ピクシブ百科事典

ノエル=ヴァーミリオン

のえるゔぁーみりおん

アークシステムワーク制作の2D対戦型格闘ゲーム『BLAZBLUE(ブレイブルー)』の登場人物。
目次[非表示]

※タグは「ノエル」のみの登録が多い

プロフィール

身長157cm
体重48kg
誕生日12月25日
血液型A型
出身地スイス
趣味を書くこと(人には絶対見せない)
通信販売(人と会わずに済むため)
大切なもの両親
嫌いなもの(特に足が多いもの)
ドライブ名チェーンリボルバー
CV近藤佳奈子


概要

第四魔道師団に所属する統制機構衛士。階級は少尉。魔銃ベルヴェルクを使用した二丁拳銃の使い手。
帽子の中にまとめた髪を出すと、ロングヘアであることが分かる。背中が丸出しのミニスカ軍服着用。
貧乳禁句。しかもそのせいなのか、明らかに女性なのに男性と間違われたことすらある(余談で後述)。

ポイズンクッキングの使い手で、『CS』のギャグシナリオや漫画『リミックスハート』ではその腕を遺憾なく発揮した。


孤児だったが、没落貴族であるヴァーミリオン家に養子として拾われる。
養父母はとても優しく、ノエル自身も両親には強い感謝と愛情を感じている。
かつて魔素で凶暴化した獣に襲われ喰われかけたとき、アークエネミー『ベルヴェルク』を発現させた。

自分を養子としたことでさらに生活が困窮してしまった両親に申し訳なさを感じていたが、ある日たまたま「優秀な成績で統制機構の衛士になれば、家の貴族特権を回復できる」という事を知り、両親への恩返しのために士官学校への入学を決意する。

術式適性に関しては突出しており、それまで歴代トップだったジンを追い抜いて、士官学校創設以来トップの数値をマークしている。
漫画版だとツバキは「実技と適正は私より上なのに、筆記は散々」と語っている。戦闘以外は壊滅的。

術式適正の高さから、卒業より半年も早く、表向きはジンの秘書官、裏ではジン直属の特別単独兵&ジンの監視役となることを命じられる。
明らかに不審な命令だったが、上層部は取引材料としてヴァーミリオン家の貴族特権回復のカードをチラつかせてきたため、ノエルに拒むことはできなかった。

ジンの事は苦手だが、衛士として優秀な彼を尊敬している。

家庭用『CS2』では親友ツバキマコトの出会い話が収録されている。

ラグナ=ザ=ブラッドエッジジン=キサラギの妹サヤに瓜二つの容姿をしているため、両名から妹の面影を重ねられて理不尽に辛く当たられることが多い。ジンのことは尊敬の対象であり、ラグナとは立場のこともありぎこちなくなってしまう。

嫉妬している巨乳はパンチラするが、こっちは全くしていない。ゲーマガ本誌で掲載された設定資料で「パンツの色は白」と判明している。
そして、発売中の設定資料集には、その資料が掲載されていない。

一作目『カラミティトリガー』、二作目『コンティニュアムシフト』の途中まで、主人公のラグナとの遣り取りは少なく、これはジン・レイチェルハザマといった縁の深いキャラが多いことも大きいと思われる。因みに、ストーリーに深くかかわっていないタオカカ(それなりの付き合いはある)よりも少ない。

【ブレイブルー】ノエル【壁紙】1280*1080
ノエル



性格

冷静さを装っているが、実際は寂しがり屋な一面を持つ。しかし人見知りが激しく、親しい人間関係を築くのが苦手である(愛用の武器「ベルヴェルク」にはノエルの不安定な精神を安定させる効果があるが、それでも親友のツバキとマコト以外の人との会話は苦手。しかしゲーム中ではそうと分かる場面は少ない)。
可愛いものが大好きと言う外見年齢相応の趣味を持っている。

戦闘能力は高いがそれ以外は異様に不器用で、こと料理に関しては殺人的な能力を誇っている。漫画『リミックスハート』ではあまりのポイズンクッキング故に「デスディナー」と揶揄され、士官学校の生徒からほぼ全員恐れている(ただし特殊な味覚を持つマイに限り、大絶賛)。

センシティブな作品
今更なんだが・・・・図書館が(ry



性能

CALAMITY TRIGGER

 性能の良い対空技の他、発生の早い技を多数持っているインファイター。

 リーチこそ短いものの、ガードさせて3F有利の5A、一人だけ発生が3F早い空中投げなど、フレーム周りが強い。
 特に6Cは全通常技中最速レベルの発生5Fを誇り、攻撃レベルも高くリターンも大きい。対空・差込のみならず、直前ガードと併用すれば相手の連携に割り込んでいけるほどの強さを持っている。

