2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

走馬灯

そうまとう

影絵を投射するカラクリを持つ日本の照明。 もしくは臨死体験において、自身の一生が瞬時に脳裏に蘇る現象のこと。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本の照明器具の一種。「回り灯籠(まわりどうろう)」という呼び名もある。
  2. 臨死体験において、自身の一生が瞬時に脳裏に蘇る現象。


1.の概要

行灯の内側に影絵を仕込んだ円筒を仕組み、外枠から見ると影絵が周回するように映るからくりを発動するようにした日本の照明器具。
江戸時代中期から登場し、夏の遊びの一種として考案された。
中の円筒の上部に風車が仕込まれており、ロウソクの灯による上昇気流を利用した「煙突効果」によって、自然に回転するように仕組まれている。

近年ではカラーセロハンを利用した極彩色のものや、近代化に伴って電器で回転させる電灯型などが主流である。
またその利用も夏の風流のためよりも、葬式お盆の装飾に使われることが多い。

機構自体は割と簡素なため、手作りすることも可能である。

2.の概要

上海、アリス 21_22


臨死体験において『自身の一生の記憶が瞬く間に脳裏に再生される現象』を指す言葉としても知られている。というよりも、こちらの意味が本来の意味だと誤認されている。
誤認の原因は、1.の走馬灯自体が現代人に馴染みがなくなってきていることと、文学やメディア作品において走馬灯の表現が多用されたこととされている。
またその用法も 「走馬灯が走る」「走馬灯が起こる」 とされがちだが、正確には「走馬灯のように走る」など、あくまで形容するかたちで用いるのが正しい。

死の淵から生還した人が走馬灯を見たという報告は多く、脳科学においてメカニズムが研究されている。

関連タグ

明かり
照明 ロウソク 灯籠
 臨死体験

あきつ丸(艦隊これくしょん) -近代化改修後に、艦載機を召喚する方法に用いている。

関連記事

親記事

行灯 あんどん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2111357

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました