ピクシブ百科事典

ライフィセット・クラウ

らいふぃせっとくらう

ゲーム『テイルズ オブ ベルセリア』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:釘宮理恵

キャラクターデザイン:いのまたむつみ

概要

主人公ベルベット・クラウの弟。愛称は「ラフィ」
長姉のセリカの死後、次姉のベルベットとセリカの夫アーサーと共に暮らしていた。病弱だが心優しい少年であり、頭も良く海に憧れ、いつか世界を旅したいと願っている。

しかし物語の3年前、緋色の月の夜の事件で義兄のアーサーに殺され、「神に捧げる贄」と称して村の岬にある祠へ落とされた。ベルベットはその件を機に弟を殺した義兄を憎み、復讐を遂げることを誓った。

……しかし、それから3年間に渡ってベルベットが監獄に囚われている間にアーサーことアルトリウスは対業魔組織「聖寮」を設立、大勢の対魔士を率いて世界中の業魔を討伐して回り、人の世に希望と安息をもたらす救世主となっていた。
脱獄したベルベットは各地の町で「アルトリウスのおかげで世界が救われた」と持て囃す民衆たちの姿を見せつけられるにつれて、「弟の死の上に成り立った世界平和」への憤りをより一層強く、深く募らせていくことになるが、その憎悪はやがて「世界中の全てを敵に回してでもアルトリウスを殺し、弟の仇をとらなければならない」という強迫観念と化し、彼女の心を追い詰めていくことにもなる……。



関連イラスト

※イラストのタグ付けはパーティーメンバーのライフィセットと混同しないよう、本タグを使用することをお勧めする。

ベルベット・クラウ




関連タグ

テイルズオブシリーズ テイルズオブベルセリア TOB
ベルベット・クラウ ライフィセット セリカ・クラウ アルトリウス・コールブランド
不治の病
マルタ・ルアルディ→担当声優が同じ



ネタバレ


以下に物語の重大なネタバレあり


実は12歳で亡くなる不治の病「12歳病」(治療には製法が失われたとされる秘薬が必要であり致死率はほぼ100%)を患っており、あと数年の命であることを本人は理解していた。
義兄の本を読んでいた時に、カノヌシの事や業魔のいない世界を創ろうとしている義兄の思惑を知り、姉ベルベットや全ての人間が幸せに暮らせる世界の礎になれればと、自ら生贄になることを申し出た。

つまりラフィの死は本人の合意の上に行われた事であった。



関連タグ

テイルズオブベルセリア 不治の病 アルトリウス・コールブランド


???※更なるネタバレ注意

pixivに投稿された作品 pixivで「ライフィセット・クラウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26303

コメント