するという独自のシステムが話題になった作品。
この作品以降のFFシリーズには採用されなかったがSa・Gaシリーズに取り入れられ、Sa・Gaシリーズの原点となった作品である。
パーティの4人目の入れ替わりが多いので、時期によっては三人のみで行動しないといけない。

ストーリー

地獄の底から魔物を呼びよせたパラメキア帝国の攻撃により、故郷のフィン王国を追われたフリオニールたちは瀕死の重傷を負うものの、フィン王国の王女ヒルダと魔導師ミンウの手により命を救われた。
意識を取り戻したフリオニール、マリア、ガイの3人はパラメキア帝国打倒と、マリアの兄レオンハルトを探すために旅立つのだった。

当時の国産RPG、ましてやファミコンでヒロイックファンタジー色の薄い戦争物、しかも幾度となく仲間の死を目の当たりにするシリアスストーリーは異例のものでかなりの話題になり、良くも悪くも後続のRPGにかなりの影響を与えた。

登場キャラクター


リメイクなど

  • FC:1988年12月17日
  • FC(I・II):1994年2月27日
  • WS:2001年5月3日
  • PS:2002年10月31日
  • GBA:2004年7月29日
  • i:2005年2月4日
  • EZ:2005年12月16日
  • S!:2006年7月3日
  • PSP:2007年6月7日
  • バーチャルコンソール:2009年6月16日(FC版が配信)
  • ゲームアーカイブスPS3/PSP]:2009年7月8日(PS版が配信)


ソウル・オブ・リバース(SOR)

GBA版・PSP版にあるFF2の新エピソード。死後の世界「ラキア」を舞台に本編で非業の死を遂げた者達が謎のラキアの真相を追う物語となっている。
本編クリア後にクリアデータを読み込む事で開始できるのだが気を付けないといけない点として、

『パーティから死亡離脱する該当キャラクターを生前にある程度育てておかないと少なくとも序盤で苦戦する羽目になる(内一人はSORで初めてパーティキャラとして登場する)』
『死亡離脱する事を見越して装備を剥ぎ取るとSORで後悔する事になる』


ネタバレになるが、特にミンウをこのソウル・オブ・リバースを見越して育成しておく事が推奨される。
本編では見せ所の少なかったゴードンも、回避レベルと魔法防御レベルを上げておくと、スコットに反映される。
なお、本編とは別のセーブデータ扱いとなるので記録は別のファイルに行わなければいけない。

SORストーリー

アルテマの封印を命と引き換えに解き死んだミンウ。死後その魂は禍々しい場所へと辿り着いた。この場所が生前から言い伝えられていた地獄のジェイドなのか…?あるがままに進むと、スコットが魔物に襲われている光景に出くわし加勢する事でなんとか魔物を退いた。進むにつれ同じく非業の死を遂げたヨーゼフ、リチャードと出会い4人はこの地が言い伝えのジェイドではないラキアと呼ばれる謎の世界である事を知る。彼等が死後に巡りあったのは偶然だったのか?果たしてこの世界は一体何なのか…?

小説版

寺田憲史によるノベライズ『ファイナルファンタジ-2 夢魔の迷宮』が上梓されている。原作ゲームとは設定や描写がおおいに異なる。
冒頭のミシディアでの謝肉祭で行われる「婿選びの儀式」など性的要素をほのめかす一方、拉致されたヒルダが凌辱されていたと思しき描写や、レイラをかばった酒場の店主が居合わせた客ともどもパラメキア軍に皆殺しにされるなど、薄暗い要素が見られる。

主な違い

  • ヨーゼフ、リチャード、シドは登場しない。
  • ミンウは老いた白魔導士としてちょっとだけ登場。死亡しない。
  • 反乱軍が撤退したのがアルテアではなくディスト。
  • フリオニール達はフィンではなくミシディアで暮らしている。
  • もともとヘタレ扱いだったゴードンの描写がさらにひどいことに。


余談

ファミコン版はネームエントリーを終了した途端に唐突に戦闘が始まるのだが、リメイク版以降はオリジナル版では電源投入時に流れたオープニングがネームエントリー後に流れる仕様になった為に、唐突さは無くなった(GBA版などオープニングが省かれた機種もある)。
このオープニングで「(城を奪われ辺境の街アルテアへと)てったいしなければ ならかった」と誤植されていたのは一部で有名。のちにFF1とのカップリング版で発売された時点で「てったいしなければ ならなかった」と修正され、GBA以降の移植版では「てったいを よぎなくされた」に変更されている。

何かと残念な事が語り草となっているファミコン版FF2の究極魔法「アルテマ」は、リメイク版は仕様が変更されて条件を満たすと強化される。

ファミコン版はある手順を踏むと「魔法の本」を装備できるバグがあるのだが、効果は本によって様々なもののセーブデータ破損のリスクがあるので注意。

レベル上げでファミコン版での仕様を突いたテクニック(?)は、GBA以降のリメイク版では仕様変更によりできない。

リメイク版にはミニゲームで「神経衰弱」がある所で隠しコマンドを入力して遊ぶ事ができる。タイムアタック制で早くクリアすればするほど賞品が豪華になる。さらに「トード」の熟練度が16の状態でこの神経衰弱を起動すると難易度がアップするも通常よりも賞品が豪華になる。

関連イラスト

お手本ケアル
22222!!!


ソウルオブリバース!
仲間たちの記憶



関連タグ

表記ゆれ
FF2 FFII FFⅡ ファイナルファンタジーII ファイナルファンタジーⅡ

ファイナルファンタジーシリーズ フリオニール 皇帝
ウボァー のばら パーティーアタック
レトロゲーム ファミリーコンピュータ ファミコン ワンダースワン プレイステーション

ブレイブリーセカンド:本編開始時にFF2を髣髴させるイベントが発生する。

関連記事

親記事

ファイナルファンタジーシリーズ ふぁいなるふぁんたじーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ファイナルファンタジー2」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ファイナルファンタジー2」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194638

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました