2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

BEFREE!

びーふりー

BEFREE!とは江川達也原作の成年漫画で、江川達也の連載デビュー作である。
目次[非表示]

概要

表紙イラストが主人公の笹錦洸である。
BEFREE!とは、198488年に「週刊モーニング」に連載された江川達也原作の青年漫画にして連載デビュー作である。
作者が元教員だった事もあり、当時の管理教育への問題提議と、荒唐無稽な展開と若さとパワフルさで書き切ったものであり、荒唐無稽に思えて実は様々な伏線が引かれている特徴がある。1986年に羽賀研二伊藤かずえ出演で実写映画化された。
そして、大胆且つ無謀にも著作権に立ち向かった異色作でもあった。

あらすじ

某県壱河市立明北高校の数学教師として赴任した笹錦洸は兎に角非常識且つ破天荒な行動で、生徒達から慕われていた。
そんなある日、虎子光秀一郎が教師として赴任し、管理教育システムを導入・実行し、校内ファシズムを築こうとする。
笹錦は虎子光の策略で問題クラス「さくら組」の担任にされ、笹錦は地道且つ懸命な家庭訪問で不登校の生徒達を集め、次第に生徒達から笹錦への信頼が増していく。
やがて笹錦の行動は日本中を動かす事になるが、その笹錦が30年後に文部大臣になるとは、その当時は誰も予測しなかった…。

登場人物(出演は映画版)

壱河市立明北高校教師

笹錦洸(出演・羽賀研二) 主人公。VT250Fを駆る数学教師。兎に角破天荒且つパワフルで、正に若き日の原作者の分身と言えた。
島本圭子(出演・伊藤かずえ) 笹錦の先輩の女性教師で、笹錦の憧れ。
虎子光秀一郎(出演・桑名正博) 校内ファシズムを目指す独裁者だが、虎子光秀一郎(元祖)の後継者か影武者の何人目かの候補だった事は後に判明する。なお、映画版では明北高校は私立高校で虎子光は理事長であった。
虎子光冴子 秀一郎の実妹で、笹錦の免職処分後、友人のカオリと共に明北高校の教師として赴任する。
カオリ 冴子の大学時代からの腐れ縁の友人。冴子と共に明北高校の教師として赴任する。
歯車比呂志(出演・うえだ峻) 笹錦、虎子光、圭子の同僚で眼鏡の中年男性でキモイ。
如月先生(出演・岡本信人) 元全共闘世代の教師で、生徒達からの信頼も厚い。虎子光の校内ファシズムを予期し対策を立てようとするも宝島分校へ左遷させられる。しかし、終盤笹錦の力で片腕として教頭として復帰する。
校長先生(出演・加藤和夫) 典型的な校長キャラで虎子光の校内ファシズムに協力・黙認した為、終盤宝島分校へ左遷させられる。

明北高校生徒

伊福部昭子(出演・岩本千春) 女子高生の割に色っぽい。元ネタは東宝怪獣映画の音楽を担当した伊福部昭
丘野ひろみ(出演・宝生桜子) 柔道娘で、自転車を乗りこなすパワフルな少女。元ネタはエースをねらえ!岡ひろみ
長谷川まみ(出演・大西結花) さくら組初期メンバー唯一の女生徒で年齢の割に幼さの残る少女。しかし、ある重大な秘密があった。
杉村美雪 虎子光秀一郎の僕となった少女で、事ある事に笹錦と対立する。無人島編で笹錦への復讐を企むが…。
佐藤貴 実はオカマで、映画版では完全にオカマになっている訳ではなかった。
郷田社民「ごうだしゃーみん」と読む。典型的な喧嘩番長で、殆ど「郷田」のままだった。元ネタは連載当時放送されていたフジテレビ系ニュース番組「スーパータイム」の初代キャスターだった幸田シャーミン
小溝亘(出演・伊東康臣) さくら組初期から居た男子生徒。
村松 さくら組初期から居た男子生徒。兄弟姉妹が多い母子家庭で、母親はアニメーターだった。

