ピクシブ百科事典

ジン=キサラギ

じんきさらぎ

アークシステムワーク制作の2D対戦型格闘ゲーム「BLAZBLUE(ブレイブルー)」の登場人物。
目次[非表示]

タグは「ジン」のみの登録が多い。

プロフィール

身長178cm
体重61kg
誕生日2月14日
血液型A型
出身地イギリス
趣味ビンテージもののバイク集め
大切なものない
嫌いなもの弱いもの、肉料理
ドライブ名零刀(フロストバイト)
性格冷静沈着で他人には無関心だが、衛士としても指揮官として非常に優秀。しかし、本来の性格は野心家で嫉妬深く、独占欲が非常に強い。
CV柿原徹也


人物

主人公・ラグナの弟で、ヒロイン・ノエルの上司。
イカルガ内戦で戦果を上げ、少佐に昇進し、「世界虚空情報統制機構(以下、統制機構)」第四師団師団長になった衛士。名家・十二宗家の一つ、キサラギ家の次期当主候補。
性格は沈着冷静でドライ。無駄を嫌い、クールに物事を判断する一方で、執着している物への嫉妬心・独占欲の強さといった本性を隠している。

武器は「ユキアネサ」。

普段は無表情の美男子だが一部の相手には態度が極端に変わる為、ユーザーの反響が大きかった。これについては「ジンはカイとはまったく違った方向で“一度見たら忘れられないキャラクター”にしたかった」との事。

ちなみに統制機構施設の近くに倉庫を有しており、そこに趣味のビンテージもののバイクやそのパーツを大量に保管し飾っている。だが肝心の免許を持っていないらしく、運転することはない。主に磨いたり観賞したり、たまに乗る真似をする程度である。

アーク公式の通販グッズで抱き枕カバー化。森プロデューサーが初めて描いたカバーイラストでもある。完成イラストはこちらを参照。簡潔に言うとエロい

キャラクターの性能

どの間合いにも対応でき、飛び道具・対空技(無敵対空技含む)・突進技と一通り揃っている。
体力「11500」、ネガティブペナルティ耐性「6」、ガードプライマー「5」となっているので防御力は高く、ラグナとは対照的。
扱いやすい技が揃っているので、ラグナと同じく初心者向けだが、守り重視の性能になっている。

ドライブ技の効果は相手を氷結させる。『CT』はレバガチャしか回復手段がなかったが、『CS』では自動解氷になり、「のけぞり」と同じ効果になっている。
また、彼だけパワーゲージに相当する「ヒートゲージ」を25%消費することで、氷結効果が付く必殺技が出せる特徴を持っている。ジンの場合、ノーゲージでドライブ技の効果が追加される必殺技が出せるのはさすがに問題があるゆえと思われる。

CALAMITY TRIGGER

強キャラに対抗しやすいため、「3強」の次点として扱われる。余談だが中ボスがハクメンじゃないため、他と比べてアーケードモードのクリアが多少楽。

発生が早くカウンターヒットするとリターンが取れる5Bを筆頭に、リーチが短いながら高性能な近接技を持ち、ほとんどの技がジャンプキャンセル可能なので固め性能が非常に高い。うかつに切り返そうとすると対戦相手は痛い目を見る。
暴れ潰し、見えないめくり、対地対空として超高性能な空中飛翔撃など、立ち回りで圧倒的な強さを持ち、飛び道具もあるので「やることがない」間合いがない。また超高速で衝撃波を飛ばす「凍牙氷刃」によって、うかつに遠距離で動く相手に大ダメージを与えることができる。

コンボも簡単で、火力が若干低いものの、それも状況しだい。画面端へ運ぶほどコンボが簡単になり、火力も増加していく。一撃で画面端まで運んでしまう霧槍突晶撃や6Cループなどで運び性能も高い。
リターン、発生、無敵時間などで使い分けられるA~D昇竜により切り返しもばっちり。体力も高くバックステップの性能も良い、といいことずくめ。コンボの見た目もカッコいい。

ジャンプ移行フレームが一人だけ多いという点を除けば、必要なものは全部持っている形。ほとんど不利なキャラがいない。強キャラに相応しい性能である。ただし相手によって立ち回りを変え、アドリブを効かせる必要が多く、安定して勝つのは結構難しい。闘劇ではジン勢は早々と全滅してしまった。

CONTINUUM SHIFT

固め性能が若干落ち、飛び道具の性能などが向上。またリーチの長いJCを獲得し、牽制と立ち回り重視の性能に変化している。

JBの弱体化や各種技の発生鈍化によって、近距離での差しあいが弱くなり、B霧槍でダウンが取れなくなったため安定性が落ち、補正の変更で火力も大幅に落ちてしまった。自分が得意で相手が苦手な距離を意識して動く必要がある。またコンボに雪華塵を組み込む必要性が増したため、やたらCボタンを連打しなければならず指が疲れる。

