ピクシブ百科事典

ファントム(テイルズオブザレイズ)

ふぁんとむ

『テイルズオブシリーズ』のスマートフォン対応ソーシャルゲームアプリ『テイルズオブザレイズ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

イクス達と敵対する組織「救世軍」の幹部。

口調は丁寧だが、慇懃無礼な性格。
当初は全身をローブで覆っており、素顔が判明するのは11章。その素顔は一部を編んだ黒い長髪に右目にはタトゥーとモノクルをしている美形。

鏡士の力を持っているようで、光魔を召喚したり、魔鏡術を操る。その力は凄まじく、鏡映点をコピーしたり魔物を作り出したり、既に具現化した鏡映点を別の時間軸からも具現化、果てにはカレイドスコープの力を借りるか「ビクエ」しかできない筈の大陸の具現化までできる。

「ファントム」という名前は、「魔鏡術に焦がれた哀れな幻影」である自分に丁度いい名前として名乗っており、真名は別にある。

裏である目的の為に計画を進めており、救世軍初代リーダー及び創始者のフリーセルがその邪魔になると考え暗殺。傀儡のリーダーとしてマークを就け、自身は権力を牛耳る。
その為マークとは反りが合わず、自身は承知しているが、マークからは裏でファントムの計画阻止を図られている。


関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブザレイズ マーク・グランプ




正体(ネタバレ注意)







以下ネタバレ








CV:阿部敦
性別:男性


彼の正体は、イクスとミリーナの幼馴染・フィルであり、同時に第103代「ビクエ」ことフィリップ・ビクエ・レストン(ビクエになる前の本名はフィリップ・レストン)。鏡精はマーク。
元々救世軍は彼と彼の友人だったフリーセルが世界を救うために立ち上げた義勇軍で、フリーセル暗殺後はマークに救世軍の活動を任せ、滅びを止める為の研究を行っていた。
しかし、なぜかその最中に豹変し、現在に至る。
また、イクス曰く彼は15歳だが、今の姿はとても15歳には見えない。更に、フィルの印象が彼を知る者の中でも全く異なったりと新たな謎が生まれている。

終盤において更に彼についての謎が解明する。
彼の真の正体は、本物のフィリップが鏡士の力を使って生み出されたいわばコピーのようなものである。
実はティル・ナ・ノーグは、もう一人のミリーナが起こした事故によって一度滅ぼされており(原因はカレイドスコープの暴走)、今のティル・ナ・ノーグは彼女が出来る限り復元したものである。
滅ぼされる前のティル・ナ・ノーグには当然もう一人のフィリップやイクスも存在しており、そのもう一人のフィリップが生み出した自分と同じ存在が「ファントム」である。

ところが、具現化の際に不調が生じて性格や能力に差異が出たため、ファントムはフィリップに捨てられる。
このことが原因でファントムは自らを否定したフィリップと世界を憎むようになり、今回の事件(第1部)が引き起こされた。

ちなみに、イクスが知っていた15歳のフィル(以下少年フィリップ)も同じくフィリップによって具現化されたものであり、この世界には3人の「フィリップという人物」が存在していたということになる。
少年フィリップはファントムが暴走した時に止めるためのストッパーとして生み出されており、マークはこの少年フィリップの指示に従って行動していた。


関連タグ(ネタバレ)

フィリップ・レストン

コメント