ピクシブ百科事典

FZ250

えふぜっとにひゃくごじゅう

ヤマハが発売していたバイク。

概要

ヤマハが1985年に発売したバイク。
正式名は「FZ250フェーザー」。

ヤマハ初となる250cc4気筒のエンジンを搭載した。
たまに「日本初の250cc4気筒エンジン」と誤解されるが、それを成し遂げたのはスズキが1983年に発売したGS250FWであり、本車は2例目である。
しかし、GS250FWが2バルブだったのに対し、本車は4バルブであり、性能的に優位に立った。

後に様々な車種に展開されることになる「GENESIS」コンセプトを初めて盛り込み、シリンダーが極端に前傾しているのが特徴。
最高出力は自主規制上限の45馬力を、4ストロークとして初めて達成。
レブリミットは18,000rpmという超高回転型であり、その排気音は「ジェットサウンド」と呼ばれ称賛された。

車体設計も特筆すべきものがあり、フロントからリアまで流れるように繋がったカウルは斬新なものだった。
車重も乾燥重量138kgと、ライバルだったGS250FWより19kgも軽く、更に2ストローク2気筒のRZ250よりも1kg軽かった。

生産期間は2年と短いものの、ハイパワーで低重心なエンジンと軽量な車体が織りなす軽快な走りで人気を得た。
本車のヒットを契機に、当時2ストローク市場で勃発していたレーサーレプリカブームが4ストローク市場にも飛び火。
各社がこぞって4気筒のバイクを投入し、スペックを競い合うこととなった。

今となっては後継のFZR250の印象が強いが、ヤマハの意欲作として本車を支持する声も未だに存在する。

関連項目

YAMAHA バイク

pixivに投稿された作品 pixivで「FZ250」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658

コメント