もっとも依然としてできることは多く、万能さは残っている。めくりなどの崩し手段も多彩で、昇竜の高性能さから相手に生ぬるい攻めを許さない。また非常に判定が厚くどこからでもコンボとして繋がり、初段がヒットすれば全段確定の超必殺技「氷翼月鳴」が強力で、ダメージ保証値が高い。殺しきる能力は高いといえる。

火力差で厳しい相手も多いものの、汎用性の高さと研究の進み、恵まれたプレイヤー性能から、闘劇決勝にまで上り詰めたキャラクターの一人である。

CONTINUUM SHIFTⅡ

画面端へ運んで高火力コンボを行う、というCSⅡのシステムコンセプトが、そのままジンのキャラクターコンセプトであるため、かなり優遇されているキャラである。

各種D技の補正が若干悪化し、6Aからノーゲージで追撃不可となったものの、雪華塵のヒットストップ減少からのコンボ安定化、B吹雪の受身不能時間増加、5Cの対空判定強化などの微調整が施され、かなり使いやすくなっている。
氷翼月鳴もダメージ保障は落ちたものの、乗算補正はよくなり、ゲージの吐きどころは相変わらず豊富。

また裂氷のダメージ増加+受身不能時間増加から、何度も拾いなおす裂氷コンが開発される。これが今作の高火力コンボの筆頭である。
もっとも裂氷にバーストをあわせられると、ジンのほうが死んでしまうのはご愛嬌。

過去  ※ネタバレ注意

かつては兄ラグナ・妹サヤ・養母シスターと一緒に教会で静かに暮らしていた。ラグナ、サヤとは実の兄弟とされている。この頃のジンは月を見ては「落ちてくる」と怖がる泣き虫な性格で現在と大きく異なっていた。兄弟仲は非常に良く、妹サヤは2人の兄の事を慕っていた。

元六英雄「ユウキ=テルミ」はレリウスの依頼でサヤの誘拐のために教会を襲撃。ラグナは重傷、シスターは死亡、サヤと一緒にジンもテルミの個人的要件に利用するため誘拐された。
程なくしてジンはキサラギ家の養子になるが、全てに無関心で冷徹な性格に変わってしまっている。キサラギ家で次期当主最有力候補となり、術式適正歴代1位の成績(後にノエルがその記録を塗り替える)で士官学校へ入学。生徒会長になり半年早く卒業した後、イカルガ内戦に参戦しイカルガ連邦の元首テンジョウを討ち取り内戦は終結した。この功績で2階級特進(実際には1日に1階級ずつ2日かけて昇進)し、史上最年少の師団長となった。その際、テルミはテンジョウを見て何かに勘付いたジンの記憶を消し去っている。
イカルガ内戦については本人も「自分以外にも終わらせることができる人物はいたが、統制機構内部で粛清されていった」と語り懐疑的であり、統制機構に作られた英雄であることを自覚している。また、統制機構やキサラギ家への忠誠心や思い入れは薄く、『CS』後はあっさり離反、獣兵衛に師事し一緒に旅立った。
誘拐後のサヤは統制機構の最高権力者「帝」の地位に就いているが詳細な経緯は不明であり、統制機構に身を置いていたジンもサヤが帝になっていることは『CS』まで知らなかった。

シリーズ通しての一貫した目的は「ラグナを殺すこと」。
当初はアークエネミー「ユキアネサ」の精神支配によって、兄ラグナに病的に執着、殺意を抱いていた。また、精神的に未成熟で幼い部分があり、ラグナへの強い依存心を持っていた。しかし『CS』において様々な人と出会い、会話する中でジンの中にある「秩序の力」(世界を均衡にもたらす力)が目覚め始めた為、ユキアネサを自らの意志に従わせることに成功。秩序の力に目覚めてからは世界のバランスを保つ力としてラグナを殺すことを使命だと感じている。一方で、兄弟としての情や執着もまだあるようで、徹し切れてはいない。
ユキアネサはサヤから渡されたものだが、その入手経路や彼女の真意などは明かされていない。ラグナにとってジンに聞きたかったことでもあった。

外部媒体

スクウェア・エニックスのアーケード用カードゲーム『ロードオブヴァーミリオンⅡ』にVerRE2から参戦。

MMOオンラインアクションゲーム『LOST SAGA-ロストサーガ-』では、ジンのコスチューム4種とそれぞれのコスチュームに対応した技が使用できる。

関連イラスト

/お前ちょっとこっちこいよ\
ジン



関連タグ

ブレイブルー ジン ロードオブヴァーミリオン
ジンツバ ジンノエ
ラグジン ジンラグ ハザジン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジン=キサラギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2654524

コメント