 また、チェーンリボルバーは無敵時間の付いている技が多いので初心者でも扱いやすい。
 CPU戦は6Cとチェーンリボルバーを振っているだけで圧殺できるほどである。

 反面、適当に振っているだけでは反撃を食らう技も多く、スキルを要求される場面があり、安定して立ち回るには慣れが必要。

 コンボ面は6Cループをはじめ、フラッシュハイダー→6Cを数回繰り返すハイダーループが発見される。一部キャラにはBCフラッシュハイダーを連続で入れるさらに難易度の高いネオハイダー(レイチェル相手に6000越え)など、難易度が高いが高火力であるループコンボが多かった。

 稼動末期にはゲージを回収しつつラピットキャンセルを繰り返すことで、1万ダメージに到達するほどの高火力コンボを身につけており、全体として相当なポテンシャルを持つキャラであった。
 もっともアラクネに対しては、ゼロベクトルを出された時点で得意のインファイトができなくなるため、勝つことはかなり難しい。そのため、3強やカルルに隠れてしまう形になった。

ノエル=ヴァーミリオン


CONTINUUM SHIFT

 ロケテでは弱体化ばかりが目立ったが、発生が早くなったAオプティックバレル・発生が早い5Cなど強化部分もあり、中央での4000越えコンボが登場するなど火力はそこそこあるキャラになった。
 しかし強みであった5Aや6Cが弱体化したのは大きく、『CT』のように安定した立ち回りが難しくなってしまった。チェーンリボルバーには新技やモーション変更がなされた。特に5Dは全身無敵のため、無敵技に乏しいノエルには重要な技となった。

 前作のように5Aで固めて6Cで切り返すということが難しくなり、相手の攻撃を5D・4Dでスカしながらカウンター大ダメージを狙うというリスキーな立ち回りを行うプレイヤーも多い。またゲーム全体を通して火力がアッパー調整されているため、ノエルの火力があまり目立たなくなってしまったところも大きく、一般には立ち回りが厳しい点が評価され、弱い方のキャラとして認識されている。

 コンボ面では、前作は高難易度高火力ループコンボが主体であったが、今作もループコンボが発見された。また、ハイダーループが比較的やりやすくなった今作では低難易度高火力コンボが発見されるかもしれない。研究が進むことに期待しよう。

CHRONO PHANTASMA

統制機構の制服を脱ぎ、新衣装となっての登場。ちなみに衣装を用意したのはココノエ。
特徴的だったベレー帽がなくなり、常にロングヘアを露わにするように。
ヘソや腕も剥き出しになったが、ケープを羽織るようになり、帽子同様に特徴だった背中が隠れがちになったので全体的な露出度としてはトントン。

のえるん


ヴァルキリーベイル

 家庭用で追加されたノエルのアストラルヒート。CTアーケード時点からアストラルヒートを保持していたラグナ、レイチェル、ニューを除くと、攻撃モーションが最初に公開された。
※アストラルヒートとは、相手の体力が20%以下のとき、ゲージ100%+バーストゲージ1個消費で使用可能で、ヒットすると確実に相手を倒す即死技(CTの頃の仕様)。

 このヴァルキリーベイル、凝った演出の多いアストラルヒートのなかでも屈指のダサさを誇る。「ノエル=ヴァーミリオン攻略wiki」によると、技の見た目は「ノエルがトコトコと挙動不審に動き回りながら銃を連発している」感じ。
移動しながらの銃撃といえば、映画『リベリオン』のガン=カタを連想させ、おそらく製作者もそれを意識してこの技を演出したかと思われる。
しかしその動きのダサさから、もっぱら「GUN道奥義」とか「ヴァーミリ音頭」と言われる始末である。
 ただ、コンボに組み込むことができるため意外と実用性はある。
CP以降では当身技に一新され、演出も紗夢の我羨惚を彷彿とさせるもの(一枚絵のCGが次々と表示される)に差し替わった。

ばかばかいわないでください
BBノエル


ただし発砲エフェクトやSEはあるものの、我羨惚と違いノエルは終始無言のままだったり、CGのポーズは多彩ながらも、CGの表示回数は12回なのにCG自体は全6種だったりと(つまり同じCGを何度か繰り返し表示している。左右反転もしているので、パッと見ではそこまで違和感はないが……)、これはこれで微妙に締まらないAHではあった。
旧衣装verだと、旧AHと新AHの両方を使用できる。

