ピクシブ百科事典

バカレッド

ばかれっど

漫画『魔法先生ネギま!』の神楽坂明日菜の別名。もしくは、戦隊シリーズの「バカ」なレッドのこと。
目次[非表示]
  1. 漫画『魔法先生ネギま!』の登場人物・神楽坂明日菜の別名。バカレンジャーも参照のこと。
  2. スーパー戦隊シリーズの一部のレッド戦士の敬称のこと。ここで説明する。


概要

上記のようにスーパー戦隊シリーズの「バカ」なレッド戦士の敬称である・・・と勘違いされて使われているが本来の意味合いは単純な馬鹿なレッドの総称ではない

スーパー戦隊におけるレッドといえば伝統的には「正義漢に燃える頼れるリーダー」というイメージが強かった。率先してぐいぐいチームを引っ張っていくタイプ、冷静に大局を見てチームをまとめていくタイプなど違いはあるものの、完成された人格者にして頼りがいのある、リーダーシップに満ちた男がレッドのポジションを務めてきた。無論、レッドレーサーやメガレッドのような馬鹿や熱血寄りのレッドは存在していたものの全体的に見れば90年代前半まではこういったタイプが主流であった。

そうした中、塚田Pが戦隊シリーズを担当するようになった2000年代前半以降の戦隊シリーズでは様々な意欲的要素やキャラクター性を模索していくようになり、その中で「頼れるリーダー」ではなく「考えるよりも先に動いてみんなを引っ張るムードメーカー」的なレッドというキャラ付けも頻繁に成されるようになっていった。そして、往々にしてそうしたレッドの特徴を直に言うとバカであり、デカレンジャーからの塚田Pがメインで担当する戦隊レッドの総称(またはガキレッド)として使われるようになった。

主な特徴

作品ごとに違いはあるが、基本的に

・「後先考えず思うままに行動し先陣を切って突っ走る猪突猛進タイプ
・「他のメンバーよりも立場が低く精神的にも幼い新人(ルーキー)的存在
・「トラブルメイカーになりやすい
と設定され、 必然的に第一話で一番最後にチームに加入する事が恒例となっている。分かりやすく言うと「世間一般的に戦隊ヒーローのレッドのリーダーの一般的なイメージ」的な性格である。

何故このようなレッドが出たかというと成長を描く為である。
一年と言う長いスパンをもって放送されるスーパー戦隊。そこでストーリーを展開していくにあたっては、最初から完成された頼れるリーダーよりも馬鹿で前に引っ張る方の主人公の方が成長を描きやすいのである。また塚田Pがデカレンジャーのインタビューでレッド以上に他のメンバーを成長させる意図があったとも語っており氏の得意とする少年漫画展開にも持っていきやすかったという都合もある。
但し劇中ではバンよりウメコの方が遥かに問題児だったり、小津魁は年相応に思い詰める部分も持ち合わせていたり、ジャンも境遇から見ればむしろ頭は良い方だったりするなど極端な馬鹿としてのみ描かれているわけではない。

これらのバカレッドはメイン視聴者である児童層の視点からすれば、こちらのタイプのレッドは感情移入しやすい、身近で親しみを感じられるキャラクターという位置づけとして定着した反面、性格やトラブルメイカーにストレスを感じたりリーダーシップを発揮する大人のレッドを好む放送当時の古参の戦隊ファンや特撮ファン層から嫌われており、「ボウケンジャー」のチーフや「シンケンジャー」の志葉丈瑠など一時期のリーダーらしいレッドが人気が出たのもバカレッドへの反動も理由の一つであり好き嫌いが分かれる塚田Pの戦隊の代表例と言える。この為ファンにより愛称及び蔑称として評価の別れる呼び名でもある。

塚田Pの担当以外の「ゴーオンジャー」以降バカレッドタイプのレッドが複数登場したことや、塚田Pが戦隊を離れたため現代では「単純に馬鹿なレッドの総称」という井上ワープのように本来の意味と違う間違った使われ方が広まっており、定義も「馬鹿」のみであるので伊賀崎天晴のように馬鹿だが自分もそれを理解しておりトラブルメイカーになることが少ないレッドでもバカレッドに入っている。

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ
戦隊レッド熱血主人公:このような誤解が広まる原因になった概念

関連記事

親記事

戦隊レッド せんたいれっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バカレッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 763

コメント