ピクシブ百科事典

災禍の顕主

さいかのけんしゅ

ゼスティリア及びベルセリアに登場する人物の総称
目次[非表示]

概要

災いの源となる存在。古くから災いの裏には常に災禍の顕主がいたとされ導師の究極の目的はこれを鎮める事。

記録に残っている最古の導師と災禍の顕主の争いは『ゼスティリア』の時代から約1000年前だがメルキオル曰く、以前にも災禍の顕主に当たるような存在が度々歴史で現れていたらしい。

歴代災禍の顕主

パクス・メリオダスメリオダス王約1800年前の時代。メリオダス王が大陸を統一し消失の時代から続いた人間同士の戦乱を終わらせる。
アスガード戦国期ディンドラン約1300~1100年前。大陸の覇権をめぐる継承争いが勃発、ディンドランは百戦将軍と呼ばれ活躍した。
アスガード統一期ベルベット・クラウ約1000年前。導師アルトリウスと「災禍の顕主」ベルベットによる争い。記録に遺されている最古の災禍の顕主。
デス・エイジ名称不明約200年前。アイゼンにより当代の災禍の顕主は喰い殺された。
未知の時代ヘルダルフ約20年前から続く災厄の時代。導師スレイが災禍の顕主ヘルダルフと決戦を繰り広げた。


通常人間の憑魔化の最終段階に着くと、人間は理性を失い自我もまた失くしてしまう。
だが稀に自我を失わず、容姿も業魔に完全には化さない場合がある。これらの多くが災禍の顕主となる。

関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブベルセリア 天族

関連記事

親記事

テイルズオブゼスティリア ているずおぶぜすてぃりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「災禍の顕主」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18611

コメント