ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

「僕と握手」とは、戦隊レッドに課せられたお約束である。

スーパー戦隊シリーズ番組中の(一部地域を除く東京ドームシティにあるシアターGロッソのヒーローショーのCMのラストで、戦隊レッドがこのキャッチフレーズを言う。

後楽園ゆうえんち時代から、このスタイルは変わらない。

ショーの後でヒーロー握手会があるので、その告知である。

有名なフレーズなので、よくオタクの間でパロディにされている。僕握とも呼ばれる。


2020年度から2022年度の3年間(魔進戦隊キラメイジャー機界戦隊ゼンカイジャー暴太郎戦隊ドンブラザーズ)は新型コロナウイルス感染防止の観点からヒーローとの握手が中止されたため「僕と握手!」の台詞も無くなり、それぞれ「一緒にキラめこうぜ!」、「一緒に全力全開!」、「祭りだ祭りだぁ!」に差し替えられている。2021年度途中からは握手を伴わない形で子供とのツーショットが復活している(ヒーローと一緒にポーズを決める形だが、合成処理である)。


2023年度の王様戦隊キングオージャー復活。おりしも一人称が「僕」のレッドである。


あれ、僕…?

普段一人称が「俺」である戦隊レッドが「僕」という珍しいシチュエーションなので違和感が拭えない。

そう、実は普段の一人称が「僕」のレッドは戦隊47作目までただの一人もいなかったのだ(「僕」っぽいイメージも感じるアラタ充瑠ですら「俺」。ちなみに充瑠は上記の経緯で「僕と握手!」という台詞は言っていない)。


ただし、竜也等、普段の一人称は「俺」だが、時々「僕」になる場合もある者もいる。また、桜井は初期編でのみ一人称が「僕」であったが、中盤からは一人称が「俺」になっている。

そしてギラは演技中の一人称は「俺」「俺様」だが、素の一人称は「僕」という変則的なパターンであり、本編の一人称と合致する稀有なケースとなった(正確には素の状態になっていると言える)。


え、ダイくんいやTV版じゃないし…


子供の頃は「僕」だったとか、美人を見るなり「僕」とか言い出したりとかいうことなら時々あるのだが、マーベラスなんかの場合絶対そんな事ありそうにないのであまりにも違和感仕事しすぎである(実はマーベラスも幼少期伊狩鎧の妄想内では「僕」を使っていたりするのだが)。マーベラスを演じた小澤亮太氏は録音時「(“僕”は)やめたほうがいいんじゃないですか?」と提案したものの、スタッフから敢えなく却下されたとのこと(「豪快演義」のインタビューより)。


ちなみにライダーメタルヒーローウルトラマンならがいる。でも時々一人称が「俺」になる

(一応終始」「僕」のもいるにはいる)


関連動画


外部リンク

後楽園ゆうえんちで僕と握手 - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

戦隊レッド せんたいれっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました