ピクシブ百科事典

ティファニーで朝食を

てぃふぁにーでちょうしょくを

『ティファニーで朝食を』とは、トルーマン・カポーティによる中編小説。および、それを原作とした映画。
目次[非表示]

概要

原題は『Breakfast at Tiffany’s』。タイトルは「(世界的宝石ブランドである)ティファニーで朝食を食べるようなご身分」という比喩表現。実際のティファニーには2017年までダイニングスペースは存在しなかった。

1958年にトルーマン・カポーティによって発表された。邦訳は1960年の龍口直太郎版と、2008年の村上春樹版がある(いずれも新潮社刊)。
1961年にパラマウント映画によって映画化された。監督はブレイク・エドワーズ。主演はオードリー・ヘプバーンで、主題歌「ムーン・リバー」も歌っている。

ホリー・ゴライトリー
オードリー・ヘップバーン



原作は、作家ポール・バージャクの目を通して、19歳の女優、ホリー・ゴライトリーの若さに満ちた自由奔放な生き方を描き出した物語である。ホリーは「旅行中」と書かれた名刺を持ち歩き、物語の終幕ではアフリカに旅立っていく。
しかし映画版では、主演のヘプバーンに合わせて大きく改変された。ホリーがポールと結ばれるラストを見たカポーティは、椅子から転げ落ちるほど驚いたという。


余談

  • ホリー役は、原作者であるカポーティの希望により、当初はマリリン・モンローにオファーが行われていた。しかしセクシー女優と呼ばれることにうんざりしていたモンローは、援助交際で生活しているホリーの設定を嫌って辞退した。このため新たにキャスティングされたのがヘプバーンである。彼女に合わせて書き換えられたシナリオが、カポーティを驚かせたのは上記の通り。
  • ホリーは「嫌な赤」と表現する不安感に襲われると、早朝、タクシーで5番街にあるティファニー宝石店の前に乗り付け、ショーウィンドウに飾られた華やかな宝飾品を見ながらコーヒーを飲み、デニッシュを頬張ることで心を落ち着かせる。しかしオードリーはデニッシュが嫌いで、このシーンを演じることは非常に苦痛だったという。
  • 劇中でホリーとポールは、ティファニーでお菓子のおまけの指輪にイニシャルを刻印してもらう。この場面は実際のティファニーで撮影されたが、当初ティファニーは保安上の問題から協力を拒否した。そこで急遽、ティファニーの全店員を俳優協会に登録し、出演してもらう形で撮影に漕ぎ着けた。ホリーとポール、そして彼らに直接応対する店長以外はすべてティファニーの実店員である。
  • 日本人には不快にしか感じない、眼鏡で出っ歯なチビで神経質でけたたましい日系人ユニオシの存在は、この映画の汚点としてしばしば取り沙汰される。ユニオシを演じたミッキー・ルーニーは子役から鳴らした名役者だが、彼も「中国人には好評だったよ」とコメントするなど、アジア圏への関心の低さが窺える。



関連タグ

小説 / 海外文学 / アメリカ合衆国
映画 / 洋画 / アメリカ映画 / 映画の一覧
オードリー・ヘプバーン
パラマウント映画


外部リンク

ティファニーで朝食を - Wikipedia
ティファニーで朝食を - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「ティファニーで朝食を」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5057

コメント