ピクシブ百科事典

氷室冴子

ひむろさえこ

小説家。「なんて素敵にジャパネスク」「海がきこえる」などの作者として知られる。故人。
目次[非表示]

概要

1957(昭和32)年生まれの小説家。1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家だった。本名:碓井 小恵子(うすい さえこ)。

1977(昭和52)年、大学3年生のとき『さようならアルルカン』で「小説ジュニア青春小説新人賞」(当時)の佳作を受賞。少女小説界へとデビューするが、この時点ではまだ職業作家を目指してはいなかった。

大学卒業後、オイルショックの影響で就職できず、と喧嘩してを出る。友人と共同生活を始め、月1本のペースで小説を出版社に送る生活をしていた。
やがて『雑居時代』が重版を重ね、徐々に職業作家としての道を築いていく。『なんて素敵にジャパネスク』シリーズで一躍集英社コバルト文庫の看板作家としての地位を確立し、少女小説ブームの立役者として活躍した。

徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』に連載していた『海がきこえる』が1993(平成5)年にスタジオジブリにてアニメーション映画化される。

1990年代後半以降から体調を崩しがちになり2008(平成20)年、肺癌により逝去。享年51歳。

主な作品

雑居時代
ざ・ちぇんじ!
なんて素敵にジャパネスク
銀の海金の大地
海がきこえる

関連タグ

小説家 コバルト文庫
山内直実…氷室冴子の作品を多く漫画化している

pixivに投稿された作品 pixivで「氷室冴子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13170

コメント