ピクシブ百科事典

なんて素敵にジャパネスク

なんてすてきにじゃぱねすく

『なんて素敵にジャパネスク』は、氷室冴子による少女小説シリーズ。および、それを原作にした漫画、テレビドラマ、ラジオドラマ。
目次[非表示]

概要

なんて素敵にジャパネスクは、氷室冴子平安時代宮廷貴族社会を舞台にした少女小説シリーズである。当時の社会風俗が分かりやすく書いてあり、古典への入門書としても読める。

コバルト文庫から1984年から1991年にかけて10冊が刊行され、小中学生から高校生を中心に人気を得た。1999年にはイラストを替えた新装版、2012年にはみらい文庫版が発売され、2012年までにシリーズ累計800万部販売されている。
また、この作品を原作にして漫画テレビドラマラジオドラマも製作されている。

物語

舞台は平安時代。貴族・内大臣家のおてんばな16歳の娘・瑠璃姫を主人公に描かれている。
瑠璃姫の結婚問題をきっかけに起きた事件や、貴族社会の政治陰謀事件などを解決して行くラブコメディ

主な登場人物

瑠璃 / 瑠璃姫(るりひめ)

主人公。摂関家藤原氏)の流れを汲む内大臣家の姫君。初登場時16歳。
明朗活発で勇敢、勘が鋭く、頭の回転が速い。深窓の姫とも思えない活発な性格。

高彬(たかあきら)

右大臣家の四男坊。瑠璃とその弟・融(とおる)の幼馴染。 初登場時15歳。
生真面目で身分や世間体を重んじる常識人。琵琶の名手だが、和歌が下手。

吉野君(よしののきみ)

瑠璃が吉野で暮らしていた頃の幼馴染。瑠璃の初恋の人で、将来を誓い合った仲でもあった。

小萩(こはぎ)

瑠璃の側近の女房。瑠璃より2歳年上で独身。いつも瑠璃のことを心配している。

(とおる)

瑠璃の同腹の、内大臣家の嫡男。初登場時15歳。高彬とは幼馴染で親友。

鷹男(たかお)

瑠璃がある事件で出会った公達。男性的な美貌の持ち主であり、胆力に富む。

藤宮(ふじのみや)

先々帝の第八皇女。初登場時20歳。才色兼備佳人として名高い未亡人

二の姫 / 兵部卿宮の二の姫(ひょうぶきょうのみやのにのひめ)

兵部卿宮の二番目の姫。当代一の佳人として誉れの高い美女

漫画版

1989年から1993年にかけて白泉社少女漫画誌『花とゆめ』に漫画版が連載された。作画は山内直実。原作の中盤(瑠璃姫の結婚)までが描かれている。
その後10年以上の時を経て、『花とゆめ』2004年12号より人妻編として月1回の連載が再開。途中で掲載誌が変わり、『別冊花とゆめ』に連載された。
単行本は、無印全11巻+人妻編全11巻の計22巻が刊行されている。

ラジオドラマ

NHK-FM『ふたりの部屋』でラジオドラマ化された。1987年1月6日17日(全10回)

瑠璃姫 - 小林聡美
高彬 - 坂上忍

テレビドラマ

1986年12月27日には日本テレビで富田靖子主演でテレビドラマ化された。

キャスト
瑠璃姫 - 富田靖子
高彬 - 木村一八
鷹男 - 仲村トオル
融 - 西川弘志
吉野の君 - 京本政樹
権少将 - 佐藤B作
二の姫 - 鳥居かほり
藤宮 - かとうかずこ
北の方(瑠璃姫の継母) - 中井貴恵
小萩 - 中田喜子
大海入道 - 伊東四朗
瑠璃姫の父(内大臣) - 石坂浩二

プロデューサー:石坂浩二

関連タグ

氷室冴子 集英社 コバルト文庫
山内直美 白泉社 花とゆめ
少女小説 ライトノベル ラブコメディ / ラブコメ 

平安時代 筒井筒
年下彼氏 姉さん女房

外部リンク

集英社みらい文庫:なんて素敵にジャパネスク
なんて素敵にジャパネスク:wikipedia 一部引用

pixivに投稿された作品 pixivで「なんて素敵にジャパネスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9365

コメント