2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

おーでぃーおー

おーでぃーおー

スクウェア(現スクウェア・エニックス)のゲーム・『ライブアライブ』原始編に登場するボスキャラである。別名オディオザウルス。
目次[非表示]

概要

言葉の無かった原始時代に栄えた一部族・クー族は、神に生贄として少女・べるを奉げようとした。その神として崇められたのが、恐竜・おーでぃーおーだった。外見はティラノサウルスに似ており、人間を生贄として喰う肉食竜である。

だが、べるは逃げ出してライバル部族の少年・ポゴとその相棒のゴリに出会って匿われ、部族の若頭であるざきはべるを巡って戦いを繰り広げ、遂にべるを奪還。族長でもある司祭は彼女を柱に括り付けると祈りを捧げ、おーでぃーおーを呼ぶ。そこにポゴとゴリが乱入、原人達を叩きのめしてざきとタイマンで戦っていると、足場が崩れて一同は落下。

錯乱した司祭は、神様を頼るかのように駆け出すが、叫び声と共に返って来たのは彼の骸骨冠……。そこに地響きと共に現れた、人間の十数倍はあろう巨大な影。これこそが神として崇拝されたおーでぃーおーだった。こいつを倒さない限り明日は無いと覚悟したポゴは、べるやゴリを従えて突撃。ざきは一度は迷うが、仲間を喰い殺した仇を倒そうと、かつての敵と共闘すべく雄叫びと共に参戦する。

巨大な外見通りに攻守そろって高く、HPも多い強敵。ムラはあるが多段ヒットする“引き裂き”や麻痺させて突き飛ばす“なぎ倒し”、体低下(防御ダウン)をもたらす“かみくだき”等、爪や牙、尻尾を駆使した肉弾戦に加え、巨体で軽々と飛び上がって遠距離にいる敵を潰す“急降下”を必殺技にするので、回復アイテムは必須。
だが、べるを育てていれば強力な大技“るーるー”を覚える為、手間はかかるが数発でおーでぃーおーの撃破も可能。

もし、隠しボスであるキングマンモーを倒して「コーラのビン」を入手していた場合、これを使用すれば瞬殺できる。オリジナル版では「最終編へアイテムを持ち込むには、主人公に装備させなければならない」制約上、使いにくかったが、リメイク版ではその制限が撤廃され、容赦なく瞬殺される場合も。

原人共と侮っていた人間側の団結の前には、厳しい自然を生きた大恐竜も敵わず、天地を揺るがす地響きと断末魔を発して倒された。

原始編のEDから察するに、おーでぃーおーが縄張りとしていた一帯は、緑が豊かな明らかにクー族やポゴの部族たちの住む土地よりも肥沃な大地であり、和解した二つの部族はこの地で暮らすことにした模様。

尚、オディオ達の中ではあるを除いて、戦闘に突入して初めてその全貌が判明するオディオである。

しかも、明らかにおーでぃーおー側の視点なのも特異である。

最終編では

オルステッドを主人公に選んだ場合、この恐竜を操作してポゴ達相手に戦う。能力値こそ高いのだが、原始編がヤリコミ要素の強いシナリオの為、ポゴを育て過ぎた場合は苦戦を強いられる。その場合は、中世編でオルステッドのレベルを徹底的に上げておこう。
回復や能力上昇を持たない為、早期決戦は必須。しかも主人公以外のレベルが固定であるので、ゴリの“ウキッ”(ウンチを投げつけて毒フィールドを作る)で巨大キャラに不利な状況を作られたり、べるの“るーるー”で大ダメージを与えられる可能性がある。ゴリをなぎ倒しで転ばせたり、べるを早く倒そう。ポゴもレベルが高い場合はわざと離れて「ウォ〜ウォ〜」等の弱い技を使わせたりして工夫しよう。援軍のざきはザコなので無視してOK(わざと生かして、ほかのメンバーの行動を潰した方が良い)。

他の主人公を選んだ場合、原始編ほど苦戦はしないだろうが、能力自体は高い為に油断は禁物。

尚、本能のまま餌を喰らう恐竜でありながら、オルステッドからは憎しみの化身扱いをされている点や、そして原始編が言葉の無いシナリオである為、「生贄を捧げる部族闘争の憎しみ」「人間や哺乳類に覇者の地位を奪われた恐竜の怨念」等の憶測が飛び交っているが、オディオとしての真相は定かではない。
だが、SFC時代の一部の攻略本に記載されたイラストの中には、おーでぃーおーは傷によって隻眼と化しているモノが存在する(後述のイラスト参照。また、リメイク版のグラフィックでは明らかに表皮の色と異なる、縦一文字の赤い筋が見られるようになった)為、シンプルに「自らに傷を負わせた存在に対する復讐心」「負傷し目を失ってしまった自己憎悪」も有り得るかも知れない。

MEGALOMANIA



解析によると、原始編のモンスターは「知」のパラメータが押しなべて非常に低い(キングマンモーすら例外ではない)中で、こいつは中堅程度の知を持つ。本シナリオは世界観や設定が、敵のパラメータや行動パターンにかなり反映されている為、不自然に高い知を持つこの恐竜は、もしかすると「ただの野生恐竜ではないのでは……?」との考察もある他、オルステッドの介入によって彼が持つ憎しみを中心とした、負の感情や知識を受け継いだ可能性も。

また、オルステッドは恐竜が何故滅んだかを知らないと思われる。いずれにせよ本能のまま餌を食らうのは、餌が絶滅した途端に自らの絶滅を招く事態であり、それに気付く頭に無かったと思われる。勝利と敗北だけの話ではないのだ。

余談

一部の攻略本ではオディオサウルスのおーでぃーおー』と記載されており、ティラノサウルスではないようである。

史実の恐竜白亜紀後期の環境変化(巨大隕石衝突等)で滅んでいったとされる。また、人類(原始人類)と大型恐竜は遭遇すらしていない。その為、この原始編は現実の原始時代とは極めて似ていながらも、全く異なった時間を歩んだ世界である点だけはうかがえる。
ただ、ポゴ達が最初に向かう狩場には、この"おーでぃーおー"の姿とよく似た恐竜の白骨が遺っているので、やはりこの世界でも恐竜は絶滅しているとする見方もある。

ちなみにリメイク版のTIPSにて、狩り場の白骨はそこの主で、若い頃の長老に狩られたものだと判明し、原始編の恐竜は原人たちによって狩り尽くされたと考察できる。これにより上述の最終編でのオルステッドの言い分も、あながち間違っていないとも推察できる。

また、同じくリメイク版のTIPSによると、べるが生贄に選ばれたのは、クー族は豊穣と安寧を願うべく、おーでぃーおーに価値のあるものを定期的に捧げていたとある。
もしかしたら、おーでぃーおーの決戦場に転がる骨も、クー族にとって価値のある人物達の遺骸だったのかもしれない……。

関連タグ

ライブアライブ 原始編 ポゴ 魔王オディオ

イビルジョー:ある意味似た存在。こっちも捕食本能が半端ない上に、イビルジョーが現れると「その地の生態系が滅ぶ」とまで称されている。

ダンクルオステウスウミサソリ:本能のままに餌を喰らい続けた結果、共食いに陥り絶滅した頂点捕食者繋がり。

関連記事

親記事

原始編 げんしへん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「おーでぃーおー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8446

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました