ピクシブ百科事典

バカレッド

ばかれっど

漫画『魔法先生ネギま!』の神楽坂明日菜の別名。もしくは、平成期の戦隊にありがちな「おバカ」なレッドのこと。
目次[非表示]
  1. 漫画『魔法先生ネギま!』の登場人物・神楽坂明日菜の別名。バカレンジャーも参照のこと。
  2. スーパー戦隊シリーズの「バカ」なレッド戦士ここで説明する。


概要

スーパー戦隊におけるレッドといえば伝統的には「正義漢に燃える頼れるリーダー」というイメージが強かった。率先してぐいぐいチームを引っ張っていくタイプ、冷静に大局を見てチームをまとめていくタイプなど違いはあるものの、完成された人格者にして頼りがいのある、リーダーシップに満ちた男がレッドのポジションを務めてきた。90年代前半まではこういったタイプが主流であったが、シリーズが続き様々なキャラクター性を模索していく中で「頼れるリーダー」ではなく「考えるよりも先に動いてみんなを引っ張るムードメーカー」的なレッドというキャラ付けも頻繁に成されるようになっていった。そして、往々にしてそうしたレッドは直に言うとおバカである

なぜバカなのか?

それはズバリ、成長を描く為であろう。
一年と言う長いスパンをもって放送されるスーパー戦隊。そこでストーリーを展開していくにあたっては、最初から完成された頼れるリーダーよりもおバカな奴の方が成長を描きやすいのである。
一年の戦いを通じて成長し見違えるようになった、そんな姿を見て「あんなこともあったよなー」としみじみ感じられることだろう────まあそれでもまだちょっとバカだったりすることもあるが・・・・
またこの要素はおバカを通り越して「天然ボケキャラ」と化し、周りがツッコミをせざるを得ないレッドの時はなおのこと強い様である。
メイン視聴者である児童層の視点からすれば、従来のレッドがカッコイイ「憧れ」の対象であったのに対して、こちらのタイプのレッドは感情移入しやすい、身近で親しみを感じられるキャラクターという位置づけになるだろう。

注意点

 主として1990年代後半以降のスーパー戦隊シリーズでは、上記のような特徴を持ったレッドがしばしば登場することは確かである。
 しかし当然ながら「バカレッド」というのは公式の用語ではなく、誰がそれに該当するかという公式見解は存在しない。どのレッド戦士を「バカレッド」として扱うかは判断が分かれるだろう。当のレッド戦士のファンにしてみれば、自分のお気に入りキャラが「バカ」呼ばわりされるのはいい気がするものではなく、キャラヘイトにも通じかねない。
 不用意にこの用語を使うことは荒れの原因にもなるので、状況を弁えて用いることに留意されたい。

関連タグ

戦隊レッド

pixivに投稿された作品 pixivで「バカレッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281

コメント