ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

このままながめてるのもいいか

このままながめてるのもいいか

ゲーム『ファイナルファンタジー6』にて、セリスの初登場時に登場する選択肢の一つである。
目次 [非表示]

(クサリをはずしてやるか)

ニア(このままながめてるのもいいか)



概要

ロックがサウスフィガロ脱出ルートを探索中、セリスがある民家の地下室で両手を鎖で繋がれ、兵士に暴行を受けている姿を発見する。

その後、セリスの前に立ったロックの脳裏に浮かぶのが、上記の選択肢である。

物語を進行させるには彼女に話し掛け、鎖をはずしてやる必要があるのだが、殆どのぼうけんかは何故か一度はながめていることを選んでしまうという・・・。


Pixivでは、セリスが地下室に繋がれている際の構図や、思わずこのまま眺めていたくなるようなイラストのタグとして付けられる。

カードダスのこのシーンを再現した絵はよくこの絵が全年齢向けで通ったなと言いたくなる構図であった。


なお、真面目に考察するならば、ロックはガストラ帝国に恨みを抱いており、「元」とはいえ帝国の将軍だった女性が痛めつけられていることに対して「いい気味だ」と眺めていたとしても、決して彼を責められまい。

しかしもちろんロックは彼女を見放すことをよしとせず救出。後々、セリスと行動を共にするうちに彼女を命を賭けてでも守ることを決意するようになるのだから、世の中わからないものである。


なお、GBA版ではCERO対策の為か暴行シーンはカット、それに伴い選択肢も修正されている。代わりにVCで配信されたSFC版は基本的に元のバージョンをそのまま配信する為CERO-Bの判定となっている。

ピクセルリマスター版でも修正された。



一聞するとやらしい台詞に聞こえるが

実は、「ながめている」うちにセリスがリターナーの敵の帝国関係者からレイチェルに見えてくる様子を表すモノローグだったりする。

セリスが帝国に離反し、帝国兵に痛めつけられる姿までそっくりなので見ていられなかったのであろう(その時のレイチェルの姿がやらしかった可能性はある)。

二律背反が二律背反ではなくなるまでの巧みな心理描写なのだ。



このままながめているのもいいかの再来?

世界崩壊後に浮上不可能になったフィガロ城の動力部に蔓延っていた謎の触手との戦いで当然ながら触手だけあってパーティに絡みついてくる。世界崩壊後はセリスが仲間を探す中心的存在なので加わっているわけだが、ハイレグレオタードに触手というすごい組み合わせである為、絡まれている最中はこのままながめるのも可能である(ただし、男性陣も絡まれている為、「ながめる」のはプレイヤーの君たちである)。



関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

ファイナルファンタジー6 拘束 セリス・シェール R-18 R-18G

選択肢

関連記事

親記事

セリス・シェール せりすしぇーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24394538

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました