ピクシブ百科事典

海がきこえる

うみがきこえる

「月刊アニメージュ」に連載された氷室冴子の小説。挿絵は近藤勝也。および、それを原作として作られた映像作品。
目次[非表示]

同作の映像化にはアニメ版とテレビドラマ版が存在するが、アニメは『海がきこえる』、ドラマは続編の『海がきこえる2 アイがあるから』を原作とする。

アニメはスタジオジブリ制作。監督は望月智充。
キャラクターデザイン・作画監督は、原作の挿絵を手がけた近藤勝也が努めた。
1993年にテレビ映画という形で発表され、日本テレビ系で放送された。

作品解説

「海がきこえる」とは、「月刊アニメージュ」に連載された氷室冴子の小説が原作。高知の高校を卒業し東京の大学に進学した拓と、彼の親友の松野、自由奔放な転入生の里伽子の淡い三角関係を描いた青春ラブストーリーだ。ワガママで自分勝手だが時折弱い面を見せる、まさにツンデレ系のヒロイン・里伽子。そんな里伽子に翻弄されるうちに、彼女に対する松野の思いを知りながらも彼女に惹かれていく拓。2人の心の揺れ動きとすれ違いが、水彩画のような淡いタッチで描かれる。


登場人物

里伽子

武藤里伽子(むとう りかこ / 声:坂本洋子)
ヒロイン東京から高知の高校に転校してきた少女。


杜崎拓(もりさき たく / 声:飛田展男
主人公


松野

松野豊(まつの ゆたか / 声:関俊彦
拓の親友。眼鏡をかけている。

関連作品

「海がきこえる」に関する作品
もののけ姫 魔女の宅急便 ゲド戦記

関連イラスト

「海がきこえる」に関するイラスト

海がきこえる
TOKYO⇔KOCHI



関連タグ

ジブリ 氷室冴子 月刊アニメージュ もののけ姫 魔女の宅急便 ゲド戦記
高知県 土佐弁 高校生 青春 ツンデレ

この記事のカテゴリ

作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「海がきこえる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86221

コメント