2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

坂上忍

さかがみしのぶ

日本の俳優、タレント。映画監督・演出家としても活動している。2010年代以降はテレビ番組に司会として出演する機会が多い。
目次[非表示]

「綺麗好きでなにが悪い!」

概要

1967年6月1日生まれ。東京都杉並区西荻窪出身。
3歳で劇団若草に入団。子役として1970年代から活動を始め、現在は自身の芸能活動とともに子役や若手俳優の指導を行っている。
演技力は非常に高く評価されており、かつては天才子役と呼ばれていた。

子役のイメージから脱却することに悩んでいた若い頃は、「子役上がりで生意気」というレッテル貼りがあり、アイドル的な歌手活動に逃げる形で専念するなど迷走ぎみであった。またギャンブル(競艇)に没頭し、飲酒運転からの警察とのカーチェイスの末、事故を起こすなど、私生活も荒れていた。

その後、舞台や映画への出演や、後進の指導を中心に芸能活動を地道に続けていたが、2012年に『笑っていいとも!』へ出演した際に、毒舌を吐いたことがきっかけで、バラエティ番組への出演が飛躍的に増加。「毒舌キャラ」として再ブレイクを果たすことになった。

2014年に『笑っていいとも!』の後継番組となる『バイキング』の月曜MCに抜擢され、司会としてテレビ番組に出演する機会が増える。2015年には『バイキング』総合MCとなっている。

2014年から17年にかけて製作・放送された『潔癖クンの殺人ファイル』シリーズでは、毒舌で潔癖症の刑事、さらに元子役という本人をモデルとしたと思われるキャラクターで、35年ぶりに長編テレビドラマ主役を務めた。(なお、その約1ヶ月前に『ほんとにあった怖い話』15周年スペシャルの短編ドラマで主演を務めている)

現在は俳優としての活動よりも、司会業・タレント活動、子役養成スクール・プロダクション「アヴァンセ」での指導に力を入れている。

2020年4月には、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令を受け、発令から解除までの個人としての収入全てを、何らかの形で寄付する宣言をした。

人物

父、勝也(2012年没)は元業界紙の記者で、坂上精一郎の名前で小説家として活動していた。父の立ち上げた出版社が倒産した事や、極度のギャンブル狂であったことが原因で坂上家は多額の借金を負い、忍も中学までで辞めるつもりだった子役の仕事を続けざるを得ない状況に追い込まれた。
4歳上の兄、也寸志は元子役で、現在は映画プロデューサー。

2001年に元客室乗務員の女性と結婚するも2003年に離婚。理由としては多忙な生活によるすれ違いや後述の過剰なまでの潔癖症、本人の依存に近いほどのギャンブル趣味などが報じられていた。また、本人によれば、元妻にはベタ惚れで彼女の欲しがるものは値段も考えず何でも買ってあげていたが、ある朝高級家具に囲まれてブランド品のカタログを読む姿を見て「この人は違う世界で生きる人なんだ」と思い目が覚めたとのことである。
「離婚する人間には自分も含めて欠陥がある」という持論があり、あるバラエティ番組で共演した益若つばさの態度に関して、(あくまでバラエティにおける演出もあると思われるが)痛烈な批判を浴びせている。

動物好き。特に犬が好きで、自宅で多頭飼いしており、高齢の要介護老犬を引き取っている。20代の頃に犬のために都内に一戸建てを購入したほか、『有吉ゼミ』では、「坂上忍、家を買う」→「坂上忍、家を建てる」のコーナー企画で千葉県内にもう一軒家を購入した。また、このコーナーのきっかけは2011年に亡くなった愛犬を想ってのことであると明かしている。
犬に対する姿勢は、子役時代に共演した役者犬、そのドッグトレーナーに影響を受けている。(『ふしぎ犬トントン』のトントンとトレーナー)
2019年、20年には猫を保護しており、2020年現在は犬と猫合わせて17匹を飼育している。

かなりのきれい好き(というより潔癖症に近い状態)である事でも知られており、片付け指導などの番組企画にも参加している。

ヘビースモーカーで、2014年からはアメリカンスピリットを吸っている。また、かなりの酒好き。再ブレイク当初は酔ったような状態で番組に出演することも多かった。

長山藍子のことを「母さん」と慕い、長山からも「しーちゃん」と可愛がられている。また、火野正平からは特に影響を受けたとしている。共演も多い野々村真ヒロミらとは仲が良い。
武井壮の兄、武井情は俳優志望で、かつて坂上の付き人をしていたが、病気で若くして亡くなっている。「彼以上には愛情を注げない」という理由から、以降付き人はいない。
ASKAから『バイキング』などでの議論に対する姿勢がフラットであると好印象を持たれ、それまで面識はなかったが、食事に誘われ、応じたことを明かしている。

バイキング!司会における批判

俳優・タレントとしては高く評価を受ける一方で、2014年から司会を務める『バイキング!』では、(共演のアナウンサーなどに対する)パワハラとも取れるような過激な言動や(特に芸能関連と女性に関する)やや偏った意見などを快く思わない人も多く、インターネット上では批判が相次いでいる。
出演者の入れ替わりについても坂上の言動が影響するのではないか、という意見もあり、例として小籔千豊が番組を降板した際には、週刊誌などで「小藪が坂上の態度に痺れを切らしたからだ」と推測する報道がなされた。ただし、坂上と小藪は番組での共演以前から交友があり、共演中も坂上が自身のブログで何度か小藪について言及しているほか、降板後も共演の機会自体はあったため、関係にどう影響したかは不明である。
しかし小藪は降板前に出演したAbemaTVの生放送中、「(自分のコメントに対する坂上の反応で)心が折れそうな時もある」と前のレギュラー枠の宮迫博之でも「本番組がワイドショーになり始めた『バイキング』を、『やめさせてください』って言ってやめたから」とYoutubeチャンネルで明かしていることから番組での居心地の悪さを仄めかしていたことがあった。

司会のスタイルについては明石家さんまから(笑い混じりではあるものの)「下手くそ司会!下手くそやな、それ!」「俺は残してパスする」と苦言を呈されている。これはビートたけしタモリからも近い指摘がされている。

実際の番組進行にあたっては台本があり、過激な発言もある程度坂上のスタイルを生かすためというスタッフからの指示がある、という状況が週刊誌による番組制作関係者への取材で語られているほか、番組自体バラエティ番組としてスタートしたにもかかわらずニュースを中心に取り上げるワイドショーに構成が変化した、という都合もあって、坂上を擁護する意見が全くないわけではない。しかしながら上記に挙げたように坂上の司会スタイルや番組構成はそれほど評判が良いわけではなく、数度にわたって打ち切り説が報じられていた。

2021年12月、フジテレビから番組終了が公式発表された。理由については、坂上が「2022年4月から動物保護施設を開設する予定であり、その活動に時間を割きたい」と降板を申し出たことで、この要望を汲む形で番組終了に至ったとフジテレビ・坂上本人が公表している。
ただ関わった番組スタッフは「今の番組スタイルに上層部は疑問を持ち始め、打ち切りへ強い意向があった」コメントがあり、前々から危険信号が出ていたと週刊女性PRIMEで明かしている。

なお、坂上本人はインターネット上の意見は一切見ないと公言しており、批判についても基本的に意に介していないようである。理由としては「匿名のものは見ません。こっちは顔出ししてやってるわけだから」としている。
それでも「絶対批判を見てる発言」とネット上で批判されている。

関連タグ

俳優 男優 タレント 愛犬家 バイキング 

関連リンク

オフィシャルブログ

関連記事

親記事

タレント たれんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「坂上忍」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「坂上忍」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115149

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました