ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

シド・ポレンディーナはRPG『FF4』の登場人物シドのフルネーム(ただし、作中ではシドとしか呼ばれない)。
DS版のCV永井一郎氏。

バロン王国の技師で、飛空艇の発明者にして第一人者。信条は「科学もまず体力から」であり、ごつい見た目の通り筋力・体力は優れておりハンマーを振るわせれば戦士としても通用し、何かあっても部下の技師たちから「まず殺しても死ぬような人じゃない」と気にされないほど超人的なタフネスの持ち主。どこで身に付けたのか、敵モンスターの弱点を見抜く眼力(コマンド「しらべる」)も持つ。豪気で一本気な中年オヤジであり、孤児のセシル・父を亡くしたカインローザバロンの若者3人組にとっては父親のような存在である。バロンの城下町に住む一人娘が居るが、妻には先立たれている。

戦闘面では装備できるのは斧・弓・ハンマー。高い攻撃力に重装備可能という典型的な前衛キャラで、他に特殊攻撃などもないため、通常攻撃でゴリゴリ殴るのが基本的なお仕事。似通った性質のパラディンセシルに比べると、補助能力や幅広い装備適性を持つあちらに汎用性で劣る分、単純な攻撃力の高さではこちらに軍配が上がる…と言ったところ。
専用コマンドは敵のステータスを確認できる「しらべる」だが、同じ効果を持つライブラと性能は全く変わらず、勝っているのはMPを消費しない点のみ。
惜しむらくは加入時期が短いこと。仲間になるのがカイナッツォ撃破~地底の城までなので永久離脱を惜しまれるキャラの1人。加入直後はあの「伝説のパーティー」となるのも語り草である。

物語の途中、敵の船団に爆弾を抱えて突っ込み死亡したかと思われたが、しっかり生きていた。
その後も怪我を負いながら、飛空艇の改良に尽力してくれた。
のちにバブイルの巨人が現れるころになると完全復活した模様。GBA版以降のバージョンではメンバーチェンジで最終決戦へも参加してくれる。HPは高いが、Lv70以降に素早さを上げたいならレベルアップの時にしっかりチェックする必要がある。また、両手武器が中心になるため、追加ダンジョン級の強敵相手には、盾を扱いにくい弱点も前衛だと響いてくるので要注意。

続編『FF4TA』でも、髭は白く長くなっても矍鑠として、プレイヤーキャラの一人として活躍してくれる。ドワーフの王女ルカや孫のミドを弟子に加えた。

関連イラスト

シドと子セシル
シド
おじいちゃん!
シド



関連項目

ファイナルファンタジーシリーズFFシリーズ
飛空艇 シド FF4 FF4TA
伝説のパーティー

関連記事

親記事

ファイナルファンタジー4 ふぁいなるふぁんたじーふぉー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シド・ポレンディーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました