ピクシブ百科事典

レオンハルト(FF2)

れおんはると

ゲーム『ファイナルファンタジー2』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV山口隆行(PS1版・PSP版) 、小原雅人(DFFOOより)

19歳(小説版設定)。
元々はフィンで暮らしていた青年。
しかしパラメキア帝国による侵攻を受けて、両親は殺害され、レオンハルト自身も、実妹のマリア、義弟のフリオニール、ガイと共に追われる身となった。
ついには追っ手の黒騎士の集団に挟み撃ちされ、全員殺された…と思われていた。
だが、ミンウによる治療が早かったため、一命を取り留める。
…というのはフリオニールたちの話。

彼はそんな中、1人姿を消していた。

とはいえ、死体が発見されたわけではない。
ヒルダたちがフリオニール一行を発見して救助したとき、彼の姿は既にその場になかったのだ。

やがて反乱軍の兵となったフリオニールたちは、パラメキア帝国の皇帝を追い詰め、倒す。
ようやく長い戦争も終わりを告げた、誰もがそう思っている次の瞬間に、
唐突に凶報はもたらされた。

「た、大変です!
 ダークナイトのレオンハルトが 皇帝に即位しました!
 新生パラメキア帝国は 我々のもとに軍を派遣し… 横暴な虐殺を…
 ぐふっ!」

それまで皇帝の片腕的ポジションとして何度か姿を見せていた
漆黒の騎士「ダークナイト」。それが、彼だった。
妹のマリアは、きっと皇帝の魔法か何かで操られているのだと見当をつける。
もともと一緒に暮らしていたフリオニール一行なら説得できるかもしれない、
そう決心してパラメキア城へと訪れた彼らに、
レオンハルトは己が直面した現実を語る。

「この世を 支配するものは何だ?
 それは 圧倒的な強さだ…!
 俺は皇帝の座を 手に入れたのだ!
 弱き者は、強き者に 支配されなければ 生きていけぬのだ…!
 反乱軍は…
 帝国の力にあらがった結果 いくつの命を 無駄にしてきたのだ…!?

その「いくつの命」の1つが、他ならぬ自分自身だったこと。
彼は、こうした理由により、自ら皇帝に従って行動していた。
ある意味では「真にFFシリーズ最初の裏切りキャラ」なのだが
死に直面したのと同時に現実を知ったのでは無理もないとも言える。
しかしそんな彼の意思を砕いたのは、死んだはずの皇帝だった。

地獄から戻って来た皇帝は、彼の言う「支配」とはかけ離れた考えを持っていた。
命あるもの全てを殺し、世界を破壊しつくす——
それは、レオンハルトの考える「弱者は強者に従う」という哲学とも相容れないものだった。

この一件で、彼はフリオニール一行のもとへ再び戻ってくる。
これまで幾人もの仲間が犠牲になったことを悲しむマリアに対して
「奴を倒さぬ限り… さらに多くのものが死ぬ…!」と諭す様子は
誰よりも皇帝の恐ろしさを知っていたのかもしれない。

改心したわけではない。
でも、世界を破壊しつくす皇帝を放っておくわけにもいかなかった。
だから、この同行は、共同戦線といったところなのだろう。

そして皇帝を今度こそ倒したとき、彼は一行と別れ、1人旅に出る。
「俺たちは… もう昔には戻れない…。」
フリオニールたちとは、あまりにも歩んだ道が違いすぎた。
いつの日か、再び穏やかに暮らしていける日は、彼に戻ってくるのだろうか?

関連イラスト

対峙と衝撃
義兄弟





関連タグ

ファイナルファンタジー2

pixivに投稿された作品 pixivで「レオンハルト(FF2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10301

コメント