ピクシブ百科事典

パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー

ぱわれんじゃーらいとすぴーどれすきゅー

「パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー」とは、パワーレンジャーシリーズの6作目。
目次[非表示]

概要

救急戦隊ゴーゴーファイブのリメイク作。

前作以前と異なり新たな世界観である為、1作目から続いた世界観とは全く異なる。(ただし中盤にて前作のロスト・ギャラクシーのメンバーと共演する。)

原作のゴーゴーファイブには兄弟5人という設定で5人であったが、本作では登場キャラクター(敵も含め)には兄弟関係が無い。更に原作と異なり6人目の戦士まで追加されている。

日本ではVHSビデオがレンタルのみでリリースされた後に2003年にスーパーチャンネルで放送されたが、全40話中24話分放送された。

ターボから続いた日本語吹き替え作品であり、実質S.P.D.が放送されるまで最後の日本語吹き替え作品であった。(次作からダイノサンダーまでは日本語吹き替え版が無い。)

登場人物

()内はキャラクターの日本語名。

  • カーター・グレイソン/レッドレンジャー(ゴーレッド)
元々は消防士。子供の頃に火事に巻き込まれ、その際に消防士に助けられたことがきっかけで、消防士を志した。
  • チャド・リー/ブルーレンジャー(ゴーブルー)
元は水族館ショーの人気ダイバー。スキューバダイビングが趣味。
  • ジョエル・ローリングス/グリーンレンジャー(ゴーグリーン)
元は航空ショーで「スカイ・カウボーイ」の異名を取る人気パイロット。ミス・アンジェラ・フェアウェザーに好意を持っている。当初は相手にはされなかったが、次第に好意を寄せられる。
  • ケルシー・ウィンズロウ/イエローレンジャー(ゴーイエロー)
元はアスリートで、ロッククライミングなど、様々なスポーツに長ける。
  • デイナ・ミッチェル/ピンクレンジャー(ゴーピンク)
キャプテン・ミッチェルの娘で、元は救命士。後に彼女に兄がいた事が発覚する。
  • ライアン・ミッチェル/タイタニアムレンジャー
デイナの兄で幼い頃に事故死したと思われていた。父親を憎んでいたが、真実を知って和解。後に呪いの元であるコブラマスターを倒して、一時砂漠の賢者を探しにメンバーから離脱するが、最終決戦で再び加わる。

  • ダイアボリコ(冥王ジルフィーザ)
デーモン達のリーダー。武器は槍。バンシーラからスターパワーを与えられた事もあった。後にパワーレンジャーと戦うが敗北。後に復活したが、ローカイを死に追いやった事が原因でバンシーラと決別する。ちなみにライアンを育てたのも彼である。
  • ローカイ(獣男爵コボルダ)
ダイアボリコの親友で、矛が武器。バンシーラの期待に応えるため、パワーレンジャーと戦ったが、操られたダイアボリコに殺された。
  • バイプラ(邪霊姫ディーナス)
女指揮官。剣が武器で専用マシーンを持つ。オリンピアスによってローカイと共に暗殺されそうになり、復讐のためにダイアボリコを蘇生させた。次作でも登場している。
  • ジンクサー(呪士ピエール)
幹部達の持つカードからモンスターを作り出し、巨大化用のカードを使って倒されたモンスターを復活させる役目を持つ。催眠術が得意。原作ではタイムレンジャーVSゴーゴーファイブで倒された敵であるが、本作ではあるやり方でアクアベースを壊滅させている。その事は後述のメガゾードを参照。
  • インパス(童鬼ドロップ)→プリンス・オリンピアス(龍皇子サラマンデス)
バンシーラの息子だが、「ママ」としか喋れない。後にダイアボリコが倒された直後にスターパワーを手に入れて急成長。成長後は槍と炎が武器で実力も高いが、傲慢な性格。失敗続きのため、バンシーラに見限られそうになり、保身のためにバイブラとローカイを暗殺を仕掛けるが失敗。逆にダイアボリコによって影の世界に追放されたが・・・。
  • クイーン・バンシーラ(大魔女グランディーヌ)
中盤で復活するが、復活の儀式をレンジャー達が妨害したため、不完全な形で蘇ってしまう。冷酷な性格で城を取り戻す為には手段を選ばない。部下を消耗品としか思っておらず、息子であるオリンピアスも平気で見捨てようとした。心がないのであるべき場所である胸が弱点。
  • バットリング(インプス)
小剣が武器のコウモリ戦闘員。モンスター(サイマ獣)同様カードから呼び出される。

メガゾード

  • ライトスピードメガゾード(ビクトリーロボ)
  • スーパートレインメガゾード(グランドライナー)
  • マックスソーラーゾード(ライナーボーイ)

自律行動だった原作とは違い、本作ではタイタニアムレンジャーが操縦する。後に原作同様自律式行動になった。

  • ライトスピードソーラーゾード(マックスビクトリーロボ)
  • オメガメガゾード(ビクトリーマーズ)
  • オメガメガゾード・オリオンパワー(超装甲ビクトリーマーズ)
  • ライフフォースメガゾード(マックスビクトリーロボ・ブラックバージョン)
原作では最終回のみ登場であったが、スーパーデーモン・ダイアボリコ(破壊神ジルフィーザII)とスーパーデーモン・オリンピアス(破壊神サラマンデスドラゴン)戦(第38話)で使用された。ジンクサーはこれに目を付け、バットリングのカードを潜入させて操らせ、アクアベースを大打撃に負わせた。最後は魚雷で破壊された。

関連作品

救急戦隊ゴーゴーファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーレンジャー・ライトスピード・レスキュー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89

コメント