ピクシブ百科事典

おーでぃーおー

おーでぃーおー

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲーム・『ライブアライブ』原始編に登場するボスキャラである。別名オディオザウルス。
目次[非表示]

概要

言葉の無かった原始時代に栄えた一部族・クー族は、神に生贄として少女・べるを奉げようとした。その神として崇められたのが、恐竜・おーでぃーおーだった。外見はティラノサウルスに似ており、人間を生贄として喰う肉食竜である。

だが、べるは逃げ出してライバル部族の少年・ポゴとその相棒のゴリに出会って匿われ、部族の若頭であるざきはべるを巡って戦いを繰り広げ、ついにべるを奪還。族長でもある司祭は彼女を柱に括り付けると祈りをささげ、おーでぃーおーを呼ぶ。そこにポゴとゴリが乱入、原人達を叩きのめしてざきとタイマンで戦っていると、足場が崩れて一同は落下。

錯乱した司祭は、神様を頼るかのように駆けだすが、叫び声と共に返って来たのは彼の骸骨冠…。そこに地響きとともに現れた、人間の十数倍はあろうかと言う巨大な影。これこそが神として崇拝されたおーでぃーおーだった。こいつを倒さない限り明日は無いと覚悟したポゴはべるやゴリを従えて突撃。ざきは一度は迷うが、仲間を喰い殺した仇を倒そうと、かつての敵と共闘すべく雄たけびと共に参戦する。

巨大な外見通りに攻守ともに高く、HPも多い強敵。ムラはあるが多段ヒットする“引き裂き”や麻痺させて突き飛ばす“なぎ倒し”、体低下(防御ダウン)をもたらす“かみくだき”など、爪や牙、尻尾を駆使した肉弾戦もさることながら、巨体で軽々と飛び上がって遠距離にいる敵を潰す“急降下”を必殺技にするので、回復アイテムは必須。
だが、べるを育てていれば“るーるー”と言う強力技を覚えるため、手間はかかるが数発でおーでぃーおーを撃破する事も可能。

原人共と侮っていた人間側の団結の前には、厳しい自然を生きた大恐竜も敵わず、天地を揺るがす地響きと断末魔を発して倒された。

最終編では

オルステッドを主人公に選んだ場合、この恐竜を操作してポゴたち相手に戦うことになる。能力値こそ高いのだが、原始編がヤリコミ要素の強いシナリオのため、ポゴを育てすぎた場合は苦戦を強いられる。その場合は、中世編でオルステッドのレベルを徹底的に上げておこう。
回復や能力上昇を持たない為、早期決戦は必須。しかも主人公以外のレベルが固定であるのでゴリの“ウキッ”(ウンチを投げつけて毒フィールドを作る)で巨大キャラに不利な状況を作られたり、るーるーが使えるべるに大ダメージを与えられる可能性がある。ゴリをなぎ倒しで転ばせたり、べるを早く倒そう。ポゴもレベルが高い場合はわざと離れて「ウォ〜ウォ〜」などの弱い技を使わせたりして工夫しよう。援軍のざきはザコなので無視してOK(というかわざと生かしてほかのメンバーの行動を潰した方が良い)。

他の主人公を選んだ場合、原始編ほど苦戦はしないだろうが、能力自体は高いため油断は禁物。

なお、本能のまま餌を喰らう恐竜でありながら、オルステッドからは憎しみの化身扱いをされている事、そして原始編が言葉の無いシナリオであるため、「生贄をささげる部族闘争の憎しみ」「人間や哺乳類に覇者の地位を奪われた恐竜の怨念」など憶測が飛び交っているが、オディオとしての真相は定かではない。

解析によると、原始編のモンスターは「知」のパラメータが押しなべて非常に低く(キングマンモーすら例外ではない)、そんな中でこいつは中堅程度の知を持つ。本作は、世界観や設定が、敵のパラメータや行動パターンにかなり反映されているため、不自然に高い知を持つこの恐竜は、もしかするとただの野生恐竜ではないのでは、という考察もある。

関連タグ

ライブアライブ 原始編 ポゴ 魔王オディオ

pixivに投稿された作品 pixivで「おーでぃーおー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2478

コメント