ピクシブ百科事典

VT250F

ぶいてぃーにひゃくごじゅうえふ

ホンダが発売していたバイク。

概要

ホンダが1982年に発売したバイク。
数々のバリエーションを生んだVTシリーズの最初のモデルである。
ちなみに「VT」はV-Twinの頭文字。

1980年にヤマハが発売し、大ヒットしたRZ250への対抗馬として開発された。
当時のホンダは4ストローク偏重だったため、RZ250が2ストロークだったのに対し、本車は新開発の4ストロークVツインエンジンを搭載。
一般的にパワーで劣る4ストロークながら、RZ250と同じ最高出力35馬力を達成してみせた。

ハンドルはレースからのフィードバックでセパレートとなった。
同じくレースのイメージ醸成のためにビキニカウルを装備するが、当時の法律では市販車へのカウルの装着は認可されていなかった為、メーターバイザーとして扱った。
ちなみに、カウルの装着は翌年解禁された。

本車もRZ250同様に大ヒットを記録。
ここから250ccクラスのスペック競争が始まり、翌年にスズキが発売したRG250Γを経て1990年代まで続くレーサーレプリカブームへと突入していく。
4ストローク屋の自負が強かったホンダも2ストローク市場に参入するようになり、紆余曲折を経てNSR250Rで2ストロークでもトップシェアを奪うこととなった。

このスペック競争の結果、1985年発売のFZ250より4ストローク市場の主役が4気筒エンジンに移行したことから、VT250シリーズはマイルドな性格へと転換しながらモデルチェンジを続け、最終的にVTRとなり2017年まで生産された。

関連項目

HONDA バイク
MVX250F:本車の初期型から多くの部品を流用しており、外見がよく似ている。

関連記事

親記事

HONDA ほんだ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「VT250F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 448

コメント