余談

ノエルは公式イラスト等では基本的に貧乳として描かれているが、
絵師様によっては巨乳化している。これも愛故の行為であろう。

ただ、ゲーム中の立ち絵を含む公式の各種イラストでも(生みの親である森Pのイラスト含め)、そこまで極端な貧乳には見えないイラストも多々あったりする。
ツバキマコト、後に交友関係が追加されたマイなど、身近な親友や友人たちが軒並み豊かなサイズなので、彼女らに囲まれることで過剰な乳コンプレックスを抱いただけという可能性もあるが、
概要欄にもあるように、作中で他キャラから男と間違われるLvのド貧乳扱いされることも珍しくない。
謎である。


巨乳に描かれたノエルの例

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



外部出演

PSPソフト「クイーンズゲイト スパイラルカオス」の出演が決定(担当イラストレイターは高槻ナギー)、更に2011年夏ヴィジュアルブックの刊行が決定している。公開されたイベントシーンでは、本編のようにジンを探している模様。
因みに同社作品である「ギルティギア」のディズィーも既にヴィジュアルブックが刊行され、なおかつこちらも出演が決まっている。

ロード・オブ・ヴァーミリオンRe:2の出演も決定した。

クロスオーバー格ゲーBLAZBLUE_CROSS_TAG_BATTLE』にも出演が決定

関連イラスト

フェンリル!
センシティブな作品
少尉さん
ノエル=ヴァーミリオン



関連タグ

ブレイブルーBLAZBLUEノエル
ガン=カタ 貧乳 地平線 髪下ろしノエル
ロードオブヴァーミリオン クイーンズゲイト クイーンズゲイト スパイラルカオス BLAZBLUE_CROSS_TAG_BATTLE
素体三姉妹 Λ-11 μ-12 ν-13 ラグノエ カグノエ
冥王イザナミ サヤ

ストーリーでの活躍(ネタバレ)




















ここから先は、ブレイブルー本編のネタバレを含みます




















CT以前
実は彼女は人間ではなく、次元境界接触用素体(人間にとって有害な境界の中を探索するための生体兵器)で、ラグナ・ジンの実妹「サヤ」のクローンである。製作者はレリウス。だが本人曰く「失敗作」とのこと(逆に成功とされているのはニュー)。本来ならイブキドの破壊とともに死亡している運命だったが、度重なるループの歪みにより偶然生き延び、事件後ヴァーミリオン家に引き取られた。

上述の通り出身地はスイスではない。発見された場所は破壊された都市「イブキド」なのだが、いつ・どこで作られたのかは分からないので出身地自体は不明(ただし時期に関してはサヤは2192年に誘拐され、ノエルは2194年12月25日に目覚めたので、この間だと思われる)。

素体らしく機械的に話すニューやラムダと違い、目覚めた時に別の人物の魂の影響で記憶喪失になったことや、優しいヴァーミリオン夫妻(義理の両親)のもとで(平民に比べれば)裕福な生活を送ったことから、人間らしく育ち、家族や士官学校の友人達からも普通(?)の少女として扱われている。

CT
失踪したジンの追跡という名目で、ハザマと共にカグツチにやって来る。

本来はここでラグナとニューが共に窯に落ち、世界のループの発端となる出来事が起こるはずだったが、そこにノエルという存在しないはずの人物が介入し、窯に落ちるラグナを助けたことで、ループが断ち切られ世界は新たな一歩を踏み出すこととなった。

だがこの一連の騒動の裏にはテルミの存在があり、彼の策略によってノエルは蒼の継承者となってしまう。そしてテルミ(ハザマ)の不意を突いた登場により、反射的にテルミを観測してしまったことで、それまで限定的にしか動くことができなかったテルミが、この世界に強く干渉できるようになってしまった。

CS
あてもなくカグツチをふらついていたが、ノエル抹殺の指示を受けたツバキと出会い、彼女と不本意ながら戦うことになる。何とか戦いに勝利するも、ツバキがテルミに利用され肉体に極めて大きな負担のかかる封印兵装・十六夜を使わされていたことを知る。

友人が利用されたことに怒り、一人テルミのもとへと向かうが、テルミにはまるで歯が立たず軽くあしらわれてしまう。そして自分が人間ではなく素体であること、かつて自分の同類が道具同然に扱われていたことを知らされ、自分の精神を支えていたベルヴェルグのリミッターが崩壊。心が憎悪と絶望で支配され、ただ世界を憎むだけの無感情な人形のようになってしまった。