大人達

虎子光秀一郎(元祖)
日本を牛耳る影の支配者。登場時点でかなりの高齢であった。自身の栄華の為には平気で他人の幸せを踏みにじる卑劣漢と言え、後継者、または影武者育成の為に日本中の少年達を集めては犠牲にしており、「聖闘士星矢」の城戸光政から良心を取り除いたらこうなる見本であった。(少なくとも原作漫画版の城戸光政は世界の平和の為に実子達を生贄同然に修行に出す事に良心の呵責があり、アニメ版は自身の死後に起きる戦いに備え対準備をしていた。)
二階堂有希子
虎子光秀一郎(元祖)の秘書…と言うよりむしろ僕で、恋人を何者か(虎子光グループの疑いあり)に殺害されている過去を持つ。元ネタは初代峰不二子の声優。
虎子光組
極道と言うより私設軍隊で、岩尾組を壊滅させた。
岩尾組
有力な極道だったが、笹錦の非常識さと虎子光組に壊滅させられ、幹部は出家して坊主に化け隠匿を余儀なくされる。

物語後半~最終回までの展開(ネタバレ注意!)

虎子光秀一郎の管理に義憤を覚えた笹錦は新学期のある日、衝動的に暴れ、最後は校舎を破壊し解雇される。笹錦の憧れだった島本圭子はさくら組の担任に左遷させられ、笹錦は何故か生徒として復帰する。

虎子光はある日、自身が管理システムを作成していた日に虎子光冴子を襲おうとしたら実は笹錦の変装であり、その時から笹錦にマインドコントロールされており、管理システムは実は人道的な要素もあり、さくら組は落ちこぼれ処か個性派精鋭クラスだったのである。

その後、生徒の一人佐藤貴のトラブルが原因で極道の岩尾組との抗争に巻き込まれ、笹錦の非常識さと虎子光グループの私設軍隊と言える極道・虎子光組により、岩尾組は壊滅。
さくら組の面々と島本圭子は退学・免職処分となり、南海の無人島で杉村美雪の妨害を受けながらも数ヶ月暮らす。
無人島からの帰還後、さくら組と島本圭子は明北高校へ復学・復職となり、校長先生は宝島分校へ左遷。宝島分校で勤務していた如月先生が教頭として復職、笹錦は何と校長として復帰した。

明北高校を地域交流の場に開放し、様々な人々から支持を受ける笹錦。しかし、それを快く思わない虎子光秀一郎(元祖)の策略で笹錦はその時代の最悪の犯罪人として逮捕されてしまう。
笹錦は全ての罪を背負い、敢えて刑期を全うする道を選び、二階堂有希子へ関係者に罪を背負わせない様懇願、有希子もまたそれを受け入れ、関係者は「笹錦に騙されていた」として無罪放免となり、笹錦不在のままさくら組は明北高校を卒業した。

それから30年後、旧さくら組の同窓会が開かれ、笹錦の側にいたのは憧れの島本圭子ではなく、教え子の丘野ひろみで、圭子は政治家の松平家へ嫁いだのであった。
旧さくら組の面々が集まる中、元クラスメートの長谷川まみだけは、30年前に癌で卒業式の三日後に既に早逝していたのであった。
そんな中TVのニュース速報で首相になった松平圭子(島本圭子)は笹錦を文部大臣に指名した事を伝発表。皆が年老いていたのに、笹錦だけはあの頃と変わらない若さと容姿のままだった。

余談

概要に描いてある通り、本作は著作権に無謀にも立ち向かった作品で岩尾組との戦闘シーンでは世界一の長寿TVアニメ万年幼児がさり気に書かれており、最終回のニュース速報の前の場面ではその万年主婦その弟との喧嘩の場面が書かれており、台詞も漢字で「!」と書かれてあり、これがラストの伏線とは思わなかった。

関連作品

関連イラスト

落描き105
今日飲んだ[解放]と云うアンプルで今は、もう完全に生き変わった。
毎日自主講座と云う栄養を採り、[友と語る]と云う清涼飲料水を飲み


関連タグ

江川達也 笹錦洸 イラスト

関連記事

親記事

江川達也 えがわたつや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「BEFREE!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1945

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました