ピクシブ百科事典

皇帝(ファイナルファンタジー2)

こうてい

『ファイナルファンタジー2(FF2)』に登場するパラメキア帝国の支配者。
目次[非表示]

概要

FF2に登場するボスキャラクターで、世界征服を企むパラメキア帝国の支配者。哲学的・思想的な動機をもつ場合が多いFFの黒幕の中で、「世界征服」という非常にシンプルでわかりやすい動機をもつ稀有な存在。
作中ではフリオニール達の故郷のフィン王国を始めとした様々な国家を襲撃、瞬く間にパラメキア帝国の領土を広げていった。また、元々強力な魔力の持ち主でもあり、魔物を世界各地に呼び出したり巨大要塞の周囲に竜巻を発生させるといった事もやってのけている。

一度はフリオニール達に倒され死亡するものの、悪魔に魂を売る事で地獄のパワーを身に付けて蘇り、その後パラメキアの城があった場所に地獄から伸びるパンデモニウムという城を作り上げた。
この時の皇帝は世界征服など全く考えておらず、ひたすら「世界を破壊すること」のみを考えてしまっている。
最期はパンデモニウムに乗り込んできたフリオニール達との激闘の末、変な断末魔と共に今度こそ息絶えた。

生前の姿および死後蘇った姿、PS版のムービーに登場する大幅にアレンジされた姿など、公式でも多くの姿が存在するが、Pixivでは生前の姿、特にディシディア版の派手に装飾された黄金の鎧をつけた姿で描かれる場合が多いようである。
劇中で本名が明かされることはないので、呼び名はそのまま「皇帝」。小説版FF2では「マティウス」という本名が存在しており、以後も直接本名であると明言こそされないものの、ディシディアやFF12にて皇帝に関連する形でこの名が登場している。そのため、原作FF2の皇帝の本名もマティウスであると解釈されることが多い模様。
倒れる際の断末魔「ウボァー」は、FF2発売から現在に至るまで語り草となっている。モンスターとしての表記はひらがなで「こうてい」。

リメイク版において

GBA版以降のリメイクで追加されたシナリオ「Soul of Re·birth」では、「善の皇帝」と呼ばれる隠しボスが登場。こちらは死後から蘇った禍々しい姿の皇帝とは対照的に、某衣装がすごい演歌歌手を彷彿とさせるような見た目となっている。
Soul of Re·birthのシナリオでは、皇帝がフリオニール達に敗れて蘇った時に「善の皇帝」と「悪の皇帝」に分かれた事が判明。本編でフリオニール達が対峙したのが悪の方で、善の皇帝は死後の世界・ラキアにアラボトと言う宮殿を作り上げ、本編で命を落としたミンウスコット達を呼び寄せた。
生前の自身の罪や現世で悪の皇帝が暴れ回っている事に対して心を痛めており、そのセリフの数々は一見すると良い人のように見えるが、これらをよくよく読み解いていくと「命令だ。私を許せ。許さなければ貴様らを殺す。」という一方的な意見となっており、根本的な性質は悪の皇帝と何ら変わらない(つまり上から目線で下手に出てるだけで当然ながらミンウ達からは「ふざけるな」と返されている)。
帝国によって殺された人々はここに強制的に集められており、しかも生前に出会った帝国兵たちより厄介なモンスターが跋扈しており、襲われた人々はここでもほとんどの者が殺されている。また(マップが反転させただけの使いまわしという事情もあるが)周囲はジェイドやパンデモニウムそっくりの、地獄と思うほどの凄惨なもので、事実ミンウ達は皇帝と対面するまでは自分たちがいるのはパンデモニウム=地獄と思っていたほどである。
注目は、これが「彼の元々持っている良心の部分」であること。良い人を演じていたとか、騙すつもりだったわけではなく、この態度が彼の純粋な正真正銘の良心なのである。光堕ちしてもこれでは意味が無い。割と珍しいキャラクター像である。

言葉巧みにミンウ達を誘惑しようとするも、突如現れたヒルダネリー達の幻影の激励によって目が覚めた彼らと戦う事になり、激戦の末に敗れ去る。
断末魔はもちろんウボァー。

先述の「悪の皇帝」との言動を比較すると、「悪の皇帝」はひたすら「破壊」のみを考えており、生前の「支配」に対する感情が一切見えない。世界を滅ぼせば征服する意味すらなくなるのに、である。
一方で「善の皇帝」はどんな理由(正当な復讐や動物への殺傷等)であれど「破壊」を「悪」、己による「支配」こそが「善」と考えており、これはミンウたちを説得(という名の脅迫)している際にも顕著に表れている。
この善悪を総合すると『「破壊」の力によって侵攻し、すべての国家を己の「支配」化に置こうとする』という、生前の彼の考えとぴったり一致するものとなる。つまり彼にとって「善」とは「己による支配」ということなのだ。その「善」の為には相手の意思など考慮する必要もないという傲慢さがよく表れていよう。

DFFシリーズ

CV堀内賢雄
DFFシリーズではカオス側のプレイヤーキャラとして登場する。デフォルトの姿はリメイク版で登場した善の皇帝の姿が採用されている。
表向きはカオスの戦士として振舞っているが、その腹の内に秘めた支配欲は健在。あの手この手の策略を巡らせて神々の闘争の世界を我が物にしようと企む。
本作にて対戦で敗れた際のボイスとして、声付きの「ウボァー」が聞けるようになった。特にストーリー終盤における再戦時にて放つそれは必見。
この他、作中では使われなかったサンプルボイスにも二種類の「ウボァー」が収録されているなど、まさにウボァーづくめであり、ティーダにはその変な断末魔についてツッコまれる。
また、ケフカには「役立たず以下」「獲物」と罵倒されているが、当の本人は「一度、地獄を知るべきだな!」「愚か者は檻に入れてやる」と彼に不快感を抱いている。

12回目の戦いでは、当時カオス陣営だったティーダをそそのかし、コスモス陣営だったジェクトと戦わせる。しかし、そこへユウナが介入した事でティーダが元の世界の記憶を取り戻し始めようとした為に妨害、咄嗟にユウナを庇って重傷を負ったティーダを助ける為にジェクトが自身の力を分け与えて力尽きようとした所、彼をカオス陣営の拠点へと拉致する。この結果、13回目の戦いでティーダとジェクトはそれぞれ所属する陣営が入れ替わる結果となった。

戦闘では直接取っ組み合いになるような事はほとんどせず、様々なトラップを仕掛けての戦いとなる。
こちらから積極的に攻撃するのは難しいが、トラップの設置方法によっては相手の動きを大幅に制限する事も可能。エクスデスやジェクトと並ぶ上級者向けと言える。

pixivのタグとしては、「皇帝」の方が主に使われる。

関連イラスト

跪け。
エア玉座


関連タグ

ファイナルファンタジー2 ディシディア DFF ウボァー フリオニール

外部リンク

FF用語辞典内【こうてい】/FF2

pixivに投稿された作品 pixivで「皇帝(ファイナルファンタジー2)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592

コメント