ピクシブ百科事典

ロウソク

ろうそく

蝋や獣脂を固め芯を埋め込み、芯に火を点して照明として利用する道具。
目次[非表示]

概要

ロウソク蝋燭、蠟燭、ローソクキャンドル)とは、照明道具および熱源の一つ。
綿などでできたを埋め込んだもので、芯にを点して灯りとして用いる。

歴史

古代エジプトツタンカーメンの時代にはすでに使用されていたとされる。
ヨーロッパにおいては、ガス灯の登場する19世紀まで、室内の主な照明として用いられた。

日本では奈良時代中国から輸入されたとされる。
当時輸入されていたのは蜜蝋のロウソクだった。
やがて平安時代になり遣唐使が廃止されると、中国との交易が減り、国内で蜜ロウソクに代わる松脂ロウソクの製造が始まったと考えられる。
その後、和蝋燭と呼ばれるのロウなどを使ったものに変わっていく。江戸時代頃まで蝋燭は貴重でぜいたくな品物だったため、庶民は日常の照明として魚油菜種を燃料とする行灯を利用していた。
地方の農村漁村までロウソクが行き渡ったのは、明治時代になって西洋ロウソクの製造が行われてからのことである。( → 参考

現在も、ヨーロッパではキリスト教典礼で、アジアでは線香に火をともす仏具として、また緊急時の光源として、誕生日を演出するアイテムとして、果てはSMプレイ用具としても今に至るまで使用され続けている。

種類

燃料

ミツロウ:キリスト教典礼で使われる。
・動植物の油脂
・廃油
・パラフィン:工業用として最も多く流通しているロウソク

灯心

イグサ
和紙


表記ゆれ

蝋燭 ろうそく キャンドル 和蝋燭

関連イラスト

命の燭台
赤燈


お団子キャンドル
セーブポイント



関連タグ

 明かり / 灯り 照明
燭台 シャンデリア 
提灯 仏壇 カンテラ ジャック・オ・ランタン
アロマキャンドル アロマテラピー バースデーケーキ
百物語 冠婚葬祭 儀式 ハロウィン クリスマス
SM 蝋燭責め 我々の業界ではご褒美です
ダイナマイト 松明

カンデラ … 光源の明るさを表す単位。特定の規格のロウソクの明るさを基準として決められた。

関連する人物・キャラクター
篠崎あゆみ(「コープスパーティー」)
火星ロボ火星ロボ大決戦!
董卓三国志

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「ロウソク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 939922

コメント