センシティブな作品



その後テルミの手によって神殺しの剣―――クサナギとして精錬され、μ-12となる。テルミの従順な配下となり、マスターユニット抹殺のために利用されてしまうが、ハクメン、ジン、そしてギリギリで駆け付けたラグナの機転によってもとの人格を取り戻す。だがそこへテルミと冥王イザナミが現れる。警戒するラグナ達をよそに、イザナミはラグナ達の努力など徒労だと嘲笑い去っていく。そのイザナミの背後にはツバキの姿もあった。

事件後、第七機関に保護されたノエルはイザナミの手からツバキを救う決意を抱き、マコト、テイガーと共にイカルガへと向かう。

CP
ツバキを救うため、ジン、マコトと共にカグラの統制機構への謀反に加わることを決める。またレイチェルのもとで修行を積み、μ-12としての力を制御できるようになった。その努力と仲間達の協力もあり、物語中盤でツバキを救出することに成功する。

終盤では黒幕であるイザナミと、彼女が呼び出したタケミカヅチにラグナ、ジンと共に対峙する。何とかタケミカヅチは退けたものの、イザナミがラグナに対し何らかの干渉をしたことでラグナが黒き獣になりかけてしまい、それに巻き込まれる形で意識を失う。

続編の『CF』では無事であったことが明らかになったが、ラグナが変貌した際の出来事を覚えていないなど、何らかの記憶障害に陥っているようである。

ノエルの正体(ネタバレ)




















ここから先はCENTRAL FICTIONの重大なネタバレを含みます




















最終作である「CENTRAL FICTION」では、ノエルは暗黒大戦よりも過去、人類がマスターユニット「アマテラス」の研究をしていた時代に、マスターユニットとの接触に成功した素体「サヤ(ジ・オリジン)」と同一の魂を持った存在であることが明らかになった。

サヤは研究の成功例だったが、マスターユニットの目となったことを恐れた人類により、その目を潰され境界の中へと追放されてしまう。だがサヤは境界の奥底でマスターユニットと一体化、その力を使い自身と同じ素体達に働きかけ、人類への反逆(素体戦争)を始める。

戦いは激化し、その中で生まれた黒き獣によって人類はおろか、世界までが破壊され滅びてしまう。だがサヤはこの結果を不服とし、世界を再構築、物事のやり直しをはかる。結果、この世はサヤの欲望を満たし、彼女が満足のいく結果が出るまで同じ時間を繰り返す歪んだ世界となってしまった。

この事実を知っているのはサヤのドライブであるイザナミ、同じ神であるテルミ(スサノオ)、理の外側にいるレイチェルとレリウス、研究により自力で答えに辿り着いたナインのみである。例え偽りでもありのままの世界を肯定するレイチェルはマスターユニットを守るために、逆にこの世界を否定する四人はマスターユニットを破壊するために行動していた。後にラグナもこの答えに到達し、五人とは違った解決策を模索するようになる。

ナインはサヤの願望が「人間として認められたいこと」だと推測しており、その結果生まれたもの(神の観る夢―――セントラルフィクション)がノエルであり、この世界はノエルにとって都合の良いように出来ているとして、彼女に激しい憎悪を向けていた。イザナミも資格者達に願いが叶わないのはノエルがいるからだと吹聴し、彼らがノエルに殺意を向けるよう仕向けた。

ノエル本人も『CP』の終盤、黒き獣となりかけたラグナの中で蒼の門を観測したことでその事実を知ってしまうが、受け入れることができず、自身の心を切り離すことで現実逃避し記憶障害のような状態に陥ってしまう。イザナミに唆された資格者達に命を狙われるが、ココノエとカグラによって保護され、またラグナの協力により切り離した自身の心と融合。失った記憶を取り戻し、イザナミそしてテルミを止めるためにラグナ達と共に行くことを決める。

だが終盤で本当のセントラルフィクションはノエルではなくラグナであり、この世界はラグナが死ぬ度にループしていること、サヤの願望も人間になることではなく「兄に救われること」であることが明らかになる。ナインの推測は外れており、ノエルもまたこの世界の被害者の一人であった。またノエルとしての人格は本物であり、物語の最後ではサヤと共に消滅する覚悟を決めたラグナによってサヤの魂を喰われ、ノエルとして生き義父母を大切にしろと諭される。ノエルもそれを受け入れ涙ながらラグナに別れを告げた。

ネタバレ絵ではありません



エンディングムービーのサヤとラグナが消滅した世界では、ラムダと共に教会のシスターとなり様子を見に来たツバキ、マコトと楽しげに談笑するところが描かれた。

関連記事

親記事

ブレイブルー ぶれいぶるー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノエル=ヴァーミリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10445548

コメント